プロポーズをせずに結婚した。プロポーズされないままに結婚をした。

 

ほとんどのカップルがプロポーズを経験しているとはいえ、意外と多いケースでもあるプロポーズ無しの結婚。

背景には、授かり婚など色々な事情もあり、プロポーズをするきっかけが見つけられなかったり、資金面から諦めたという声もあります。

しかし本来であれば、プロポーズは結婚にとって必要不可欠な出来事。プロポーズしないよりもプロポーズはした方が良いに決まっています。

むしろプロポーズを回避する理由など、どこにもありません。

 

今回の記事では、プロポーズなしで結婚してはいけない理由や、プロポーズを行うことのメリット等についてご紹介します。

 


 

婚約は結婚の第一歩である

 

プロポーズ-サプライズ

 

そもそも結婚式や入籍など、結婚本番ばかりが注視されがちですが、婚約は結婚の第一歩という非常に重要なイベントです。

むしろお二人にとっては結婚式本番よりも重要な出来事です。

 

結婚とは相手や自分が勝手に決めるものではありません。二人で決めることです。

それまで他人だった二人が家族として共同体として生涯を共に過ごすという、一大決心です。

人生を最も大きく左右する出来事でもあります。

 

そんな結婚には必ず、婚約というプロセスがあります。

二人で結婚する意思を共有してお互いに了承して決めたという事実です。

もしくは両家からも承諾されたタイミングとしても存在します。

 

プロポーズとは、そんな結婚の申し入れをすることが純粋な目的になります。演出が目的ではありません。

プロポーズをしないということは、結婚の第一歩を放棄して進むことと同じです。

気持ちの歩み寄りや優しさで上手く進むこともありますが、一つの礼儀として、プロポーズは絶対に行わなくてはいけないものです。

 

なんとなくお互い結婚しようという雰囲気になっていた。

というのはあくまで状況の話であって、プロポーズの目的はそれとは別です。

 

あなたと結婚して一緒に歩みたい。

その気持ちをしっかりと表に出すこと。それがプロポーズで最も重要なことであり、不可欠な理由です。

 

 

お金をかけなくたっていい

 

プロポーズ-自宅-場所

 

状況によっては、婚約指輪を購入したりプロポーズの演出に費用がかけられないという場合もあるでしょう。

しかしそれでプロポーズを諦めるのは違います。

 

プロポーズに必ず婚約指輪が必要なわけではありませんし、演出をしっかりとしなくてはいけない必要性もありません。

もちろん特別なイベントですから、特別なプレゼントがあったり、より素敵な演出があれば素敵なプロポーズにはなります。

しかし最も重要なのは、結婚したいという意思をしっかりと相手に伝えることです。

 

お花だけで自宅でプロポーズしたって良いです。二人のいつものデートコースだって素敵です。

日常の何気ないシーンで相手に気持ちを伝えるだけでも素敵なことです。

 

相手からすれば結婚したいと思っている彼から、素直な気持ちをしっかりと聞いて実感できることが幸せであり、最たる喜びなのですから。

予算を理由にプロポーズしないという選択肢を作ってしまうのはやめましょう。

 

婚約指輪-カラーゴールド-イエローゴールド-エンゲージリング-ピンクゴールド

 

婚約指輪などのプロポーズプレゼントや婚約記念品はマナー的にも必要な品ではありますが、予算がかけられない場合は結婚記念日などに改めてプレゼントすれば良いです。

もしくは一旦小粒なダイヤモンドがセットされたファッションアクセサリータイプのジュエリーで代用しても良いでしょう。

ただその場合には、素直に状況も伝えることで好感を持っていただけると思います。

 

 

プロポーズは二人のためのもの

 

 

時々、プロポーズを男性の義務的に感じてしまっているケースを見かけますが、それは違います。

プロポーズは二人のためのものです。

 

そもそも相手と結婚して幸せな家庭を築きたいと願って行うのがプロポーズなのですから、プロポーズをして相手に気持ちをしっかり伝えるのは心地の良いことです。

プロポーズを行うことで、お互いの絆は深くなり、意思の疎通も円滑に進みます。また結婚後もプロポーズを振り返る度に、お互いが心あたたまる気持ちになります。

そういうイベントは多いほど素敵です。

 

結婚式はお披露目の場です。

しかしプロポーズは二人のための場でもあります。

プロポーズが成功して結婚すれば、これからたくさんの年月を二人で過ごしていきます。

その祝福すべき1日目となるプロポーズは、とても美しい出来事です。

 

