最高の婚約指輪とプロポーズ

婚約指輪やプロポーズの、リアルな情報をお届け!

Category: ダイヤモンドについて (page 1 of 2)

永遠の輝き、ダイヤモンド。ダイヤモンドのクラス4Cや素材についてなど、ダイヤモンドについて詳しくご紹介します。

後悔しない婚約指輪選びとは、ダイヤモンド選びであるべき

彼女へプロポーズ、といえば婚約指輪。

多くの男性がプロポーズ前に考えるどんな婚約指輪を贈ろうか、と悩まれるはずです。

婚約指輪を選ぶ時、デザインやダイヤモンドなど様々なポイントから最適な婚約指輪選びをされることでしょう。

 

後悔しない婚約指輪を選びをするために、最も大切なのはダイヤモンド選びにあります。

今回は何故ダイヤモンド選びが婚約指輪選びにおいて大切なのかをご紹介します。

 

Continue reading

EIKAの婚約指輪で人気なダイヤモンドカラットとは?

彼女に贈る婚約指輪。

婚約の証として価値のある”婚約記念品”として宝石のダイヤモンドが輝く指輪を婚約指輪としてプロポーズの時に贈られます。

 

ダイヤモンドは4C(カラット、カット、カラー、クラリティ)という世界基準で価値が明確に決まっており、総合判断で価値や価格が変動します。

婚約指輪をプレゼントする上で、主役となるダイヤモンドを選ぶ必要があります。

 

4Cの中でも比較的誰でも判断しやすいカラット(大きさ・重さ)。

どれくらいのカラット(大きさ)が良いのか悩む男性も少なくありません。

今回は、ジュエリーブランドEIKAで婚約指輪に選ばれる人気のダイヤモンドのカラットをご紹介します

 

Continue reading

宝石店に騙されない、婚約指輪のダイヤモンドの選び方

婚約指輪(エンゲージリング)は、永遠の宝物でもある超重要な指輪。

またお二人の愛のストーリーを記憶し続ける、ストーリーテラーでもあります。

そんな大切な婚約指輪を選ぶ際には、オンラインストアなども活用できる時代になりました。

全てをオンラインで完結することもできますし、品定めだけを宝石店ですることもできます。

そして婚約指輪において重要な要素であるダイヤモンド選びは、プロの意見も大切。

しかし宝石店では婚約指輪は単価の高い重要な商品でもあるため、つい値段を優先して提案をしてしまいがち。

今回の記事では、宝石店に騙されず、しっかりしたダイヤモンドの選び方をご紹介します。

 

Continue reading

ダイヤモンドプロポーズで、見映えのあるダイヤモンドカラット

指輪よりも、ダイヤモンドプロポーズの時代になったのは少し前。

しかしダイヤモンドプロポーズは、適切な知識を持って行わないと意味がありません。

ただ安く購入したり、適当に行ってしまうと後悔に繋がります。一番多いケースが、ダイヤモンドカラットの選択ミスです。

 

ダイヤモンドプロポーズだからといって、ダイヤモンドであれば良いという訳ではありません。

ダイヤモンドプロポーズするにあたって、選ぶべきダイヤモンドカラットとは?

 

Continue reading

婚約指輪は、色石が好きでもダイヤモンドがおすすめ

婚約指輪(エンゲージリング)と言えば、ほとんどの方が透明で無垢な輝きを放つ、ダイヤモンドの指輪を想像されるでしょう。

確かに、国内でもほぼ全ての方が、ダイヤモンドの輝く指輪を婚約指輪として選ばれています。

 

しかし、これはルールではありません。

ダイヤモンド以外にも、ルビー・サファイアなど宝石は沢山ありますから、どれを選んでもいいわけです。

ダイヤモンド以外は色石と呼ばれ、個性的な色味を持つことでも知られており、それぞれにファンがいます。

 

それでも婚約指輪は、なぜダイヤモンドなのでしょうか。なぜ色石ではないでしょうか。

それらの背景をご紹介すると共に、色石が好きでもダイヤモンドの婚約指輪がおすすめな理由をご紹介します。

 

Continue reading

婚約指輪はラウンドブリリアントカットが人気

婚約指輪(エンゲージリング)は、一石で大きく価値の高いダイヤモンドが主役の指輪。

もちろんそれが絶対的なルールではありませんが、通例となっています。

なぜなら宝石の価値というのはあくまで1石の大きさやクラスで決まるため、婚約記念品として贈る婚約指輪には価値の高いダイヤモンドである必要性があるからです。

また、それを象徴的にするデザインとして、セットするダイヤモンドを主役にする。というわけです。

 

ただ、ダイヤモンドにも様々なクラスや形があります。

今回の記事では、婚約指輪のダイヤモンドとして選ぶべきダイヤモンドのカットや形についてご紹介して参りましょう。

 

Continue reading

婚約指輪における理想的なカラットを徹底検証

婚約指輪において常に議論され、常に婚約指輪を検討している方の疑問としてあるのが、カラットです。

 

ダイヤモンドが主役の指輪である婚約指輪はダイヤモンド選びであり、ダイヤモンドの大きさを決めるカラットは最も見た目の印象を左右します。

そのため、婚約指輪=何カラットなのか。という思考的な方程式が成り立っているのです。

 

しかしどこを見ても、どのブランドや宝石店のホームページを見ても、言っていることは様々です。

それは当たり前で、相手にしている顧客の収入帯やブランドイメージによって大きく変動するからです。

 

そこで今回の記事では、非常にニュートラルな目線で婚約指輪のダイヤモンドは何カラットが理想的なのかを考察してみました。

 

Continue reading

ダイヤモンドの大きさは何で選びますか?

女性の憧れダイヤモンド。プロポーズには必要なアイテム。

ダイヤモンド選びで贈られる方が悩まれる大きな部分がダイヤモンドの大きさです。

 

もちろん贈る側のご予算観と贈られる側の価値観で決めていただくのですが、その中で今回は今まで筆者が接客をさせていただいた中からお客様の声を元に何を元にダイヤモンドの大きさを決定されているのかをご紹介します。

 

Continue reading

婚約指輪とファッションジュエリーにおけるダイヤモンドの違い

婚約指輪(エンゲージリング・エンゲージメントリング)は、婚約の証として男性側から女性側へ贈られる婚約記念品です。

婚約指輪を受け取り、身につけるということは自分自身が婚約した証となります。

使途は明確ですが、婚約指輪が製品上どのような概念になるのかはあやふやになっている現代。

婚約指輪として贈るにはどのような指輪が最適なのか。

はたまた様々なクラスがあるダイヤモンドにおいて、婚約指輪として相応しいダイヤモンドとはなんなのか。

そもそも婚約指輪と他のフアッションジュエリーに代表されるダイヤモンドリングとの違いは何なのか。

今回の記事では婚約指輪に関する根本的概念について詳しくご紹介します。

 

Continue reading

婚約指輪のダイヤモンドにおける、最適な大きさについて

プロポーズされる際や、婚約が決まって婚約記念品を検討されている方は、

まず婚約指輪(エンゲージリング)を検討されるかと思います。

 

婚約指輪は婚約記念品の象徴とも言える品であり、現在においても世界中で選ばれています。

そんな婚約指輪はダイヤモンドなど宝石が主役のリングであるわけで、指輪選びでありつつも、ダイヤモンド選びとも言えます。

 

そこで多くの方がどんな大きさのダイヤモンドが良いのか判断に悩むこととなります。

今回の記事では婚約指輪を贈るにあたって相応しいダイヤモンドの大きさについてや、選び方についてご紹介します。

 

Continue reading

Older posts