今この記事をご覧になられている方は、これからプロポーズを検討されている方かと思います。人生においても素敵で特別なイベントでもあるプロポーズ。二人にとって最高の思い出となる日にしたいですよね。

ご覧になられている方の中には、プロポーズ=婚約指輪というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。しかし検討を重ねていくほど、指輪でプロポーズは難しいことが分かっていくことになるかと思います。

プロポーズは指輪なしでも大丈夫。指輪なしでもプロポーズを大成功させる、とびっきりのサプライズプロポーズに関する秘策をご紹介しましょう。


指輪はプロポーズのマストアイテムではない

プロポーズ_プロポーズ失敗_サプライズ_失敗

よく誤解されているのですが、指輪はプロポーズにおけるマストアイテムではありません。どちらかというとイメージに近い概念になります。

指輪でプロポーズは、映画やドラマ、広告のシーンによって作られたイメージ、コンセプトに近いものです。

しかし元々婚約指輪というのは、婚約記念品。
婚約記念品とは、婚約が正式に決まったことを表す記念品であって、プロポーズというまだ”提案段階”には必要ないのです。プロポーズプレゼントではそもそもないのです。

しかしジュエリー業界からすれば”提案段階”から購入してもらった方が色々と都合がいいですよね。ちょっと怖い話かもしれませんが、提案段階から購入してもらった方がより多くの販売数を見込めるからです。(プロポーズ後だと、いっか!となってしまって、婚約指輪を選ばないというケースも生まれる)

プロポーズに指輪はそもそも必須アイテムではない。むしろ、決まってから正式に贈るべき。これが基本前提です。

プレゼントがないと締まらない

しかし、指輪でプロポーズが必要ないからといっても、なにか象徴的なプロポーズプレゼントがなければ、サプライズプロポーズも締まりません。クリスマスにプレゼントがないのと一緒です。

プロポーズに指輪が不要だからといっても、プレゼントが不要という訳ではありませんので、この点は誤解しないようにしましょう。

秘策はダイヤにあり

ダイヤモンド_婚約指輪_輝き

指輪でプロポーズが必要ないといっても、素敵なプロポーズプレゼントは必要。なんだか謎掛けのような状態に感じるかもしれませんが、しっかりとした方法があります。これが今回ご紹介する秘策です。(秘策といっても、今やスタンダードな方法になってきていますが、、、)

着目すべきは、ダイヤモンド。
婚約指輪だとそもそもサイズやデザインなどで失敗してしまうリスクが高すぎるため、本来の通り婚約記念品としてプロポーズ後に贈る事が適切ですが、かといって別のプレゼントをプロポーズに用意すると、あげすぎな状態になります。

ダイヤモンド_婚約指輪


そこで婚約指輪の主役であるダイヤモンド素材のみでプロポーズをするのです。これをダイヤモンドプロポーズと言います。

婚約指輪は価値の高いダイヤモンドリング。価値の高いダイヤモンドを婚約の記念品として贈り、それを身につける手段です。

主役のダイヤモンドのみであれば、サイズやデザインといったリスクはすべてなくなります。美しく輝くダイヤモンドは指輪になっていなくても、十分すぎるサプライズになります。

オーダーメイド_婚約指輪_リング作成_デザイン_ワックス原型



そしてプロポーズが成功したら、二人でデザインをオーダーメイドで決めます。ダイヤモンドからプロポーズすることによって、サプライズも理想の婚約指輪もすべて叶えることができるわけです。

また主役のダイヤモンドを先に決めておけるので、予算をコントロールしやすいのも魅力。相手に余計な気を遣わせないで済みますし、気持ちよくジュエリーを購入して贈ることができますよ。何より彼女が理想の婚約指輪を叶えられるので、とにかく喜ばれます。

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク



ダイヤモンドプロポーズなら、EIKAのフラワージュエリーが最高の選択肢です。バラとダイヤモンドでサプライズ、さらに初回のオーダーメイドが基本無料なので、1つのプレゼントですべてを叶える唯一のアイテムです。合わせてご参考ください。

EIKAフラワージュエリー公式ページはこちら>



補足ですが、完成した指輪でサプライズすれば、完璧な指輪サプライズもできます。2度3度嬉しいプロポーズとなるでしょう。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>