婚約指輪は、価値の高いダイヤモンドが主役としてセットされたダイヤモンドリング。

婚約記念品として、プレゼントされる永遠の宝物です。

しかし婚約指輪って結婚後は着用するタイミングがなかなかないのでは?という議論がよくされますが、価値の高いジュエリーは、そもそも常時着用するためのものではなく、特別な装いの時に重宝するアイテムです。

例えば真珠のネックレスなどは1つ持っておくと行事ごとの時に重宝します。価値の高いダイヤモンドリングも同じで、1つ持っておけば非常に重宝します。

ところが最近では、その活用方法も変わりつつあります。

それが婚約指輪をその時のライフスタイルに合わせて、リメイク・リフォームしていき、着用機会を増やして、どんどん楽しんでいこうという方法です。

着用機会が増えれば、確かにプレゼントした甲斐もありますし、何より美しいダイヤモンドジュエリーを身にまとえることは喜びが増えることにもなります。

今回の記事では、婚約指輪をリメイク・リフォームし続けて、常に最適な状態で持ち続ける方法をご紹介します。

 

Continue reading