ぜひプロポーズを面倒に感じたりせず、お二人のための素敵なイベントという認識で行いましょう。

 

 

改めての記念日プロポーズ

 

EIKA_婚約指輪_

 

それでもプロポーズができなかった。タイミングを見つけることができなかった。

など、プロポーズができずに後悔してしまっている方は、記念日のプロポーズという方法があります。

結婚記念日1年目に、おそばせながらのプロポーズを行うサプライズ方法です。

 

実は筆者も結婚記念日プロポーズを実行した体験者の一人です。

当時は忙しかったり、流れも自然だったので、特にプロポーズが出来なかったというのが本音なのですが、やはり後悔はしていました。

そんな時に友人がFACEBOOOKで結婚記念日1年目にサプライズプロポーズをしている投稿を見たのです。

 

プロポーズ-場所-旅行-ハワイ

 

 

結果としては大成功でした。

結婚記念日だったのでサプライズもしやすかったですし、1年あったので婚約指輪を購入する資金も揃っていました。

妻は特にプロポーズがなかった事に触れませんでしたが、実際には想いがあったのでしょう。非常に喜んでくれました。

やはりしっかりと言葉で伝えることや、きちんとイベントをすることって重要なんだと改めて痛感したものです。

 

この記事をご覧になっている方が、もしプロポーズをせずに結婚していたなら、おそすぎることはありません。

結婚記念日1年目だとベストですが数年、10年でも遅すぎるということはないです。

 

 

プロポーズしてほしい本音

 

プロポーズ_成功_婚約指輪_エンゲージリング

 

現代では大抵の場合、結婚するという気持ちをお互いがプロポーズ前から認識できる時代です。

同棲生活を踏んでから結婚するカップルは非常に多いですし、結婚を両家が承諾するというよりはお二人で決める時代でもあるからです。

自然と結婚への道や意識が芽生えるのは、とても素敵なことです。しかしその一方でプロポーズの必要性を薄く感じてしまいがちなのも事実です。

 

 

誕生日_プロポーズ_サプライズ_婚約指輪_エンゲージリング

 

プロポーズや婚約指輪は必要ない。

相手の彼女からそう言われたとしても、それが本音でないケースがほとんどです。

プロポーズや婚約指輪などのジュエリーという記念品があった方が嬉しいにきまっているからです。

 

筆者は長年婚約指輪や結婚指輪のコーディネートを行っていますが、よくプロポーズのご相談で彼女が指輪は不要と言っていたというエピソードをお聞きします。

しかしそれでも婚約指輪や素敵なプロポーズの必要性をおすすめしています。

 

 

 

なぜなら実際に指輪が不要と言われていても、いざ指輪選びになると満面の笑顔で選ばれる女性がほとんどだからです。

すべての方に言えることではないかもしれませんが、ほとんどが気遣いに近いです。

本音としては、プロポーズしてくれたら嬉しいし、婚約指輪もあったらなお嬉しい。という事です。

 

それに指輪である必要性はありません。婚約ネックレスだっていいわけです。

大切なのはプロポーズして相手に結婚の申し入れを正式な形で行うこと。

そしてその特別なイベントを象徴するにふさわしいプレゼントを用意することです。

 

 

ダイヤモンドで始めよう

 

婚約指輪-エンゲージリング-ダイヤモンド

 

プロポーズはとても神聖で、心温まる特別なイベントです。

ぜひ素直な気持ちと決意を相手に伝えましょう。それほど素晴らしいギフトはないのです。

 

またプロポーズされる際に、婚約指輪を用意する必要性はありません。

婚約指輪はサイズやデザインなど、結婚指輪と合わせて二人で選ぶべきだからです。

現代では指輪でのプロポーズはご法度に近いですね。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

プロポーズで結婚の第一歩を踏み出すなら、ダイヤモンドで。

ダイヤモンドプロポーズという最上の方法です。

 

婚約指輪の主役であるダイヤモンドのみでプロポーズし、後から二人でデザインを決めるという方法。

非常にストーリー性の溢れるプロポーズをすることができ、プロポーズ後もワクワクします。

指輪でなくてもネックレスなど自由にオーダーメイドできるのも、大きな魅力です。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

 

ダイヤモンドに想いをのせて。結婚の一歩を二人で踏み出す。

ぜひ素敵なプロポーズを叶えましょう。

 

ダイヤモンドプロポーズはこちらの記事へ>

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>