結婚は一生を左右する重要なテーマです。

結婚したい女性と出会えたらプロポーズしようと考える男性が多いでしょうが、その一方では断られることを恐れてなかなか切り出せない人もいるかもしれません。

 

そこで今回は、全国の20代から30代の女性100人に、プロポーズされて断った理由を聞いてみました。

女性が結婚に求めているものや結婚にイメージすることを知れば、効果的なプロポーズの方法や時期を見つけることができるでしょう。

 


 

 

女性は現実的!ひとりよがりなプロポーズは断られる危険性あり

 

 

 

アンケートの結果、1位は「タイミングが悪かったから・結婚より優先したいことがあった」、2位は「経済的不安」でした。同数3位が「家族」と「結婚観の違い」でした。

 

・気持ちはとても嬉しいけれど、今は結婚をしたいタイミングではなかったから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・打ち込みたいことが他にあったから。仕事がまだ軌道に乗っておらず、自分が中途半端な状態だったので。(30代/女性/正社員)

・仕事が楽しくなってきた時期で、自分のライフスタイルを変えたくないと思ったから。(20代/女性/正社員)

・収入面での安定がなく、貯金も全然ない人だったので、最低ラインそこをクリアしてから言え。と断りました。(30代/女性/正社員)

・結婚にかかる資金面など、不確かな部分が多く信用出来なかったから。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・彼のご両親と話した時に、合わないなあーと感じてしまったから。(20代/女性/個人事業主)

・冷静に考えた時に、お付き合いするのと結婚は別物だと思ったからです。結婚は、家族が入ってくるので。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・一緒に家で過ごす時間にそもそも不満があって、一生その不満と向き合う覚悟が出来なかった。あと、子供の話をした時に、子育てについての話が全く噛み合わず将来を考えられなくなった。(30代/女性/パート・アルバイト)

 

これらの回答内容から、女性はプロポーズされた時点で、結婚後の生活がどのように変化するかまでを現実的に考える傾向があることがうかがえます。

そして、結婚することによって自分のペースが乱されると考える場合は、プロポーズを断ることもあるようです。

またプロポーズされた女性が結婚するかどうかを考える時には、男性の経済的な安定や将来性や親との相性から普段の過ごし方や育児観まで、いろいろな要素を検討していることもわかりました。

 

 

プロポーズの失敗を避け成功させる方法とは、断る理由を知ること

 

 

女性は結婚後の生活や人生を現実的かつ具体的に考える傾向があります。

そのため、結婚するメリットが見えない場合やデメリットがありそうな場合は、プロポーズされても断る場合があるようです。

プロポーズを成功させるためには、まず、女性がどのような理由でプロポーズを断るケースが多いのかを知ることが大切です。

そして彼女がどのような生活や人生を望んでいるのか、また結婚にどのような不安を抱いているのか考え、理解するように努めましょう。

そうすれば、説得力のあるプロポーズ方法やプロポーズが成功するタイミングが見えてくるのではないでしょうか。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>

 

 

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29 30 – 39

■調査期間:2017年08月30日~2017年09月13日

■有効回答数:100サンプル

 

 

 

【質問】

プロポーズされて断った理由はなんですか?

 

 

【回答一覧】

・その人との将来があまりよく見えなかったこと、頼りない相手の性格がやはり決め手となってしまったこと。(20代/女性/学生)

・まだ、お互いが経済的に自立していないからです。もう少し余裕があれば、断っていませんでした。(20代/女性/無職)

・自分の結婚したいタイミングが違ったから。また、彼が突然企業しだすと言ってきたため、将来の不安や安定が心配になってしまっていた時期であったから。(20代/女性/学生)

・今までにプロポーズをされたことがないので断った理由はないしわからない。(20代/女性/正社員)

・今までにプロポーズされたことがないので、勿論断ったこともないです。(30代/女性/パート・アルバイト)

・仕事が楽しくなってきた時期で、自分のライフスタイルを変えたくないと思ったから。(20代/女性/正社員)

・結婚したいがためにプロポーズされたので私の気持ちをあんまり尊重してくれなかったからです。(20代/女性/パート・アルバイト)

・気持ちはとても嬉しいけれど、今は結婚をしたいとタイミングではなかったから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・これからずっと一緒に居続けるのは困難だと思ったので。断るのは大変でしたが、その後もっと素敵な人が現れたのでよかったです。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・まだ20代前半で、その時に自分のやりたいことがあったから、家庭に入るとか、子供をもつということが考えられなかったから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・冷静に考えた時に、お付き合いするのと結婚は別物だと思ったからです。結婚は、家族が入ってくるので。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・長い間待たされて嫌気がさしているときにプロポーズされたので断って振った(30代/女性/正社員)

