女性なら誰しもが憧れるシチュエーションであるプロポーズには、婚約指輪が欠かせませんよね。

人生に一度のプロポーズだからこそ多くの男性はサプライズで彼女を喜ばせたいと考えるのではないでしょうか。せっかくの告白をかっこよく決めるためにも、婚約指輪は彼女好みの物を選びたいですよね。

そこで本記事では、20代の女性が喜ぶ婚約指輪のデザイン3選と婚約指輪を選ぶ際のポイントについてジュエリーブランドEIKAのデザインをベースにご紹介します。


女性が婚約指輪を選ぶ際のポイント

婚約指輪_指輪_選ぶ_カップル

多くの女性が憧れを抱いている婚約指輪だからこそ、こだわりの強い女性もいるのです。男性としてもサプライズを考えているなら、女性目線のポイントを心得ておく必要があります。

女性が婚約指輪を選ぶ際に最も重視しているのが、やはりデザイン。プロポーズされたその日から毎日婚約指輪をつけるという女性が多いのですが、20代の場合周囲がまだジュエリーをつけている友人と出会う機会がまだない為、あまりにも目立ちすぎるデザインや派手すぎる物は避ける傾向にあります。

さらにデザインだけでなく直線ライン(ストレート)や曲線ライン(ウェーブ)など形も様々あり、身につけた際に似合うかどうかやフィット感などを重視する方も多いのです。

男性が婚約指輪を選ぶ際のポイント

婚約指輪_悩む_選ぶ_男性

カップルで選びに行く場合は別ですが、男性が1人で選びサプライズで渡すとなると注意しておきたい点、それが、サイズです。

指輪のサイズは女性にとってデザインと同じくらい重要で、少しでも大きかったり小さかったりするとそれだけでガッカリ度が高くなってしまいます。せっかくのプロポーズを台無しにしないためにも、事前に彼女の指のサイズを把握しておかなければなりません。

さらに婚約指輪は、既製品であってもサイズ直しなどがあるため実際に手にするまでに約2週間ほどかかる場合があります。そのため、プロポーズの計画には余裕を持った方が良いでしょう。

関連記事>
プロポーズ、相手の指輪のサイズが分からなくても問題ない理由

20代の彼女が喜ぶオススメデザイン3選

EIKA_EC_理想のリングへリメイク

ここからは20代の筆者がオススメする婚約指輪デザインをいくつかご紹介します。

①王道デザイン「ソリテール」

婚約指輪_ソリテール_EC1019

20代の女性にもっとも人気とされており、婚約指輪の王道とも言えるソリテール。リングの中央に光り輝く一つのダイヤモンドが6つの爪でセットされた、どの角度から見ても美しいリングです。
全ての無駄を削ぎ落としたシンプルな美しさは普段にも使いたいと思える洗練されたデザインとなっています。

EIKA婚約指輪:EC1019>

②繊細さと華やかさを兼ね備えた「ハーフエタニティ」

婚約指輪_エタニティ_EC1001

指輪の半周部分にもダイヤが敷き詰められているのがハーフエタニティ。
4本の爪でセットされたことでシャープな印象を与え大人っぽくなります。繊細かつ華やかさを兼ね備えた憧れの婚約指輪デザインです。

EIKA婚約指輪:EC1001>

③曲線美でオリジナリティ溢れる「サイドストーン」

EC1032_婚約指輪_デザイン

アシンメトリーにワンポイントあしらわれたサイドのダイヤが華やかさを与えているサイドストーンデザイン。
S字ウェーブのリング部分に添えられたセンターダイヤは爪を一切使っていない為滑らかでひっかりもありません。そしてサイドストーンが良いアクセントとなり、エレガントさを纏ったリングです。特別感も感じられ、なおかつエレガントさとシンプルさを兼ね備えたデザインとなっています。

EIKA婚約指輪:EC1032>

今回は、女性が喜ぶ婚約指輪をお伝えしながら20代女性が好む婚約指輪をご紹介しました。
婚約指輪には数え切れないほどのデザインが存在しており、その中から一つを選ぶというのはとても難しいと思います。ぜひこの記事を参考に、彼女好みのリングを見つけてみてくださいね。


「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>