プロポーズに大人気の定番プレゼントといえば、婚約指輪。

彼女に贈る婚約指輪えらびには多くの男性が悩む事でしょう。
星の数ほどある婚約指輪の中から、みなさんはどのように選んでいるのでしょうか。

今回は、婚約指輪の選び方について考察してみました。


カップルによって婚約指輪の選び方は様々。

婚約指輪_選ぶ



彼女に内緒で婚約指輪を選ぶ方もいれば、彼女と一緒に婚約指輪を選ぶ方もおられるので、こんな事を言っては何ですが、カップルによって婚約指輪選びの方法は様々です。

しかし、彼女に内緒でも彼女と一緒に婚約指輪を選ぶとしても、選び方に大きな差はありません。

早速、婚約指輪の選び方についてご紹介していきます。


その1:予算

婚約指輪_予算_価格


女性に比べると男性はジュエリーを着けたり見に行ったりする機会が少ないので、婚約指輪をプレゼントしたくても「基準」が分からないためどんな婚約指輪を選べばいいのか悩んでしまうのです。

婚約指輪の平均価格は一般的に20〜30万円と言われています。
何から手をつければいいのか分からない方は、まず予算感から婚約指輪を選んでみるのも正しい選び方です。


その2:ブランド(ショップ)選び

婚約指輪-ブランド-ジュエリー-エンゲージリング


一生に一度の憧れの婚約指輪だからこそハイブランドの婚約指輪を選ぶのも素敵ですし、このショップにしかない特別なサービスに惹かれてお店を選んでもいいでしょう。

婚約指輪はこのブランド(ショップ)で贈りたいというのも、婚約指輪を選ぶための方法の一つです。


その3:指輪?ダイヤモンド?どちらで贈るか

白_薔薇_バラ_ローズ_プロポーズ_サプライズ


婚約指輪でプロポーズすることが通例ではありますが、最近ではダイヤモンドプロポーズと呼ばれる素材(ダイヤモンド)でプロポーズしデザイン選びは彼女に委ねるというプロポーズギフトも人気です。

相手の指のサイズなどが明確であれば婚約指輪を選んでもいいでしょうし、サプライズプロポーズを計画していたり、相手の好きな婚約指輪のイメージが湧かずに困っている男性などは、ダイヤモンドプロポーズを選ぶのも方法の一つです。


関連記事:
パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>


その4:ダイヤモンドグレード

ダイヤモンド-原石-カット-研磨


婚約指輪は婚約した事を証明する証。
指輪の主役である美しく価値あるダイヤモンドから婚約指輪を選ぶというのも素敵な選び方です。

4C(カラット・カット・カラー・クラリティ)と呼ばれるダイヤモンドグレードの総合評価によって美しさはもちろん価値・価格は変動します。

ダイヤモンドを軸にジュエリーを探すなんて、こんな時でなければ体験できない事なのでこの機会に挑戦してみるのも楽しいかもしれませんね。


その5:デザインから選ぶ

EIKA_EC_理想のリングへリメイク


彼女からリクエストされていたり、彼がプレゼントしたいデザイン、ハイブランドオリジナルデザイン。
主役となるダイヤモンドを強調させたり、手元全体を美しく飾る華やかなデザインまで婚約指輪には様々なデザインが展開されています。

婚約指輪は基本的にソリテール・ウェーブ・サイドストーン・エタニティ、4つの基本となるパターンがあり、派生的にデザインが展開されています。

彼がサプライズでプレゼントする場合はもちろん、彼女と一緒に婚約指輪を選ぶ際にも基本的なパターンが頭に入っていると彼女にアドバイスしやすくなります。


その6:時にはフィーリングで選ぶ

婚約指輪_デザイン_選ぶ_カップル


婚約指輪選びについての方法をいくつかご紹介しましたが、吟味した結果どうしても決めきれない時には「何となく気になる」といったような明確な理由がない事もあるでしょう。

ギリギリまで悩んで吟味した結果ですから、どのような婚約指輪を選んだとしても決して後悔することはありません。
理由が欲しい方もいるかもしれませんが、時にはフィーリングで決めるもの、正しい選び方なのです。



男性が婚約指輪をどのように選んでいるのかについて、今回はいくつか考察して見ましたがいかがだったでしょうか。

彼女に喜んでもらえること、婚約の証として相応しいプレゼントである事を意識して最高の婚約指輪を選んで頂ければ幸いです。





「合わせてオススメしたい記事」


パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>


究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>