時々、婚約指輪やプロポーズプレゼントをお探しの方から、こんな質問を受けることが増えてきました。

「婚約指輪っていつ身につけますか?毎日身に着けないなら意味ありますか??」

 

という内容です。疑問を持つ理由は良くわかりますが、少し誤解されている方が多いように感じます。

そもそも婚約指輪は、いつも身につけるための指輪ではないからです。

 


 

婚約指輪はギフトで記念品

 

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン

 

そもそも婚約指輪は婚約記念品であり、プレゼントです。

結婚指輪は二人で選ぶペアリングで、約束の指輪ですから、毎日身につけることが前提となります。

しかし婚約指輪は、そもそも普段使いするための指輪ではありません。

 

婚約指輪とは、婚約の証としてプレゼントされる高価な宝飾品です。

これまで他人だった女性に結婚して家族になろうということを提案して婚約するわけですから、それに見合う記念品とギフトを。という考え方になります。

結婚という一大イベントですから、相場として価値の伴ったものであることがマナーであり、宝飾品は価値と美しさの両方を贈り、残し続けることができるため、優秀な記念品となります。

結婚指輪と違って、そもそも毎日身につけるためにプレゼントするようなものではないので、この前提を理解しておくとスムーズかもしれません。

 

 

婚約指輪は高級ジュエリー

 

 

婚約指輪は高級ジュエリーとしての指輪。というイメージです。

もともと婚約指輪という商品があるわけではなく、婚約用に価値の高い指輪となっています。

例をあげれば、男性でいう高級時計と同じイメージですね。

 

婚約指輪_重ね付け_着用_エンゲージリング_結婚式

 

 

毎日常に、高級時計を身に着けないですよね。お仕事や重要な商談やパーティーなどに身に着けます。

スポーツをしている時や近所のコンビニエンスストアに行く時には身につけません。

婚約指輪とは高級ジュエリーなので、女性にとっても同様です。

 

婚約指輪は毎日身につけるものではなく、宝物のようなジュエリー。

お洒落をしてデートにでかけたり、結婚式やパーティーに参加したり、エレガントな装いをする時に重宝します。

また例え身につける機会が少なかったとしても、高級ジュエリーである婚約指輪は、保有しているだけで価値があります。

ジュエリーには中古の概念がありませんので、婚約指輪のダイヤモンドや貴金属には常に価値が備わっているからです。

婚約指輪とは、婚約を記念して高級ジュエリーを相手にプレゼントする手段なわけです。

 

 

基本的にデートは身につける

 

 

基本的にデートには身につけていく。という女性は多いです。

持つ方のライフスタイルによる部分も多いですが、夫とデートにでかけたり食事に出かける時に身につけるのも素敵です。

そういった機会から身につければ、必然と着用機会も増えていきます。(着用機会の多さは大きなポイントではないのですが)

デートで身につけてくれれば、贈り主である男性も嬉しいですよね。

 

 

結婚後は、結婚指輪を重ね付け

 

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン-重ね付け

 

よく結婚指輪も婚約指輪も左手の薬指に合わせるのだから、結婚後は婚約指輪を身に着けられないと誤解しているケースがありますが、実際には異なります。

そもそも婚約指輪と結婚指輪は重ね付けをして楽しみます。写真のように、結婚指輪を下へ、婚約指輪を上に重ね付けします。

 

こうすることで婚約から結婚という2つのステップとウェディングストーリーを、1本の指で表現することができます。

第三者も、このヒトはちゃんと婚約指輪をプレゼントされて結婚したんだ。ということをすぐに理解できます。

結婚式などで眺めてみてください。既婚女性の多くは、重ね付けをしているはずです。

 

 

 

結婚指輪は基本的に金属のみで構成されているシンプルな指輪。

だからこそ常時着用できるわけですが、デートや結婚式などで婚約指輪を重ね付けすることで、新鮮なワクワクを得ることもできます。

 

それぞれのデザインによっては、重ね付けが困難なケースもあります。その場合には婚約指輪を右手の薬指に身につけるなどの応用もできます。

しかしこれはあくまで代替案になります。

 

 

 

婚約指輪と結婚指輪はセットで検討

 

婚約指輪_エンゲージメントリング_結婚指輪_マリッジリング

 

婚約指輪は、身につける機会で価値を見出す結婚指輪とは異なります。

価値が高く、美しい輝きを持つ婚約指輪は、女性にとって憧れのプレゼント。シンデレラの靴のようなものです。

そんな宝物をプレゼントして結婚のスタートをする。婚約指輪は非常に優秀な婚約記念品として、時代を超えて世界中で選ばれています。

そのため、結婚後はいつ身につけるかを想定して選ぶのも大きなポイントですね。結婚指輪とのセットも大切な要素です。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

ぜひ婚約指輪はプロポーズなどでプレゼントせずに、二人でデザインを選びましょう。

そうすることでサイズやデザインの失敗はもちろんですが、重ね付けできないなんて失敗も回避することができます。

現代は二人で選ぶ時代。プロポーズなら、ダイヤモンドプロポーズで行って、1度で2度嬉しい完璧な方法を採用しましょうね。

 

ダイヤモンドプロポーズに関する記事へ>

 

 

婚約指輪は宝物を贈って、持ち続ける手段。

永遠の輝きは、次の世代へと引き継いでいくものでもあります。

着用機会にこだわらず、ぜひ素敵な宝物を叶えてくださいね。