結婚記念日は、1年目(1周年)が最も重要。

結婚記念日は毎年やってくる夫婦の大切な記念日ですが、毎年の記念日が有意義になるかどうかは、1年目に決まりやすいからです。

これはあらゆる恒例行事においても同じことですが、最初がよくないと充実したイベントにはなりづらいのです。

何事も最初が肝心です。

 

結婚記念日1年目が重要な理由や、おすすめな結婚記念日1周年のお祝いの仕方からプレゼントなどをご紹介します。

 


 

 

大きな変化だった1年間

結婚式-結婚記念日

 

結婚記念日1周年は、今後の結婚記念日を考えても、最も大きな変化だった1年の経過を感じる日だと思います。

なぜなら二人が家族になって、夫婦になって初めて過ごした1年間だからです。

お二人にとって、素敵で大きな変化のあった1年間は、非常に中身の濃い1年間でもあったはずです。

だからこそ結婚記念日1周年は、しっかりとお祝いして、お二人のこれからを語らい合う素敵なイベントとして過ごすべきです。

 

 

お互いに家族になって、カップルになって、どのような心境の変化やお互いの発見があったのか。

そんな事をしっかりと口に出して共有できる、素敵な機会でもあります。

そういった共有があればあるほど、夫婦の絆や深まり、円滑なコミュニケーションを継続することができます。

 

 

 

1年目を祝うかが、今後の文化を決める

EIKA_プレゼント_結婚記念日_サプライズ_びっくり_妻

 

結婚記念日は毎年同じ日にお祝いするイベントであり、代表的な恒例行事です。

そのため、1年目(結婚記念日1周年)のお祝いの仕方が、今後のお祝い方法へ大きく影響を及ぼします。

 

極論から申し上げれば、結婚記念日1周年をお祝いしないカップルは、結婚記念日をお祝いする文化すらなくなる傾向にあります。

1年に1回訪れる、二人にとってこれ以上とない大切なイベントを、お祝いしたくてもお祝いしない雰囲気になってしまうのです。

人の心理とはややこしくて、2年目からお祝いしようと思ってはいても、提案をしづらくなってしまったり、実現が遠のいてしまいやすいです。

 

しかし結婚記念日1年目からお祝いをしておけば、お祝いする文化になります。

今年はどうやってお祝いする??なんて気軽にお互いが意見を交換しあえるようになります。

 

もちろん、何らかの理由で結婚記念日1周年をお祝いしていなかった場合でも、しっかりとどちらかが提案すれば、実現はできるでしょう。

ただ、結婚記念日1周年からしっかりとお祝いすることで、その自然な文化を作ることが大切だと思います。

 

よくジュエリーコーディネートをしている筆者にご相談頂く事例としても多いです。

特にお祝いをしないまま10年目を迎えてしまったから、せめて何かプレゼントをしたい。といったご相談です。

10年ともなると、何かを新鮮に始めることが、特に夫婦の関係ともなると難しいですよね。

そのためにもスイートテンといったイベントのチャンスが用意はされていますが、やはり毎年お祝いする文化を初年度から築いておくことが重要です。

 

 

 

1年目に、ルーティンを作ろう

結婚記念日_サプライズ_プレゼント_誕生日_お祝い_花束_花_アニバーサリー_夫婦

 

結婚記念日を毎年違った形でお祝いするのも素敵ですが、筆者は毎年恒例化することをおすすめしています。

毎年違う場所や、違うプレゼント、違う演出などとしてしまうと、年を重ねるごとにハードルが高くなってしまったり、ネタが尽きてしまうからです。

そうなるとせっかくお祝いの場面なのに、計画することを面倒に感じたり、プレッシャーに感じてしまいます。それでは本末転倒です。

 

結婚記念日は毎年恒例のイベントなのですから、毎年同じ場所で同じようにお祝いする方が良いです。

1年に一回は、二人が出会ったレストランで、二人きりでディナーをする。といった具合です。

 

そうやって二人の間でルール化しておけば、毎年の結婚記念日をお祝いしやすくなりますよね。

それを結婚記念日1周年から決めておけば、非常に自然な流れができます。

レストランであれば1年後の予約もとっておくカップルもいらっしゃいます。

 

もし今年は違った場所や方法で結婚記念日をお祝いしたいという事があれば、都度考えれば良いわけです。

また来年は同じ方法で。と戻ることができます。

 

結婚記念日_プレゼント_旅行_場所_デート_スポット

 

例えば結婚記念日10周年は海外旅行に。とか、5の倍数は温泉旅行に。といったようにするのも良いですね。

いずれにしても、ルーティン化することで、全てがスムーズに運びます。

大切なのは、記念日の前に夫婦で今年も同じでいい??といった提起をすること。

お互いの認識をすり合わせておくと良いですね。

 

EIKA-フラワージュエリー

 

 

プレゼントもルーティン化できます。

例えば筆者は、毎年結婚記念日と誕生日とクリスマスプレゼントに妻へプレゼントする商品のカテゴリーを決めています。

 

結婚記念日:ジュエリー

クリスマスプレゼント:ファッション小物

誕生日プレゼント:美容コスメ(ブランド系)

 

といった具合です。

そうすることで妻も今年はどんなジュエリーだろう?とか良い期待感をもたせることもできますし、何より毎年の恒例行事において、プレゼント探しがしやすくなります。

毎年イベントを積み上げてきた過去とは違う形で新鮮に計画するのは、どんどん無理な状態になりますので、注意しましょう。

 

eika-フラワージュエリー-ダイヤモンド-プレゼント

 

EIKA_プチ_ダイヤモンド

 

枯れないバラとダイヤモンドで贈るジュエリーギフトである、EIKAフラワージュエリーであれば、妻の好きなジュエリーデザインやサイズが分からなくても最高にサプライズな結婚記念日1周年のギフトになります。

何度でも再リメイクができるので、一年に一度の結婚記念日にリメイクをプレゼントすることも出来、毎年の結婚記念日のプレゼントに悩むこともなくなります。

 

EIKAフラワージュエリー詳細ページ>

 

 

 

結婚記念日1周年に、素敵な言葉とギフトを

結婚記念日_プレゼント_最高_ジュエリー_ダイヤ_指輪

 

結婚記念日1周年目には、ぜひ奥様へこんな言葉を伝えてあげてください。

 

「改めて、家族になってくれてありがとう。家族になる前よりも、さらに素敵な時間を過ごすことができています。」

 

といった内容です。

結婚生活が続くと、つい二人が恋人同士だった時代と比較をしてしまうようになります。

時には結婚せずに恋人のままでいた方が良かったのではないか??といった疑問さえ感じてしまうことも。

 

 

夫婦とはいえ、もともとは赤の他人。血の繋がりもありません。

しかしだからこそ、二人が家族として生活していることが、奇跡的で素晴らしいのです。

それをきちんと言葉に出して、結婚したという選択肢を素敵に思っている心を伝えてあげましょう。

 

そんな言葉とともに、素敵なプレゼントを用意すれば、きっと素晴らしい結婚記念日1周年を迎えることができるでしょう。

 

 

 

 

 

「合わせておすすめしたい記事」

 

結婚記念日に最高のプレゼント、フラワージュエリー>

極上のスイートテンダイヤモンドのおすすめプレゼント>

結婚記念日は1年目が、最も大事なタイミング

Tagged on: