人生は一度きり。重ねていく1つ1つの時間達もまた1度きりの積み重ねです。

愛する人との間にある時間達は全て愛すべき存在でもありますが、中でもより特別な出来事が結婚であり、結婚の本当の始まりがプロポーズとなります。

そしてそれを象徴する記念品が婚約指輪であり、結婚になると結婚指輪となります。

ウェディングリングやブライダルリングと呼ばれるこれら2つの指輪達は、それぞれの証を永遠に記憶するための特別なジュエリーでもあります。しかし、つい通例的に流行などに影響されながら決めてしまいがちなのもこれら2つの指輪。十人十色の人生なのですから、指輪も十人十色であるべきです。

そこで今回の記事では、1度きりの人生に相応しい、婚約指輪の選び方についてご紹介したいと思います。


婚約指輪は、二人で選んで決めること

まず最初に大切にすべきことが、婚約指輪をどちらかが勝手に決めるのではなく、二人で決めることです。

よく婚約指輪はプロポーズでサプライズにプレゼントされるイメージがありますが、実際には指輪以外でのプロポーズが主流。一生物の婚約指輪であり結婚指輪よりも宝物としての役割が強い婚約指輪ですから、二人で決めることがとても重要です。

婚約指輪を独断で決めてしまうと、どうしても二人にとって理想的な指輪選びが厳しくなりますし、婚約指輪選びというのは、結婚における最初の共同作業でもありますから、せっかくの機会を自らの手で排除してしまうのは勿体無いでしょう。

婚約指輪はプロポーズでプレゼントするのを避けて二人で選ぶことで、二人にとって喜ばしい婚約指輪となり、まさしく一生ものの婚約指輪となるでしょう。

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

余談ですが、婚約指輪を二人で決めるにあたってプロポーズプレゼントを悩んでしまう傾向にありますが、ダイヤモンドプロポーズを行えば解決します。

婚約指輪の主役たるダイヤモンドのみでプロポーズを行い、後から二人でデザインを決めるという方法です。

これからのスタンダードでもある方法なので、ご参考に。



> ダイヤモンドプロポーズについてはこちら



婚約指輪は絶対にオーダーメイドを選ぼう

婚約ネックレス_ダイヤモンド

続いて大切なのは、婚約指輪を既製品から選ぶのではなく、オーダーメイドで叶えるということです。

一生に一度の宝物です。既製品よりはオーダーメイドにすることで、自分たちのために作られた特別な指輪を叶えることができるだけでなく、より愛着の湧く指輪となります。

オーダーメイドとなると敷居が高い印象がありますが、実際にはブライダルジュエリーはオーダーメイドが主流。予算感も既製品を購入するのと対して変わらずに叶えることができます。

逆にハイブランド系(海外の高級ブランド)ともなると既製品であることが多いため、ブライダルリング(婚約指輪と結婚指輪)は、オーダーメイド店で叶えた方が理想的です。(ハイブランド系であれば、今後もファッションジュエリーなどで叶えるという手段もありますね。)

またオーダーメイドとしては、セミオーダーやフルオーダーもあります。

コレクションから自分好みにカスタマイズすれば、より愛着と特別感の湧く婚約指輪となりますし、フルオーダーで完全にオリジナルを叶えるのも魅力的ですね。

オーダーメイドで婚約指輪を選ぶ事は、二人のためのデザインという非常に優れた選択肢を手にすることができます。ただししっかりとしたイメージが無い状態でセミオーダーやフルオーダーを頼んでしまうと、デザインの要素が崩れてしまったりするので、プロのデザイナーの意見をしっかりと仰ぎましょう。

婚約指輪はダイヤモンドからしっかり選ぶこと

婚約ネックレス_ダイヤモンド

婚約指輪はそもそもダイヤモンドが主役の指輪。

婚約指輪という商品というよりは、ダイヤモンドが主役となる価値の高いダイヤモンドリングを婚約記念品として贈ろうというイメージです。つまり婚約指輪はダイヤモンド選びと言い換えることもできるのです。

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

ついデザインにばかり目がいきがちですが、ダイヤモンド選びからが本番だということを忘れないようにしましょう。

ダイヤモンド選びにも色々なコツがありますが、婚約指輪のダイヤモンドは主張性に優れているものでなくては意味を成しません。そのため、カラットは1石で0.3カラット以上のものであることが原則となります。

全国で人気かつ平均的なカラットは0.3カラット〜0.5カラットとなり、見た目のインパクトに大きく秀でたものなら、0.7カラット以上となります。

またダイヤモンドはカラットだけでその価値が決まるものではありません。必ず無色透明で美しいカットが施されたダイヤモンドであることを前提条件とし、鑑定書が発行されることを確認しましょう。

複数のダイヤモンドからどのダイヤモンドにするかを選ぶことこそ、婚約指輪選びにおいて非常に楽しい作業でもあります。ダイヤモンドプロポーズであれば男性はダイヤモンドクラスに集中し、女性はデザイン選びに集中することもできるため、作業を分担しながらも、婚約指輪選びを二人の共同作業とすることができます。

大切なのはダイヤモンドをしっかりとした選択肢達から選ぶことです。

婚約指輪の選択肢は「指輪」だけじゃない

そもそも婚約記念品が婚約指輪という指輪形状でなくてはならないというルールはありません。

最近は普段使いもしやすい婚約ネックレスという形も人気を集めています。

大切なのは、着用される方のライフスタイルにとって何が最上の選択肢なのか。それが指輪なのか、そもそも指輪ではないのか。そんな部分から検討されると、優れた選択肢を発見しやすいでしょう。

婚約指輪ではなく、婚約ネックレスという選択肢でも非常に優れた婚約記念品としての機能を果たしてくれます。婚約ネックレスなら、写真のように1石で主張性の高いシンプルなデザインがおすすめです。

婚約指輪と結婚指輪。重ねづけを意識した選び方も

EIKA_重ねつけ_重ね付け

つい見落としがちなのが、結婚指輪との相性。つまり「重ね付けの相性」です。

婚約指輪も結婚指輪も左手の薬指に身につける指輪。結婚後は毎日結婚指輪を着用するわけですから、婚約指輪との相性が良くないと婚約指輪の活用機会が減ります。右手の薬指に婚約指輪をつけかえるという手段もありますが、サイズ直しなど手間がかかります。

婚約指輪と結婚指輪は別物で検討するのではなく、セットで相性が抜群な状態で検討されるべきです。

これらも婚約指輪を二人で選ぶことの大きな理由に紐付いています。

二人で検討すればそれぞれではなく、両方を一度に検討することができるため来店する手間もいくらか省けますし、時間の短縮は忙しい結婚準備においても優れた手段となるでしょう。

婚約指輪は必ず結婚指輪との相性を考えながら検討しましょう。

いかがでしょうか。

婚約指輪も結婚指輪も二人の人生と結びつく世界に一つずつの指輪です。

形式的に決めるのではなく、

オーダーメイドでダイヤモンドから自分たち色に決めることができれば、より優れたジュエリーを残すことができます。

生涯を共にし、後世へと引き継いでいけるのがジュエリー最大の魅力でもあります。

大切な指輪ですので、ぜひ婚約指輪からお二人の人生にとって最上の一品を叶えて頂ければ幸いです。



「合わせてオススメしたい記事」



パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>