最高の婚約指輪とプロポーズ

婚約指輪やプロポーズの、リアルな情報をお届け!

Category: ダイヤモンドについて (page 1 of 2)

永遠の輝き、ダイヤモンド。ダイヤモンドのクラス4Cや素材についてなど、ダイヤモンドについて詳しくご紹介します。

プロポーズで贈るダイヤモンドの魅力を知っておこう!

プロポーズをする時にダイヤモンドを贈る理由をご存知ですか?ダイヤモンドに込められた想いやその選び方を知ると、彼女へのプロポーズやダイヤモンドにより一層深い愛を感じるかもしれません。

プロポーズのサプライズ演出として美しく輝くダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪を贈る事が広く認識されています。そして、愛する彼から贈られる婚約指輪は、彼女に最高の幸せを贈れる事もまた、真実として知られています。

今回は、そんな特別な贈り物である婚約指輪を贈る理由や婚約指輪がより愛おしくなるダイヤモンドの秘密をご紹介します。

Continue reading

婚約指輪のダイヤモンドは、4Cの何から決めればいいの?

 

婚約指輪においてダイヤモンド選びは最も重要だと言っても過言ではありません。

 

4Cと呼ばれる世界基準で価値が定められているダイヤモンド。

明確に基準が定められているから決めやすい、とはいえ普段ダイヤモンドを見る機会なんてあまりないかたがほとんど。

今回は婚約指輪で贈るダイヤモンドの選び方を4Cを元にご紹介します。

 

Continue reading

婚約指輪のダイヤモンド、カットはどこからが良いのか

婚約指輪はダイヤモンドが主役の指輪。のため、婚約指輪選びはダイヤモンド選びでもあります。

ダイヤモンドには4Cという世界共通の価値基準が存在しており便利ですが、いざ選ぼうとなると悩ましい部分でもあります。

カラットはもちろんですが、見た目に影響を与えやすいカット(cut)については実際にどのクラスからが良いのでしょうか。

ご紹介します。

 

 

Continue reading

婚約指輪選び。ダイヤモンドはカラットとカットで選ぼう

彼女へ贈る婚約指輪。

婚約指輪をどのように選べばいいか悩む男性は多いのでは無いでしょうか?

 

婚約の証として彼女に贈る婚約指輪は、

主役のダイヤモンドとベースメタル(プラチナやゴールド)で構成された指輪です。

 

今回はカップルにとって特別な指輪である婚約指輪の選ぶポイントとしてダイヤモンドに注目してみたいと思います。

 

Continue reading

婚約指輪はラウンドブリリアントカットが人気

婚約指輪(エンゲージリング)は、一石で大きく価値の高いダイヤモンドが主役の指輪。

もちろんそれが絶対的なルールではありませんが、通例となっています。

なぜなら宝石の価値というのはあくまで1石の大きさやクラスで決まるため、婚約記念品として贈る婚約指輪には価値の高いダイヤモンドである必要性があるからです。

また、それを象徴的にするデザインとして、セットするダイヤモンドを主役にする。というわけです。

 

ただ、ダイヤモンドにも様々なクラスや形があります。

今回の記事では、婚約指輪のダイヤモンドとして選ぶべきダイヤモンドのカットや形についてご紹介して参りましょう。

 

Continue reading

婚約指輪、ダイヤモンドの4Cで優先すべきポイントは?

婚約指輪(エンゲージリング)選びで大切なのは、

なんといっても主役であるダイヤモンドのクラスやグレード。

婚約指輪はダイヤモンドが主役であり、価値があるダイヤモンドを贈り、

それを記念品・宝物として身につけるための手段だからです。

 

つまり良い婚約指輪を選べたかどうかは、ダイヤモンドのクラス次第であるわけで、

いくら高い婚約指輪を贈っても、ダイヤモンドのクラスが悪ければ意味がなくなってしまうわけです。

 

そうは言っても、ダイヤモンドや宝石という専門知識的な分野において、

一般の方が最良の選択肢を独断で選ぶのには非常に敷居が高いもの。

 

多くの方が担当でついたセールスマンのおすすめされるがままに購入してしまっている現実もあり、

それが全て最良の選択肢であったかどうかは定かではありません。

 

そこで今回の記事では、はじめての婚約指輪選び、ダイヤモンド選びにおいて、

優先すべきクラスや、最良の選び方をご紹介させて頂きます。

 

Continue reading

ダイヤモンドの価値は総合価値を大切にしよう。

婚約指輪(エンゲージリング)は、ダイヤモンドが主役のリングのこと。

つまり婚約指輪選びとはダイヤモンド選びに等しく、

予算に対してよりよいダイヤモンドを入手できるかが鍵となってきます。

 

この点については多くの方が誤解もしくは知らないケースが多く、

婚約指輪も最初で最後の購入が基本ですから、それでもしょうがないことです。

 

だからこそ悩みがちな婚約指輪選びなのですが、

今回の記事では、婚約指輪選びで大切なダイヤモンド選びをご紹介すると共に、

ダイヤモンドの価値を総合的に判断することの必要性についてご紹介したいと思います。

 

Continue reading

婚約指輪に使用される、ダイヤモンドのカットについて

婚約指輪を購入された方のほとんどがダイヤモンドリングを選んでいます。

 

婚約指輪の主役はダイヤモンド(宝石)ですが、

ダイヤモンドにはクラス以外に、様々な種類がある事をご存知でしょうか?

 

婚約指輪に利用される、もしくはおすすめなダイヤモンドの種類についてご紹介致します。

 

 

Continue reading

1カラットダイヤモンドの、婚約指輪。

婚約指輪の主役はダイヤモンド。

婚約指輪を贈るという事は、価値を贈る事と同様です。

ダイヤモンドの価値は、4Cと呼ばれる世界共通のグレーティング基準によって決められています。

4Cとは、

カラット(大きさ・重さ)/クラリティ(透明度)/カラー(色味)/カット(研磨)

の4つのCを総合的に評価する選定基準。

つまりカラットが高ければ(大きい)高いほど、ダイヤモンドの価値も高まります。

全国の婚約指輪平均相場は約30万円

これをダイヤモンドのカラットに当てはめると、

最多購入層(よく選ばれているカラット)は0.3カラットです。

これはあくまで全国平均の婚約指輪の相場であり、カラットですが、

昨今では1カラット以上のダイヤモンドを使用した婚約指輪が人気を集めています。

本ページでは、女性にとっても憧れである1カラットの婚約指輪についてご紹介します。

Continue reading

ダイヤモンドは4Cで決める。価値の指標を理解しよう

今回のトピックは、「ダイヤモンドのグレーティング(4C)について」です。

ダイヤモンドの物質的な内容については、以前の記事(ダイヤモンドとは?)をご覧ください。

 

ダイヤモンドのグレーティング(品位/クラス)は、世界共通の基準が定められています。ブランドによっては基準外でのこだわりを強く打出しているケースも多いですが、原則としてこの基準から逸脱する事はできません。

 

グレーティングが共通で定められている事により、メーカーはもちろん消費者に至るまで安定した価格でダイヤモンドジュエリーの供給が可能となっており、価値における信頼性をもたらしています。

 

今回の記事では、4Cと呼ばれるダイヤモンドのグレーティングについて詳しくご紹介したいと思います。

婚約指輪に最適な4Cグレードなどは、また追ってご紹介致しますので、まずは根本的な知識としてお考えください。

 

Continue reading

Older posts