婚約指輪をいつからいつまでつけるのかは、女性にとっても悩むところかもしれません。男性と婚約指輪の話をした時に、男性が知識を得てくれていたとしたら女性は安心感を持つのです。

婚約指輪はいつからいつまでつけるものなのか、女性に聞かれた時の答え方をいくつかご紹介していきますね。


贈られた時から身につける

プロポーズ_成功_婚約指輪


婚約指輪のつける期間について実は決まりはなく、いつからいつまでつけていい!というものではなく基本的にはつけたい時につけてもらうのが最適なアンサーです。

このため男性から贈られた時から身につけて良いですし、つけてくれる方が男性としては嬉しい気持ちになりますよね。挙式当日に指輪の交換を行い結婚指輪をつけるカップルが多いため、結婚式の日まで毎日欠かさずつけておく女性も少なくありません。

また婚約をしてから結婚式が来るまで、期間がある場合もありますよね。このような時は結婚式を楽しみにしながら、婚約指輪をつけておくのもよいでしょう。これを女性に伝えることにより、女性は早速身につけようという気持ちになってくれるはずです。


婚約期間中はつけておくようにする

婚約指輪_デザイン_ダイヤモンド


基本的にはいつつけても全く問題ありませんが、一般的婚約指輪は婚約期間中につけるものだと考えている方も多いようです。
ファッションリングとは異なる婚約指輪だからこそ職場でつけたい女性も多く、職場などで婚約の報告を知人に伝えることができますし、婚約指輪をしているのを見て、婚約した事を祝福してもらえる場合もあります。(上司にだけ知っておいてほしいと思うような場合は、注意が必要です)

また、友達と出かける時にもつけていけば、そこでも婚約の報告をすることができます。婚約期間中というのが目で見てすぐに分かる目印でもありますから、婚約された事を報告するためにそして祝福してもらうためにも婚約期間中につけるのが通例です。


結婚してからが本番!

婚約指輪_カップル


婚約期間中にだけつけてあとはしまっておくなんてこんな勿体無い事はりません。結婚してからはお出かけの時に婚約指輪をつけます。二人でお出かけをする時や食事会など、日常の様々な場面でつけるようにする場合もあるでしょう。
何となくつけたいと思う時につけても構いません。

結婚してからの方が長いのですから、つけたい!と思う時に楽しんでもらうのが一番なのです。


結婚指輪と重ねつけして楽しもう!

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

婚約指輪と結婚指輪はどちらも左手の薬指でサイズを合わせます。
そうするとおのずと重ねつけできる方が婚約指輪をより楽しんで使えるようになります。


婚約指輪をプロポーズの時に渡し、彼女と一緒に結婚指輪を選ぶ際セットリングとしても使えるね!という話をしておけばセンスのある男性だと思う可能性が高いですし、結婚指輪との重ね付けをすることにより、さらに婚約指輪が素敵なものになるとしたら、結婚式が今からとても待ち遠しくなりますね。


いつつけるかを聞かれたら、いつつけてもいいという事を伝えた上でどんな使い方をしたいかを一緒に考える事が女性にとって何よりの回答といえます。

2人にとって最高の婚約指輪選びができますようにお祈りしています。



「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>