最高の婚約指輪とプロポーズ

婚約指輪やプロポーズの、リアルな情報をお届け!

Category: 婚約指輪(エンゲージリング)の相場・価格 (page 1 of 8)

婚約指輪(エンゲージリング)の相場や価格の最新情報やおすすめの婚約指輪選びに関する情報をお届けします。

婚約指輪、人気だけど安さも許容範囲なクラスを知ろう

婚約指輪(エンゲージリング)はまさにピンきり。

婚約指輪はジュエリーであり、ジュエリーのクラスには上限が存在しないからです。

数万円からジュエリーを購入もできれば、数百万、数億円以上も存在します。

予算で考えるときりがないのも婚約指輪の世界。

しかし理論的に婚約指輪で選ぶべきクラスや相場は存在します。

今回の記事では、婚約指輪において相手が許容範囲と感じつつも、費用を安く抑えて人気なラインやクラス等をご紹介します。

 

Continue reading

30代におすすめな、正しい婚約指輪の相場感とは

婚約指輪(エンゲージリング)には、一定の相場があります。

結婚のホットゾーンである30代の方は、どのような相場の婚約指輪を選ばれているのでしょうか。

今回の記事では、30代の方におすすめしたい正しい婚約指輪の相場観をご紹介します。

 

Continue reading

ショッピングローンを活用して、婚約指輪を購入する方法

婚約指輪(エンゲージリング)は、高額商品でもあります。

しかし婚約指輪等のジュエリーは宝石と貴金属で構成されているため、生涯・永遠に保有し続けることが可能なだけでなく、後世へと受け継いでいけるもの。

 

ずっと持ち続けられる、金銭的価値を保持し続けられる唯一のアイテムとして、入り口は高額でも、費用対効果は高いアイテムでもあります。それらの点から、現代でも世界中で婚約記念品としては婚約指輪等のジュエリーが主流となっています。

 

しかしいざプロポーズしたり婚約となっても、平均予算で30万円以上する婚約指輪を一括で購入することが困難な場合もあるでしょう。理想は貯金から配分して購入することですが、それが困難な場合には決済サービスを活用することになります。

 

その代表例が、ショッピングローン。車などであればオートローン、住居であれば住宅ローンのように、高額商品はローンを賢く活用するのも一手です。

 

Continue reading

予算や目的に合わせて最適な婚約指輪ダイヤモンドカラットを紹介

婚約指輪、ダイヤモンドのカラットはどんなカラットにすべきか。

これはプロポーズや婚約記念品として選ぶ男性にとっても、実際に身につけて保有する女性にとっても大きな課題であり、非常に悩ましい部分でもあります。

一定の相場はありつつも、贈る人、持つ人によってライフスタイルや価値観は様々。正解なんてありません。

しかしプロのジュエリーコーディネーターによるおすすめは存在します。

もし婚約指輪のダイヤモンドカラットで悩んでしまった場合には、ぜひ参考にしてみてください。

 

Continue reading

婚約指輪のダイヤ、エクセレントカットである絶対的必要性はない

婚約指輪(エンゲージリング)は、ダイヤモンド選びと良く言われます。婚約指輪はダイヤモンドという宝石が主役のジュエリーだからです。

ダイヤモンドには4Cと呼ばれる世界共通のグレーティングシステムがあり、その価値は規格化されています。

4C、4つの指標の中でも重要視されるのが、CUT(カット)という研磨の状態について。

日本の宝石店では、カット最上位のクラスであるエクセレントカットで打ち出しているケースが非常に多いわけですが、必ずしもエクセレントカットである必要性はありません。

 

Continue reading

婚約指輪の費用対効果を、最大限に高める方法と選び方

婚約指輪(エンゲージリング)は、平均予算でも約30万円はする高級品。

そして生涯を共にし、後世へと受け継いでいく至高のプレゼントであり、婚約記念品として、世界中で大人気な指輪です。

 

そのため、せっかくプレゼントするならば、贈る側にとっても贈られる側にとっても、最大限に費用対効果が高い方法で選びたいですよね。

 

今回の記事では、婚約指輪の費用対効果を最大限に高める方法と、その具体的な選び方やプレゼント方法についてご紹介します。

 

Continue reading

0.2カラットや0.1カラットの婚約指輪はなるべく避けよう

婚約指輪といっても、そこには様々な価格帯・クラスの指輪が存在します。

無数にある婚約指輪から最適な1つを選ぶのには、最適な知識も必要です。

しかし中には本来は提案すべきではない婚約指輪があるのも事実。

その代表例が、0.2カラットや0.1カラットの婚約指輪(エンゲージリング)です。

もちろん例外もありますが、なぜ婚約指輪において0.2カラットや0.1カラットは避けるべきカラットなのかを解説します。

 

Continue reading

なぜ婚約指輪のダイヤモンドは0.3カラット未満だとだめなのか

婚約指輪の全国のおける平均予算(相場)は、約30万円。

筆者がコーディネートをしていても、ご予算は30万円前後を起点に検討されている方が、圧倒的多数になります。

しかしこれはあくまで予算感であって、実際にはカラットなど婚約指輪そのものの実力で品定めをされる傾向が強いです。

 

その中で大きな指標として検討されるのが、ダイヤモンドのカラット。

婚約指輪の主役であるダイヤモンドの大きさを指し示すカラットは、0.3カラット以上が基本的条件になります。

なぜ0.3カラット未満ではいけないのか、今回の記事ではこの点について解説をします。

 

Continue reading

婚約指輪の予算50万円周辺でおすすめな、ダイヤモンドカラット

婚約指輪(エンゲージリング)の予算。現代においては、決まった予算はありません。

しかしそこには相場が存在しており、全国で約30万円〜となっています。

最近では婚約指輪等の婚約ジュエリーに対する人気が再燃してきており、少し特別感のある婚約指輪を検討されている方が年々増えていますが、大体予算を50万円周辺で考えているケースが目立ちます。

とはいえ、宝石店やブランド等によっても販売価格は様々です。

今回の記事では婚約指輪の予算50万円周辺でおすすめな、ダイヤモンドカラットやクラスについてご紹介しましょう。

 

Continue reading

婚約指輪と結婚指輪、予算の優先順位はどちらか

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)。

この2つの指輪はブライダルリングと呼ばれ、結婚には2つのリングが存在します。

それぞれ異なる目的と指輪となっており、基本的には両方が必要な指輪。

 

しかし婚約指輪や結婚指輪を選ぶのは初めて。という方がほとんどのため、具体的に何が違って、どんな予算で、優先順位なのかを理解し辛い部分があると思います。

今回の記事では、婚約指輪と結婚指輪の違い、予算の優先順位についてご紹介します。

 

Continue reading

Older posts