結婚生活を送るうえで、もう今後は奥様に何もあげませんか?

特にプロポーズや指輪をあげたことはないけれど、結婚できたし、今後は指輪も花束もあげることはない。

そんなことを言わずに、プロポーズをせず、授かり婚やなんとなく流れで結婚した男性は、「セカンドプロポーズ」を結婚記念日に行ってはどうでしょうか。

フラワージュエリー・エンゲージメントコレクションを使い、しっかりと愛する人に最高のプロポーズをしましょう。


プロポーズをしないケースもある?

 

海外旅行_プロポーズ_婚約指輪_エンゲージリング_フランス_パリ_エッフェル塔

作者名/Shutterstock.com

 

結婚をするにあたり、最近プロポーズをしなかった、されなかったカップルもいらっしゃいます。

それにはいくつかの理由があります。

授かり婚の場合は妊娠が発覚した時点ですぐに入籍をしたり、プロポーズをしなくても結婚をするのが当然の流れになっていたりして、特にプロポーズの必要がなかったというケースがあります。

また晩婚化が進み、お付き合いを始めた時点で結婚を前提として付き合うカップルも多く、プロポーズをしなくても自然と入籍したカップルもいます。

しかしプロポーズというのは女性にとっては一生に一度しか聞くことのできない、男性からの真剣な愛の告白です。

「気持ちを伝えなくても自然と結婚できていたので良いのでは?」

そう考えているのは男性だけであり、実は女性は寂しい思いをしているかもしれません。

婚約指輪_セレブ_芸能人_エンゲージリング_1カラット_ダイヤモンド

作者名/Shutterstock.com

またプロポーズ同様、婚約指輪をもらっていない女性も最近増えています。

そのときには予算がなかったりと様々な理由があります。また結婚関係の費用を少しでも抑えたいと考えるケースも同様です。

しっかりした考えにも見えますが、婚約を記念すべき美しい指輪をもらえないというのは、女性にとっては少々寂しい気もします。また婚約指輪などに代表されるダイヤモンドリングは一生モノであり、価値が損なわれない代物でもあります。

お給料3ヶ月分などののコストをかける必要はありませんが、やはり男性は大切な女性へ記念の指輪を送ってあげた方が喜ばれるでしょう。

プロポーズや婚約指輪は、結婚前が理想的ではありますが、

必ずしも結婚前にあげなくてはいけないものではありません。

結婚後に改めて大切な女性へ贈ることもおすすめです。

結婚記念日こそ、セカンドプロポーズのチャンス

 

プロポーズ_レストラン_夜景_場所_サプライズ

作者名/Shutterstock.com

 

プロポーズの言葉も婚約指輪も贈らずに、何となく結婚生活を送るようになってしまった。

そうした場合、改めて指輪のプレゼントやプロポーズをするタイミングが難しいこともあるでしょう。

そのようなときは、「結婚記念日」こそチャンスです。

結婚してから年月が経てば経つほど照れくささが出てくることもありますから、早めに準備して奥様に指輪を渡してあげることが大切です。

結婚後に改めてプロポーズすることは「セカンドプロポーズ」ともいわれており、最近では結婚式や披露宴で行われることも増えてきました。

多くの人が見ている中、ウェディングドレス姿の花嫁にセカンドプロポーズをするのはとてもロマンチックです。

しかし挙式中のセカンドプロポーズはそれこそ照れることもありますし、女性の中には二人きりの場所でプロポーズをしてほしかったと考える人もいるかもしれません。

そのようなときはやはり結婚記念日にセカンドプロポーズをするのがおすすめです。

二人の思い出の場所に行ったときに、ロマンチックなレストランや夜景の見える場所などで、「これからもよろしく」という意味も込めてセカンドプロポーズを行いましょう。

多くの女性が思いもよらぬプロポーズに驚き、喜んでくれることでしょう。

結婚生活を送っているからこそ予想がつかず、結婚前のプロポーズよりも感動してくれるかもしれません。

セカンドプロポーズを行うことで二人の関係はより深く結ばれ、今後も幸せな結婚生活を送ることができるでしょう。

フラワージュエリーを使い、最高のセカンドプロポーズを

 

プロポーズ_バラ_プレゼント_プリザーブド2

 

