婚約指輪と結婚指輪、どちらも夫婦にとって特別な指輪です。

2つの指輪を選ぶ時に考えたいのが重ねつけをするかどうかです。

今回はどんなふうに重ね着けするのか、いつ重ねて着けるのかご紹介します。

 


 

重ね着けは出来たほうが活用しやすい

 

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

 

婚約指輪と結婚指輪は似ているようで全く意味の異なる指輪です。

婚約指輪は、婚約の証として贈られるダイヤモンドが主役となる女性が着ける指輪。

結婚指輪は、夫婦の絆を表すペアで身につける指輪です。

 

婚約指輪と結婚指輪は、共に左手の薬指に身につける指輪です。

重ね着けをするかどうかではなく、重ね着け出来るかどうかを考えた時に同じ左手に着ける指輪だからこそ、重ね着け出来たほうがあとあと考えた時に活用しやすくなります。

 

 

 

婚約指輪と結婚指輪、どっちを先に着けるの?

 

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エタニティ_プロポーズリング_デザイン画

 

婚約指輪と結婚指輪を重ねつけをする時に、どちらの指輪を先に身につけたほうが良いのでしょうか。

どのように指輪を身につけるかに答えはありませんが、結婚指輪を身に着けた上に婚約指輪を重ねた方法が一般的とされています。

結婚指輪の上に婚約指輪を着けることで「愛をロックする」という意味があるようですね。

 

しかし、婚約指輪と結婚指輪のどっちを先につけるか決まりはありません。

どちらを先に着けるかは、婚約指輪をと結婚指輪の相性で決めるのが自然の流れと言っても良いでしょう。

 

・結婚指輪を先につける

EIKA_重ね着け

 

一般的に重ねつけといえば結婚指輪を先に身につけます。

普段身につけている結婚指輪を外すさずともその上から婚約指輪を重ねるだけで良いので、気軽に重ねつけを楽しむことが出来ます。

直線(ストレート)や曲線(ウェーブ)デザインの造形をあわせる場合には結婚指輪を先に重ねる場合が多いでしょう。

 

 

・婚約指輪を先に着ける

EIKA_重ね着け

 

婚約指輪のデザイン造形が、Y字やV字などの場合には婚約指輪を先につけたほう重ねつけをした場合の相性が良いことがあります。

無理に結婚指輪を先につけなくても、婚約指輪と結婚指輪を重ね着けた時にバランスの良い合わせを選んでみるのも素敵な方法です。

 

 

 

いつ重ねつけする?

 

婚約指輪-エンゲージリング

 

いつ重ね着けすればよいのか、そこに答えはありません。

 

彼女のライフスタイルや好みに合わせて好きなタイミングで重ねつけを楽しむのが最適な方法です。

友人の結婚式や彼とのデート、家族で食事などの特別な時に重ねつけを楽しむことも出来ますし、友人とのランチなど気軽に重ねつけを楽しむのも素敵ですよね。

 

 

特に婚約指輪は高価なプレゼントなので、特別なときにしか着けられないと思っている女性も多いようですがせっかくの美しいダイヤモンドがあしらわれた指輪ですから、思い切って身につける楽しみを存分に味わってみてはいかがでしょうか。

プレゼントした彼にとっても、使ってくれる方が贈ってよかった、と感じてもらえることでしょう。

 

 

 

統一価格で最高の婚約指輪を叶える方法

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_バラ_ローズ_デザイン

 

婚約指輪に最適な鑑定書クラスのダイヤモンド(1石で0.3カラット〜)と女性の理想を叶える婚約指輪やフルオーダージュエリーを一つのコレクションで最高の婚約指輪を叶えることが出来るのが、ジュエリーブランドEIKAのブライダルリングコレクションです。

 

 

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド-EIKA-コレクション

 

ダイヤモンドのグレードを選ぶだけで、シンプルなデザインから華やかなデザインまであらゆるデザインを統一価格で叶えることが出来ます。

婚約指輪選びと一緒に結婚指輪を選ぶことも出来、重ねつけを意識したブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)を叶えることも出来ます。

 

詳細についてはこちらを御覧ください。

EIKAブライダルリング詳細ページ>>>

 

 

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>
究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>