最近、天然ダイヤモンドと全く変わらない“合成ダイヤ”が注目されています。

合成ダイヤモンド専門店も出店されていたりと、今後ますます合成ダイヤモンド市場は大きくなると言われています。

今回は“婚約指輪に合成ダイヤモンドはありなのか”を検証していきます。



合成ダイヤモンドとは高品質の人工ダイヤモンド

ダイヤモンド_ルーペ_拡大


合成ダイヤモンド(ラボグロウンダイヤモンド)は人工的に作られたダイヤモンドのことで、成分・特性は天然ダイヤモンドと全く同じのため、両者の違いを見極めるのは至難の技です。

合成ダイヤモンドは人工的に作っているため不純物が少なく高品質なものが多いのが特徴です。(簡単にいってしまうと、養殖されたマグロと天然のマグロとったようなところです。)

現在は合成ダイヤモンドの技術が上がり天然と合成の違いがプロでもわからないようなものが出てきていますが、基本的には宝石の鑑別機関で検査されていますので発行される鑑別書、鑑定書を見れば天然か合成か分かります。

天然ダイヤモンドより低価格で高品質なダイヤモンドが購入できるのが合成ダイヤモンドの良い点ですね。


今現在、合成ダイヤを選ぶメリットは少ない

ダイヤモンド_4C


天然ダイヤよりも安価で高品質なものを手に入れることのできる合成ダイヤモンドではありますが、合成ダイヤモンドを婚約指輪では選ぶ人が少ないのが現状です。
その理由は大きく分けてこの3点があげられます。


(1)現在の合成ダイヤは値段が高い
(2)贈った女性が納得するかわからない
(3)市場が未熟である



この3つは結婚指輪を選ぶ際にとても重要なポイントになってくるかと思いますので1つずつ順番に見ていきましょう。


(1)現在の合成ダイヤは値段が高い

ダイヤモンド_相場_比較


今から60年以上前に合成ルビーが日本で出回った事がありました。

合成ダイヤモンドと同様、合成ルビーとは天然のルビーと同じ成分、同じ特性をもつ人工的に作られたルビーのことです。
この時の合成ルビーは天然のルビーとほぼ同じ値段で取引されていました。

しかし技術革新により現在は原価200円程度で合成ルビーを作る事が可能です。

つまり、合成ダイヤも今後もっと安価で作られていく可能性が高いということになります。
現在の合成ダイヤはまだまだ出始めたばかりですので、合成ダイヤとして購入するにしては割高な時期と言えます。



(2)贈った女性が納得するかわからない

リング_拒否_プロポーズ_カップル_プレゼント


現在の時点で合成ダイヤをもらって喜ぶ女性は少数派と言えます。

なぜなら、今まで世間の女性が貰ってきた婚約指輪は天然ダイヤモンドが使われているのが当たり前だったからです。

どれだけ高品質で大ぶりの合成ダイヤモンドでも、彼女に正しく理解して納得してくれるどうかは贈ってみないと分かりません。
そういった意味で現在はリスクの大きいプレゼントと言えるでしょう。


(3)市場が未熟である

婚約指輪_プロポーズ_買取_下取


現在、合成ダイヤは再流通出来るほどの価値は認められていませんので買取業者には受け取ってもらえません。

結婚指輪は婚約成立を記念し新婦に贈る“婚約記念品”ですので、長く使える価値変動の少ないものを選ぶのが一般的です。

そのことから、まだまだ合成ダイヤモンド市場はまだまだ発展途上と言っていいでしょう。


今現在、わざわざ合成ダイヤモンドを選ぶ必要はない。

ダイヤモンド_婚約指輪_輝き


合成ダイヤを婚約指輪のダイヤモンドとしてプレゼントしてもらって喜ぶかどうかはあなたの彼女の感性次第です。

しかし、上記のことから“今の段階だとリスクをとってまで合成ダイヤモンドを婚約指輪用のダイヤモンドとして選ぶ必要はない”と言えるでしょう。

将来的に、合成ダイヤモンドを婚約指輪に選ぶカップルも増えていく可能性はもちろんありますので今後のダイヤモンド市場が注目されていくでしょう。


ダイヤモンド_ダイヤモンドプロポーズ


高品質な天然ダイヤモンドがブライダル市場に出回っていることもあり、現在は合成ダイヤをわざわざ婚約指輪にするメリットは少ないと言えます。

しかし、合成ダイヤモンド自体は決して悪いものではありません。
安価で大きくて高品質なダイヤモンドを楽しめるのはとても良いことですし、需要ももちろん広がっていくでしょう。

大切なのは天然ダイヤでも合成ダイヤでも、彼女が喜んでくれるものを贈れるかどうかだと思います。

運命の人にプレゼントするものは何がいいか皆様の参考になれば幸いです。




「合わせてオススメしたい記事」


パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>