プロポーズは一度失敗すれば終わり、そんな風に考えている男性も多いのではないでしょうか?

しかし、実際には一回目のプロポーズが成功せずに、何度かプロポーズを繰り返すことで結婚へと辿り着いたカップルも大勢います。

一度プロポーズを断られたからといって、関係が終わってしまうわけではないのです。

プロポーズを再チャレンジすることのメリットや、愛情がある相手でも女性がプロポーズを断ってしまう心理について、ここではまとめてみました。


好きな相手でもプロポーズは断るもの?

 

プロポーズ_失敗_断る_NG_婚約指輪_エンゲージリング

作者名/Shutterstock.com

 

男性からすれば、プロポーズが失敗したときには大きなショックに襲われ、絶望すら感じてしまうこともあるでしょう。

そして、「失恋した」と思い込み、悲しみにとらわれてしまうのではないでしょうか。

しかし、女性の言い分としては、結婚してもいいほど愛情のある相手でもプロポーズを断ってしまう状況があるといえます。

たとえば、プロポーズがあまりにも突然すぎて動揺してしまった場合です。

また、プロポーズの内容があまりにも雑でドラマ性がなかった場合でも、受け入れることに抵抗を覚えるようです。

プロポーズを受け入れてしまうと、結婚に向けて数々の準備を進めなくてはいけません。

すると、甘い恋人気分に別れを告げる瞬間も出てきます。それを惜しみ、「まだ自由に過ごしたい」という意味でプロポーズを断る人もいます。

プロポーズが失敗することと、女性の「この人と結婚したくない」という気持ちは、必ずしもつながっているとは言い切れません。

一度断られたからといって、プロポーズの成功する確率がゼロになったわけではないのです。

再プロポーズの際に気をつけたいこと

 

プロポーズ_成功_婚約指輪_エンゲージリング

作者名/Shutterstock.com

 

プロポーズをやり直すことを決めたら、前回失敗した理由を踏まえて、必ず成功できるようにしたいところです。

まず、「前回のプロポーズが好みではなかった」というのなら、相手が望むシチュエーションをリサーチすることが大切です。

好きな映画作品や音楽に演出のヒントが隠されている可能性もありますし、思い出の場所や素敵な景色をバックにプロポーズをされたいのだとも考えられます。

相手の些細な言動にも注意して、今まで以上に相手を観察し、理想のプロポーズのシナリオを描きましょう。

女性側の友人を味方につけると、リサーチの精度は高くなるのでおすすめです。

「プロポーズの時期を誤った」という理由で失敗したなら、辛抱強く待つことも大切です。

結婚とは人生の一大事であり、いくら男性側が強引になったところで、女性が乗り気ではないのなら、勢いで承諾してしまっても後々、トラブルを呼ぶこともありえます。

お互いにとってベストのタイミングを見つけられれば、女性もプロポーズを受け入れやすくなるでしょう。

再プロポーズは計画的に実行しよう

 

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

作者名/Shutterstock.com

 

再プロポーズが失敗に終わった場合、男性側の心理的ダメージは相当なものだと予想できます。

プロポーズは男性によっては、人生最大の勇気を振り絞る場面であり、それが繰り返し失敗するのだから心折れてしまうこともありえるでしょう。

初めてのプロポーズ以上のショックを受けるとも考えられます。再プロポーズの計画は慎重に、確実な内容にすることを意識しましょう。

プロポーズ_プレゼント_ローズ_バラ_ボックス_サプライズ_演出

成功するにこしたことはありませんが、万が一、失敗に終わったときのことも想定すると、ダイヤモンドプロポーズを行うこともおすすめです。

ダイヤモンドプロポーズとは婚約指輪につけるダイヤモンドのみを先に贈るプロポーズのやり方です。

指輪のサイズを間違えないようにするために使われるプロポーズですが、プロポーズを断られたときの保険としても役に立ちます。

ダイヤモンドと指輪を両方そろえるよりもコストがかからないため、経済的なダメージも抑えられます。

また次のタイミングに活用することもできます。プロポーズではリスク対策を練っておくことで、逆に思い切りが生まれて成功率が高まるともいえるでしょう。

ダイヤモンドプロポーズにすることで、プロポーズをする側の男性にとっても、される側の女性にとっても嬉しい方法を叶えることができるだけでなく、

婚約指輪の段階から二人で紡ぐウェディングストーリーを築くことができます。指輪でのプロポーズという先入観は基本的に除外して検討されることをおすすめします。