・今までにプロポーズは一度しかしてもらっていないので断ったことはないです。(30代/女性/正社員)

・これまでプロポーズされたのはいっかいきりで、断ることはありませんでした。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・一緒に生活していくイメージができませんでした。自分の家族を尊重してくれなかったのも大きかったです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・まだ新入社員で社会人として働き始めたばかりだったので、まだそのタイミングではないと思ったから。(20代/女性/パート・アルバイト)

・サプライズになりきれていなくて、グダグダだったため、仕切り直しするために断った(30代/女性/専業主婦(主夫))

・「お前の面倒を俺が一生見てやってもいいしさあ!」言われてびっくりしました。私は自身をあまり女性とは思っておらず、相手を友人と思ってました。例えるなら小学生の時の、あまり性を意識していない時の平等な友達でした。プロポーズの愛情よりも、「友情という名の愛情」が欲しかった。そこを互いに理解していなかった。(30代/女性/無職)

・彼には借金があり、口も上手かったのでよく嘘をつかれていました。改心するからと言われても簡単に嘘つきが直るとは思えないし、まだ借金がある状態でプロポーズされても困りました。(30代/女性/無職)

・彼との未来を想像出来なかったため。プロポーズを断った時、恋愛と結婚って違うんだなあと思いました。(20代/女性/パート・アルバイト)

・本気なのかどうなのかもよく分からず、別れようと思っていたタイミングだった時に断りました。相手に対して「この人なら頼れる」「支えてあげたい」という気持ちが湧かず、一方的にしようしようという状況の結婚は難しいと思います。又、仕事がしたい私に退職しろと迫ってくるのも、一緒に生活するうえでは厳しかったです。(20代/女性/正社員)

・初めてプロポーズされたのが今の旦那なので断った事は無いけど、経済力がなかったり頼りなかったりすると断りたくなる。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・プロポーズに真剣味がなかったことと、彼の収入が不安だったから(30代/女性/正社員)

・正式に指輪などをもらってプロポーズされたわけではないのですが、なんとなく話していたお互い一緒に暮らしていく中でのことで、家事がほぼできず、かつ今後は私に任せるのが当たり前のような話をされました。また、そのときにマザコンのような発言が多々あったため、彼にはあなたと結婚する気はないと伝えて別れました。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・好きでもなかったのに、急にプロポーズをされて呆れてしまったから。(20代/女性/正社員)

・相手と一緒にこれから過ごしていく未来が想像できなかったため。(30代/女性/個人事業主)

・彼のことは好きだけれど、ライフスタイルの違う彼との将来を想像できなかったから。(30代/女性/個人事業主)

・お付き合いの申込と同時に申し込まれたので、返答に困ってしまった(20代/女性/正社員)

・遠距離恋愛で、海外にまで付いていきたいと思わなかった。長年付き合っていたけど、意外に価値観や将来のビジョンがずれていたため。(20代/女性/正社員)

・彼の家族にちょっと難ありで…。あまり関わりたくない感じの人達だったので断ってしまった。(20代/女性/正社員)

・彼のご両親と話した時に、合わないなあーと感じてしまったから。(20代/女性/個人事業主)

・彼の経済事情が不安定だった、タイプではなかった、幸福な未来とは思えなかった、まだ遊びたかったから。(30代/女性/無職)

・付き合って3年プロポーズされる直前に彼の実家に初めて行きました。その時に、彼の親が宗教に入っていることを初めて知りました。その後のプロポーズだったので、どうしても宗教のことが許せなかったのでプロポーズを断りました。(20代/女性/派遣社員)

・君と一緒に居たいんだ、結婚しよう!と言われたら断る。居るだけじゃ何もないちゃんと女としても妻としても見てくれるか先が不安。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・相手が当時無職で、将来性が全く見えなかったからです。きっぱりとお断りしました。(30代/女性/正社員)

・その人との将来が想像できず、一生運命共同体でいられる自信がなかったから。(20代/女性/パート・アルバイト)

・本当に好きではなかった。彼氏という存在が欲しくて付き合ってたから。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・まだ、二人の関係が成熟していないと感じていたから。そのあたりのことは、普段の何気ない言動からも気づいておいて欲しいですね。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・プロポーズの時に、欧米ではやっている歌や踊りも一緒にされたからです。(30代/女性/無職)

