緊急事態宣言が発令されたり、不要不急の外出を制限されたりなど、生活は一変しました。中でも結婚式を控えている多くのカップルが気になるのが「結婚式をしても良いのか」と言うことではないでしょうか。

自粛が要請されている中で結婚式をあげても良いのか心配になってしまいますよね。そこで今回は自粛期間に結婚式を挙げてもいいのか、他のみんなはどうしているのかについて考察します。


自粛期間に結婚式を挙げてもいいのか

プロポーズ_結婚式


自粛期間に結婚式を挙げてもいいのか不安なところですが、だからと言って結婚式を挙げてはいけないなんていうルールもありません。最も重要なのは二人の意思を尊重することです。そのかわり親族やゲストの方が安心して参加してもらえるよう感染予防対策を徹底的に行うこともまた同様に大切です。

また、コロナウイルスの影響で結婚式に参加できないゲストもいることを理解しておかねければいけません。自粛期間中に結婚式を挙げるならゲストにフォローを入れておくのが大切です。例えば、招待状に「こんな感染対策を行っているので、安心してお越しください」「このような時代でもありますので、みなさまの身体をご自愛した上で検討いただけると幸いです」などですね。

一言あるだけでも印象が違ってくるので、フォローの言葉をゲストに伝えると安心して来てもらいやすくなりますよ。


自粛期間中の結婚式…みんなはどうしてる?

プロポーズ_結婚式_演出


では、自粛期間中に結婚式の予定を決めていたカップルはどうしているのでしょうか?いくつかのケースをご紹介します。

結婚式を延期したカップルが多い

ゲストに安心して来て欲しいという思いから、結婚式の延期を決めたカップルも少なくありません。結婚式を延期する際はキャンセル料が掛からないケースも多く、もう少しコロナウイルスが落ち着いた時期に挙げようを延期を決めたようです。

結婚式を延期を決めた場合には、すぐにゲストに連絡をしなければいけません。結婚式が間近に迫っているのであれば、電話やメールなどでも大丈夫です。結婚式までまだ日があるのであれば、はがきや手紙で結婚式を延期を伝えたほうがいいでしょう。

そのまま結婚式を挙げたカップルも…

自粛期間中でもそのまま結婚式を挙げたカップルもいます。その代わり上記で説明したように、徹底的に感染予防対策を万全にして臨まれているようです。ゲストのマスク着用やアルコール消毒の設置、検温、定期的な換気、アクリル板の設置など…。感染対策が徹底的にされていることが分かれば、ゲストも参加しやすくなりますし、安心して来てもらえます。

また、中にはリモート結婚式に変更したカップルもおられるようです。リモート結婚式はオンラインツールを使用して画面越しに行うもの。感染のリスクがないので、ゲストみんなが参加しやすいと今注目を集めている結婚式スタイルの一つでもあります。リモート結婚式は事前にゲストに説明しておく必要がありますが、費用も節約できるし、みんなにしっかり晴れ姿を見てもらえるのでおすすめです。直接お披露目できないのは残念ですが、ゲストに安心して楽しんでもらうためにも検討してみるといいでしょう!

結婚式を中止したカップルも少なくない

中には泣く泣く結婚式を中止したカップルも少なくありません。最近では結婚式場にもよりますが、コロナウイルスの影響で中止する場合はキャンセル料を請求されないケースもあるようです。特に感染が拡大している地域では、自分たちだけではなくゲストの安全も考えて結婚式を中止するケースも多いようです。

中止したカップルは一時中断しただけで、コロナウイルスが落ち着いたときにもう一度開催しようと考えているカップルも多いため完全にやめると言う訳でもないようです。


結婚式はゲストを呼んで祝福してもらうイベントとも言えるため、一度結婚式を延期または中止して、コロナウイルスが収まったときに盛大に開催する方が結果的に良かったなんてケースもあります。

基本的にはカップルの意見を最重要で考えてもらいたいですが、ご両親やパートナー、ウエディングプランナーさんとも相談した上で、結婚式を開催するかどうかを決めるようにしましょう。



「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>


究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>