一生に一度きりの大切な一大イベントとして考える人も多いプロポーズ。

サプライズに婚約指輪を贈るのは定番中の定番ですよね。

しかし、相手の女性に内緒で指輪を用意するとなると、思わぬ失敗もつきものです。

だからといって、きちんとプロポーズの思い出に残るようなプレゼントをしておきたいものではないでしょうか。

そこで、仮リングでプロポーズをするとどんなデメリットやリスクがつきまとうものなのか、どんな方法でプロポーズをすれば成功率が高いのかについてまとめました。


サイズの問題がある?仮のリングでプロポーズをするデメリット

 

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

 

彼女にプロポーズをしようと思っても、相手の指輪のサイズがわからないなら、指輪を用意するのは避けたいところです。

仮に、おしゃれなディナーや特別感のあるデートなどでロマンチックな雰囲気を演出し、盛り上がったところでばっちりとプロポーズを決めることができたとします。

しかし、そこで指輪のサイズが合わなくて上手くはまらなかったなんてことになったら、その場の空気が凍りついてしまうでしょう。

もちろん、彼女の性格によっては、そんなトラブルがあっても笑って許してくれるかもしれません。

しかし、せっかくの演出がかっこよく決まらなかったという苦い思い出になってしまうことを考えると、やはりサイズがわからない状態で仮リングを用意するのはリスキーだと言えるでしょう。

後からサイズの変更をしてもらうこともできますが、ロマンチックさには欠けてしまいますし、

プレゼントしてもらった指輪が完全な別物になってしまうようで、虚しさを感じてしまうかもしれません。

また、多くの女性は男性が考える以上にジュエリーに対するこだわりは強いものです。

土台の素材がゴールドかシルバーかというだけでも好みは分かれますし、デザインの違いも含めれば、彼女の理想とする指輪の形を見極めるのは至難の業だと言えます。

本当に心から喜んでもらい、気に入って身につけてもらえるようにするためにも、自らのセンスだけで婚約指輪を選ぶのは避けたほうがいいでしょう。

指輪じゃないプロポーズってどういうこと?ダイヤモンドプロポーズとは

 

プロポーズ_プレゼント_ローズ_バラ_ボックス_サプライズ_演出

 

彼女の指輪のサイズがわからない、あるいは彼女のジュエリーの好みが全くわからないということなら、おすすめしたいのはダイヤモンドプロポーズです。

男性から女性にプロポーズをするときには、ダイヤモンドの婚約指輪を贈るのが主流です。

しかし、敢えて指輪は用意せずにダイヤモンドだけをプレゼントし、婚約を申し込むのがダイヤモンドプロポーズになります。

ダイヤモンドだけを彼女に大切にしてもらうのも1つの方法ではありますが、プレゼントをしたダイヤモンドを使って、

ジュエリーショップで後から選んだ指輪につけてもらえるサービスを利用するのがダイヤモンドプロポーズのメジャーな方法です。

まずはダイヤモンドだけをプレゼントするとなると、いざ渡すときに落としてしまいやすいのではないかと不安に感じるかもしれません。

しかし、別途料金で専用ケースを付けることも可能ですから、その点の心配は要らないでしょう。

指輪での失敗を避けるのであれば、ダイヤモンドプロポーズを検討してみることをおすすめします。

指輪のプレゼントにはない?ダイヤモンドプロポーズならではのメリット

 

婚約指輪_ブランド_EIKA_エンゲージリング_プロポーズ_プレゼント_フラワージュエリー

 

ダイヤモンドプロポーズをする最大のメリットは、何と言っても彼女の指輪のサイズや好みを知らなくても失敗しなくて済むという点にあります。

ダイヤモンドはプロポーズの象徴的存在ですし、プレゼントが不満に思われる可能性は極めて低いと言えるでしょう。

土台の婚約指輪に関しては、オーダーメイドで好みのデザインを決めることができます。

彼女がつける指輪ですから、どんな指輪にするのかは相手に任せきりでもいいでしょうし、ジュエリーショップで一緒に選ぶという手段を取るのもいいでしょう。

また、既にデザインやカラット数が決まっている既製品を購入するのと、予算にそれほどの差がないというのも魅力です。

オーダーメイドだからこそ完成するまでの時間はかかりますが、きちんとお互いに納得した形の婚約指輪を手に入れることができるので、吟味した分だけ、指輪に対する愛着も湧きやすくなります。

プロポーズをするために指輪を用意すべきか悩んでいるのなら、ダイヤモンドプロポーズを候補に入れてみてはいかがでしょうか。