・親の面倒をみて欲しいと、それを当たり前のように言われたこと。既に介護が必要で、彼のことは好きだったけれど、私の仕事のこと、私の両親のことを何も聞かれないままに、それがまるで俺と結婚したいのであればと条件を付けられたみたいで、フェアじゃないと思った。介護のことも、フェアじゃないことにがっかり。(30代/女性/個人事業主)

・自分が若かったので、ただ単に年齢的に今はまだ早すぎるという理由で断りました。(20代/女性/学生)

・海外で働くことが夢であったため、結婚を犠牲にしてしまったから。(20代/女性/パート・アルバイト)

・仕事が忙しい。時間に余裕がないし自分でまだ遊びたい年頃だから。(20代/女性/パート・アルバイト)

・この人とは一生一緒に生きて行く自信がないからが一番の理由だと思います。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・結婚後の生活のめどが全くたっていないときに言われても困りました。私はバイト、彼無職。気持ちだけありがとう、としか言えません。(30代/女性/パート・アルバイト)

・当時付き合っていた人と歳の差が一回り以上あり、その事に不安を感じたから(30代/女性/無職)

・会うたびに結婚したいと言われすぎて嬉しさを感じなかったし真剣さを感じなかったからです。(30代/女性/パート・アルバイト)

・お金も余裕もないのにしてもと思い彼との先がまだ考えれなかったから(30代/女性/正社員)

・結婚にかかる資金面など、不確かな部分が多く信用出来なかったから。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・プロポーズされて断ったことがないのでわかりませんが、逆に聞いて見たいです(30代/女性/専業主婦(主夫))

・タイミングがあわず、まだ時期ではないと感じていたため、もうすこしあとに再度行ってほしいと返事をした。(20代/女性/正社員)

・とにかく若かったこと。それと、両親の職業を知って自分の家との格差を感じて気後れしてしまったこと。(30代/女性/正社員)

・恋人としては付き合っていて楽しくても、結婚となると違うような気がしたから。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・自分がお付き合いしたのが初めての方にプロポーズされましたが、自分自身がまだ若かった事もあり好きだけの気持ちでは結婚まで考える事が出来ずに断りました。(30代/女性/パート・アルバイト)

・彼とは家族になるイメージができなかったから。わたしはアクティブ派だったけど、彼はヒキコモリで、子どもができても一緒に出かけてくれなさそうで嫌だった。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・すでに別の人と付き合っていて、その人と結婚したかったからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・交際が進むにつれて何とはなしにこの人は結婚する相手ではないなと感じたからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・新卒で働き始めのころにプロポーズされたのですが、その時はまだ結婚は考えていませんでした。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・プロポーズされたことはまだないので、断ってもないし理由もないです。(20代/女性/派遣社員)

・一緒にいても将来性を感じず、幸福よりも苦労して涙することの多い未来が見えたから。(20代/女性/無職)

・その時はまだ仕事が面白く、自分の為に時間を使いたかったのと、結婚して子供が生まれ、家庭を築くことがその人と想像できなかったから。(30代/女性/派遣社員)

・一緒に家で過ごす時間にそもそも不満があって、一生その不満と向き合う覚悟が出来なかった。あと、子供の話をした時に、子育てについての話が全く噛み合わず将来を考えられなくなった。(30代/女性/パート・アルバイト)

・普段の生活態度や今後のことを考えて結婚対象になれないとおもったのでお断りしました。(20代/女性/無職)

・まだまだ遊びたいし、仕事が楽しくてキャリアアップをしたいと思ったから(20代/女性/学生)

・仕事に必要な勉強や技術習得をせずに鉄道模型で遊んでばかりの人だったので、断ったことがあります。その時点では大企業で技術系の総合職として働く私と中小企業で技能職として働く彼との収入差は2倍程度でしたが、これからもっと差が拡がるのかと思うと、頑張っている自分にも頑張らない彼にも腹が立って断りました。(30代/女性/学生)

・一緒に居ると楽しい人ではあったけれども、結婚となるとまた別。せめて収入が安定していないと、子供を作る事も出来ないので。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・他に好きな人がいて、今の人との結婚にふんぎりがつかなかったため(30代/女性/専業主婦(主夫))

・結婚後のビジョンが見えなかったから。彼の浪費癖や日頃のだらしなさから、一緒に生活していく上で折り合いをつけていくことが想像できなかったから。(20代/女性/正社員)

