婚約は、指輪(エンゲージリング)ではなく、ネックレス(婚約ネックレス)を。

と考え選ばれる方が増えています。

指輪だと普段遣いしづらい方でも、ネックレスならいつでも身に着けられることが人気な理由。

しかし婚約ネックレスという商品は、余り出回っていないのも現実。

実際に婚約ネックレスとしておすすめなデザインをご紹介したいと思います。

 


 

ワンポイントダイヤ

 

婚約-ネックレス-ダイヤモンド

 

なんといっても、婚約ネックレスの定番となっているのが、ワンポイントダイヤモンドのネックレス・ペンダント。

人気な理由は、そのシンプルさです。シンプルなために、どんな服装やシーンにも合わせやすいのも魅力です。

 

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_ワンポイント_ピンクゴールド_ローズゴールド

 

素材は基本的にプラチナが人気ですが、イエローゴールドやピンクゴールド(ローズゴールド)などにすると、よりファッショナブルな装いになり、普段のファッションにも彩りを添えてくれます。

シンプル好きな彼女には、最もおすすめな婚約ネックレスのデザインといえるでしょう。

 

またセンターにある主役のダイヤモンドの留め方によっても、表情の調整が可能です。

 

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_ワンポイント_プラチナ

 

一般的なのは、爪で留めた方法。しっかりと印象づける表情になります。

 

 

もう1つは、伏せ込みと呼ばれる、ダイヤモンドを埋めてセットする方法。

爪が存在しないため、柔らかな印象となります。

 

 

サイドストーン

 

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_3ポイント_プラチナ

 

主役のダイヤモンドトップの脇に、小さめのダイヤモンドを追加でセットしたネックレス・ペンダントです。

ワンポイントダイヤモンドネックレスよりも、贅沢な印象と表情をもたせることができます。

婚約ネックレスは、贅沢さもポイントになるため、優秀な選択肢といえるでしょう。

サイドストーン系であれば、ダイヤモンドの表情を高めてくれるプラチナ素材がおすすめですよ。

 

 

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_プラチナ

 

こんなバージョンや。

 

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_プラチナ

 

こんなバージョンなど、サイドストーンには多様なデザインが設計できるのも魅力。

オリジナリティを高めたい場合にも、おすすめです。

 

 

ブーケペンダント

 

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_ブーケ_ピンクゴールド_ローズゴールド

 

最も贅沢な婚約ネックレスとして人気なのが、ブーケペンダント・ネックレス。

主役のダイヤモンドの外周をダイヤモンドでセットすることで、ダイヤモンドの主張性を極限まで高めた、輝きのネックレスです。

 

婚約ネックレスとしての説得力も充分なだけでなく、身につけることでワクワクが生まれるのも、このネックレスの魅力。また予算の関係でセンターの主役ダイヤモンドのカラットが比較的小さめな場合にも、カラットの視覚効果を倍増させてくれるため、秀逸なデザインとしての機能性もあります。

 

贅沢なデザインですが、トップに主張性が集約されるため、普段遣いでも楽しめます。

まさに婚約ネックレスとしては、最上の手段といえるでしょう。

 

 

カラットは0.5カラットがおすすめ

 

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_女性_着用イメージ

 

婚約ネックレスの場合、主役のダイヤモンドは、0.5カラットがおすすめです。

婚約指輪としての平均相場カラットは0.3カラットからですが、指という小さい領域と胸元や首元という大きな領域では、カラットの見え方が大きく変わります。

 

つまり指輪だと比較的小さめでも、主張性を伴ってくれるのですが、ネックレスやペンダントだと、カラットが目減りした印象になりやすいのです。

 

そのため、主張性も充分にとれる0.5カラット以上がおすすめとなります。

しかしブーケタイプなどであれば、0.3カラットでも見た目のカラットを0.5カラット以上に底上げできますから、うまく工夫するという方向性でも問題はないです。

 

婚約指輪-ダイヤモンド-プロポーズ-エンゲージリング-カラット-0.7

 

また婚約ネックレスとはいえ、しっかりと鑑定書がついた、美しいダイヤモンドで選ぶことが前提となります。

価値というよりは、質の悪いダイヤモンドは濁ってしまうため、デザイン性も半減してしまうからです。

 

 

ダイヤモンドから贈ろう

 

ダイヤモンドプロポーズ-婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-サプライズ

 

婚約ネックレスが人気な背景として、サイズで失敗することがないという1つの理由があります。

確かに指輪よりもそのリスクは圧倒的に少ないですが、ネックレスにもサイズが存在します。

それが、チェーンの長さ。首の太さは人によって様々ですから、サイズはネックレスでも重要です。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

それにライフスタイルに合わせた設計が重要になりますから、デザインは二人もしくは彼女に選んでもらった方が良いです。

婚約ネックレスを検討されている場合でも、必ずダイヤモンドプロポーズからスタートしましょう。

 

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>