セカンドプロポーズの方法は人それぞれですが、そのときに忘れてはいけないのが婚約指輪です。

高級な指輪を箱に入れた状態で渡すのも素敵ですが、それだとシンプルすぎてしまうこともあります。

また、どうせなら美しい花束と一緒に渡してあげたいですが、花束は目立つため、渡す前から女性に気づかれてしまうでしょう。

そのようなときにおすすめしたいのが「フラワージュエリー」です。

これは最高級のバラをブリザード化し、そのバラの中心部に天然ダイヤモンドを埋め込んである究極の美しいジュエリーです。

高級パッケージに包まれた箱を開けると、そこには美しく濃厚なバラの花が開き、中心部には高品質な天然ダイヤモンドが輝いています。

女性なら誰でももらって嬉しい美しいバラの花と、高級ダイヤモンドを同時にプレゼントすることができます。

箱を開けた瞬間に思わずため息が出るような高級感あふれるフラワージュエリーは、セカンドプロポーズにピッタリのプレゼントといえるでしょう。

婚約指輪_ブランド_EIKA_エンゲージリング_プロポーズ_プレゼント_フラワージュエリー

フラワージュエリーにはたくさんの商品がありますが、中でもおすすめなのは婚約指輪へのリメイクサービスが付いた「エンゲージメントコレクション」です。

こちらは婚約指輪として相応しい鑑定書付ダイヤモンドがセットされており、ダイヤを包み込むバラも特別な大輪で用意されています。

箱を開けた瞬間にこれはプロポーズだ、と分かるような高級感あふれるプレゼントになります。

高級ジュエリー店にあるのと同じような高品質のダイヤモンドが用意され、もらった女性としては満足度100%のプレゼントでしょう。

フラワージュエリーならではの演出ができる

 

婚約指輪_ブランド_EIKA_えいか_エイカ_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

セカンドプロポーズにフラワージュエリーがおすすめな理由は、もらった女性が喜ぶだけでなく、その後もさまざまな工夫ができるからです。

海外でのプロポーズでは、男性は用意した婚約指輪を持って女性の前にひざまずき、プロポーズを行うシーンもあります。

成功すれば嬉しいでしょうが、用意した指輪のサイズが違っていたり、女性好みのデザインではなかったりということもあるでしょう。

しかしフラワージュエリーは、指輪に最初からアレンジされているわけではありません。

プロポーズ_プレゼント_ローズ_バラ_ボックス_サプライズ_演出

渡すのはダイヤモンドの石そのものであり、後日フラワージュエリーの店舗にて好きなジュエリーデザインへ生まれ変わらせることができるのです。

女性にとってはフラワージュエリーをもらって喜び、後日自分の好きなデザインを作りあげることでさらに喜べることになります。

もちろんフラワージュエリーは指輪だけでなく、ペンダントやブローチなどの宝飾品へのアレンジも可能です。

女性の中にはもらったダイヤモンドを指にはめるのではなく、ネックレスとして肌身離さずつけておきたい人もいるでしょう。

フラワージュエリーはそのダイヤを持つ人の希望に沿った形で美しい宝飾品へとアレンジが可能です。

フラワージュエリーを使い、今後の結婚生活に潤いを

プロポーズ_プレゼント_婚約指輪_エンゲージリング_ローズ_バラ_花

 

 

フラワージュエリーはセカンドプロポーズにピッタリといいましたが、すでにプロポーズを終えた人も、長い夫婦生活を送っている人にもおすすめできます。

プロポーズ用のフラワージュエリーは、鑑定書付きの高級ダイヤを使っていることもあり、値段も20万円以上する商品が多いです。

しかし価格を抑えた商品も多く、結婚記念日に贈るプレゼントや奥様の誕生日プレゼントとしてあげてもとても喜ばれるでしょう。

いずれも後日女性の好きなアクセサリーへと生まれ変わらせることができるので、一度のプレゼントで2回喜んでもらえることになります。

ちなみにダイヤを包み込むバラのブリザードフラワーは、大切に保管することでずっと美しさを保ちます。

ダイヤ同様に夫婦の大切な思い出のひとつになることでしょう。

フラワージュエリーは毎年のプレゼントにはもちろん、10年の節目を迎えた結婚記念日に贈ることもおすすめです。これからもよろしくという気持ちを込めて、大切な人には何度プロポーズしても喜ばれるでしょう。