プロポーズはプロポーズするヒトにとってもされるヒトにとっても、とても重要な特別なイベントです。

プロポーズが成功すれば、二人は正式に結婚への道を進むことになるからです。

そういった意味ではプロポーズは結婚において記念すべき最初の一歩です。

 

全てのヒトがプロポーズするなら、相手に喜ばれる、二人にとって思い出深いプロポーズにしたいと思うはずです。

しかしプロポーズの演出やプレゼント、場所など、良かれと思って選んだ物事が失敗の要因になることも多々あります。

 

今回の記事では、良かれと思って失敗したプロポーズの方法たちをご紹介するとともに、優れたプロポーズ方法をご紹介します。

 


 

何の布石もないサプライズプロポーズ

 

プロポーズ_失敗

 

プロポーズが失敗する最大の要因が、サプライズすぎて相手の心の準備が出来ていないケースです。

昔と違って、今はお互いが事前に結婚への考えなどもある程度会話をしている時代。

そろそろ結婚かな?とお互いが意識してからプロポーズすることがマナーのようにもなっています。

 

サプライズにプロポーズをすることは、プロポーズの演出としても重要なこと。

しかしそもそも結婚を前提にしている布石がない関係の中でサプライズプロポーズをしても、相手から断られてしまうことに繋がります。

サプライズはするけれども、敢えてある程度匂わせておくことも大切。

 

結婚したいと思ってた年齢はあるの?

とか、子供は何人欲しいとか考えてたりする?

などお付き合いしている時から、ある程度結婚に対するトピックを作ることも大切です。

プロポーズはもちろんですが、事前に結婚に対するイメージなども共有できることは、お二人の関係にとっても素晴らしいことです。

 

サプライズなプロポーズは、プロポーズをその日にすることがサプライズなのであって、結婚しようという意思のサプライズでは決してありません。

 

 

サプライズすぎるプロポーズ

 

プロポーズ-失敗-サプライズ

 

サプライズすぎるプロポーズとは、演出に凝りすぎたプロポーズのことです。

良く聞こえますが、演出に凝りすぎることによって自然と相手の気持ちよりも演出のサプライズ度が目的になってしまうのです。

だからサプライズ演出にこだわりすぎるプロポーズは失敗にもつながりやすい、諸刃の剣。

実際にyoutubeなどでproposal fail等の検索をして見てみましょう。

不都合な真実と言うべきかはわかりませんが、プロポーズで失敗しているケースは少なくないのです。

 

プロポーズ-場所-旅行-ハワイ

 

プロポーズの目的は、改めて相手と生涯を共にしたいという気持ちを伝えること。

そして相手も同じ気持ちなのかを確かめる手段。お互いのコミュニケーションなのです。

 

しかし演出にこだわりすぎると、こういった目的は見失いやすいもの。

相手には自己満足的に感じてしまったり。恥ずかしくて全く心に入ってこなかったり。

逆の立場を考えてみると分かりやすいですね。

 

サプライズすぎる演出は結婚式の二次会など、余興的概念が求められる場所にとっておくことをおすすめします。

そしてプロポーズはシンプルイズザ・ベスト!

 

 

プロポーズプレゼントがない

 

プロポーズ-演出-失敗

 

これも最近多いケースです。

プロポーズなのに、プロポーズを象徴するプレゼントがないのはおすすめしません。

クリスマスにメリークリスマスと言って、クリスマスプレゼントがないのと一緒です。

子供の立場なら、反感以外の何者でもないですよね。(笑)

 

なぜプロポーズにプレゼントがないケースがあるのか。

それは婚約指輪をプレゼントしたいけれど、サイズや好みを理解するのは不可能。

だから指輪は後で二人で選ぶから、プレゼントは用意しないというケースがほとんどです。

 

実はこの考え方には大きなミスがあります。

そもそも婚約指輪をプロポーズでプレゼントするメリットは何一つないということ。

そしてプレゼントがないということは、本末転倒ということです。

 

婚約指輪-エンゲージリング-1カラット-ダイヤモンド

 

 

婚約指輪は婚約記念品。

イメージでは指輪の箱をパカっと開いてプロポーズしますが、実際には異なります。

指輪のサイズは女性でも最新のサイズを理解していない事がほぼ全て。

そしてデザインなんて二人で見に行くか、情報を調べてみないと理解できないからです。

そんなものを男性が独断で決めてプロポーズでプレゼントするには無理があります。

そして何より男性にはリスクしかありません。

 

 

 

プレゼントとは、物というよりも思いです。

ヒトは時間が経つと忘れてしまったり、気持ちが慣れていきます。

だからこそその時の思いを象徴するプレゼントを贈ることで、思いを残しておくことができるのです。

プレゼントの目的とはそういうものです。

 

だからこそプロポーズという特別なイベントにはプレゼントは必要不可欠。

なおかつ残し続けられるものでなくてはなりません。

枯れてしまうお花だったり、安すぎるプレゼントでは気持ちが入りづらいのも現実です。

 

必ずプロポーズにはプレゼントを用意しましょう。

 

 

 

ダイヤモンドでプロポーズしよう

 

婚約指輪_セレブ_芸能人_エンゲージリング_サプライズ_プロポーズ_ダイヤモンド

 

突然の結婚の申し込み

自己満足なサプライズプロポーズ演出

プレゼントのないプロポーズ

 

筆者がお話を伺ってきた限りでは、これら3つのケースがプロポーズ失敗例として非常に多いケースです。

相手の事を考える余り、二周三周してしまうのも無理はありません。

 

プロポーズはシンプルに、とにかく心の伝わるプロポーズを。

そしてそれを象徴するプレゼントで。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

 

それらを叶えるおすすめなプロポーズ方法が、ダイヤモンドプロポーズ

今最も人気で、これからのスタンダードとなるプロポーズ方法です。

プロポーズといえばサプライズとか、婚約指輪という先入観は捨てましょう。

 

そもそも婚約指輪はダイヤモンドが主役の指輪。

つまり婚約指輪へのあこがれはダイヤモンド。そして目的もダイヤモンドです。

ですからダイヤモンドのみでプロポーズすれば良いわけです。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

1 想いに合わせてダイヤモンドをしっかりと選ぶ。

2 婚約指輪の主役となる選びぬいたダイヤモンドをプロポーズプレゼントとして贈る。

3 そしてそのダイヤモンドを元に、二人で(もしくは相手が)デザインを決める。

 

これがダイヤモンドプロポーズです。

ダイヤモンドでプレゼントするだけで、二度嬉しいサプライズ演出にもなります。

そして婚約指輪という憧れからも離れず、ストーリー性も美しいものとなります。

彼がダイヤモンドという素材を選んで、私がデザインを選んだ。

というストーリーによって完成した婚約指輪もきっと思い出深いものとなるでしょう。

一層の愛着が湧くはずです。

 

 

素材でプロポーズするので、指輪でなくても構いません。

ネックレス・ペンダントにすることもできちゃいます。もはや完璧な方法と断言できます。

 

EIKA_プロポーズ_バラ_サプライズ_苦手_カップル_飾らない

 

それでも彼女が指輪のプロポーズに憧れている???

心配ありません。完成した婚約指輪を自分が受け取って、もう一度パカっというサプライズをすれば良いのです。

指輪にこだわる必要性は、皆無です。

 

ダイヤモンドプロポーズについて詳しくはこちらの記事へ>

 

 

良かれと思って失敗する。

それほど当人にとって悲劇なことはありません。

少し先入観を取り除いて、考え方を変えるだけで、二人にとって楽しい、嬉しい方法へと変わります。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>