・正社員でもなくて貯金もないことがわかっていたので結婚しても一緒に生活できる気がしなかった。(30代/女性/パート・アルバイト)

・今までにプロポーズをされて断ったことがありません。もし断るとしたら、一緒に生活するのが厳しい人と感じた場合です(30代/女性/専業主婦(主夫))

・一生を共にする自信はなく、これからも確信は持てないと思ったから(30代/女性/学生)

・仕事や休日など今の人生が充実していて、さらには好きな方ではないからです。(30代/女性/パート・アルバイト)

・プロポーズを受けると、海外で一緒に暮らすことになるので、その覚悟ができなかったから。(30代/女性/正社員)

・打ち込みたいことが他にあったから。仕事がまだ軌道に乗っておらず、自分が中途半端な状態だったので。(30代/女性/正社員)

・相手の仕事が安定していない派遣業だった事と、ギャンブル依存症が治らなかったので、将来に対して不安を感じたから。(30代/女性/無職)

・お付き合いもしてない相手からのプロポーズだったから。「正式に」婚約者になって欲しいと言われ、怖かったです。(30代/女性/個人事業主)

・結婚はまだ考えることができなかったし、お金もたまっていなかったので。(30代/女性/学生)

・ものすごく亭主関白だったから。優しいお父さんになりたい、とか子供が好き、とか理想論ばかりで、結局は女をものすごく下に見ていてイライラした。その人の父親も女に意見させるな的な最低な父親だったので将来が見えた気がしたから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・彼の実家が農家のため、将来は農家を継いでほしいと言われたから。(20代/女性/パート・アルバイト)

・まだ結婚をしようと思える年ではないと感じたから。自由に遊んだり、仕事を頑張ったりしたいから。(20代/女性/パート・アルバイト)

・最初プロポーズされたときに、相手の経済力がしっかりとしていなかったので断りました(30代/女性/正社員)

・彼の遠方への転勤の際に、仕事や家族の都合でついていけず断りました。(20代/女性/正社員)

・その時期、家族が病気になっていて闘病中だったためにことわりました。(30代/女性/パート・アルバイト)

・自分としてはまだ時期じゃなかったし、そういうつもりで付き合ってなかったから。(20代/女性/学生)

・結婚よりも、自分のやりたいことがあったから。相手と一緒に人生を歩んでいく覚悟がまだ出来ていなかった面もある。(20代/女性/学生)

・生まれて初めてプロポーズをされた相手はアメリカ人でした。彼は私との結婚をそれなりに真剣に考えていてくれたのかもしれませんが、当時はお互いに若く、彼に人生を託す決断が出来ませんでした。彼と共にずっとアメリカで暮らしていくという選択は自分の中で難しかったです。(30代/女性/個人事業主)

・相手と一緒にいると楽しかったんですが、同時にとても疲れたんです。私が求めていたのは、ドキドキ感ではなく安心感でした。相手の方と一緒になった時、安らいでいる自分を想像できなかったので、お断りしました。(20代/女性/正社員)

・まだプロポーズされていないので、今のところ断った理由はないです。(20代/女性/学生)

・彼の家が田舎すぎて、行きていける気がしなかった。過去に火事になったことがあって、その燃えたものが文化財だったから再建に5億かかると言われて、そんな借金背負えないって思った。(20代/女性/正社員)

・彼氏が年上でかなり年齢差があり、まだ自分が結婚したいタイミングではなかったから。(20代/女性/正社員)

・相手に経済的余裕が無かったのと、自身が仕事で忙しく彼に時間がさけなかったため(20代/女性/正社員)

・実は、今はまだ、そのような経験がないので、特には、ないのです。(20代/女性/正社員)

・新入社員になりたてで将来を考えることが出来なかったので断ったことがあります。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・収入面での安定がなく、貯金も全然ない人だったので、最低ラインそこをクリアしてから言え。と断りました。(30代/女性/正社員)

・相手に対して将来性を感じられなかったところや信用できなかったところです(30代/女性/正社員)

・このパターンがプロポースに入るのかわかりませんが、「結婚を前提に付き合って下さい」はお断りしました。お付き合いをするつもりも無い人からだったので。(30代/女性/無職)

・まだ結婚したいか分からなかったから。もう少し人柄を見極めたかったから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・まだ付き合ってもなかったから、もう少しゆっくり、私の全てを見てほしいと言いました。(30代/女性/個人事業主)

・彼と子供を育て上げていく未来が、どうしても描けなかったからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・プロポーズもされたことがなく彼氏もいないので特にないです・・(20代/女性/無職)