カップルの親密さを高めるペアアクセサリー、記念日や誕生日に贈ることを考えている男性も多いでしょう。

しかし、ペアアクセサリーは特別なプレゼントとするには向いていないということが分かってきました。

ペアアクセサリーを贈ることによって女性から失望されることすら考えられるのです。

盲点ともいうべき、ペアアクセサリーNGの理由は何なのでしょう?

ここではペアアクセサリーの注意点と、それ以外のプレゼントについて解説します。


ペアアクセサリーはどうしてダメなのか?

 

 

shutterstock_EIKA_ネックレス_ペンダント_ハート_ペア_アクセサリー_誕生日_プレゼント

 

ペアアクセサリーは確かに、身につけることで二人の絆が深まり、離れているときでも相手のことを思えるアイテムです。

ただし、それはお互いの了承があったときだけです。もしも、一方的にペアアクセサリーを贈られて「つけて」と言われたら、女性はどう思うでしょうか。

「面倒臭い」、「重い」と思ってしまう可能性があります。そのうえ、誕生日や記念日などに贈られたとしたら、ますます意味深な感じがして素直に喜べない場合もあります。

男性にとっての盲点は、デザインのセンスです。女性はアクセサリーの好みが明確で、こだわりを抱いているケースが多いのです。

彼女のセンスを無視したアクセサリーを贈っても、身につけることに躊躇してしまうでしょう。

「自分へのプレゼントのはずなのに、どうしてペアなの?」という疑問もわきます。

特別な日にこじつけて、自分が欲しかったペアアクセサリーを購入したかっただけではないか、との疑念を抱かれることもあるでしょう。

ペアアクセサリー自体が悪いものではありませんが、特別なプレゼントとして贈るなら、別のアイテムを用意したほうが無難といえそうです。

ペアアクセサリー以外のおすすめプレゼント

 

 

shutterstock_EIKA_誕生日プレゼント_ジュエリー_宝石_ダイヤモンド

 

ペアアクセサリー以外であれば、アクセサリーを贈るのはおすすめです。

特に、ダイヤモンドは多くの女性が魅力的に感じてくれると言えるジュエリーですから、誕生日のプレゼントとしては間違いのないチョイスだといえるでしょう。

ダイヤモンドには「永遠」という意味もあり、カップルの思いを確認するメッセージも込められます。

ゴージャスでありながらも、普段づかいがしやすく、さまざまなシーンで身につけられるメリットも兼ねそろえています。

耐久性も優れているため、末長く彼女のそばで輝き続けてくれるはずです。

指輪、イヤリング、ネックレスなどのほか、腕時計などにもダイヤモンドをあしらったデザインがあるため、彼女のセンスに合わせて選んでみましょう。

そのほか、彼女の誕生石をプレゼントするという方法もあります。

誕生石とは月ごとに決められている、その月に生まれた人を象徴する宝石です。

彼女自身を形容するジュエリーとして、強い思い入れを抱きながら身につけることができます。

指輪などに誕生石を取り入れて贈ってみてはどうでしょうか。

ペアアクセサリーでも許されるシチュエーション

 

誕生日_プレゼント_贈り物_サプライズ_カップル_ペアリング

 

どうしても特別な日にはペアアクセサリーを贈りたい、そんな人は彼女と一緒に選んでみることをおすすめします。

男性の一方的な感性で決めるのではなく、彼女のセンスも取り入れると、両者にとって満足できるペアアクセサリーが見つかるでしょう。

もちろん、その前にペアアクセサリーを身につけることの了解をとることも大切です。

人によってはペアアクセサリーをつけることを「子供っぽい」、「恋人がいるアピールをしているみたいで恥ずかしい」と感じてしまう可能性もあります。

そのため、彼女が心からつけたいという気持ちにならなければ、ペアアクセサリーを避けることを考えましょう。

ただし、婚約指輪などの特別な思いを込めるのであれば、ペアアクセサリーを贈っても嫌に思われることは少ないでしょう。

彼女にプロポーズするタイミングなら、ペアアクセサリーに対して「重い」と思われるどころか喜ばれる可能性もあるでしょう。

このように、シチュエーションによってはペアアクセサリーを喜ばれることもあるので、逆に大切な瞬間のためにペアアクセサリーを贈ることは控えておくといいでしょう。

ペアアクセサリーなら必ずもらって嬉しいはず、との思い込みは避けて、シチュエーションに合わせてアクセサリーのプレゼントを贈ることをおすすめします。