プロポーズプレゼントは、生涯の記憶に残り続ける、人生の中でも際立って重要なプレゼントの1つ。

毎年やってくる誕生日や記念日ももちろん特別ではありますが、プロポーズは基本的に1度きりですから、特別感の次元が違います。

何事も金銭的な物差しで推し量るものではありませんが、金銭的価値とは対価です。特別なものには特別な対価が前提となるのも事実。

プロポーズプレゼントを安物で済ませてしまうのは絶対にやめましょう。そして生涯の記念品として残り続けるに値するもので検討する方がベストです。


安物で贈るのはデメリットしかない

安物=駄目というわけではありません。
その物が金銭的対価では一般的に安いものであっても、二人にとって相手にとっては特別である物も確かに存在します。

二人にとって思い出のなにかが詰まった、もしくは回想されるアイテムだったり、物を通して事が色濃く感じられるようなものたちです。

しかしこれらは稀有なアイテムですし、プロポーズに敢えて選ばなくてはならないものでもありません。

基本的にプロポーズを金銭的に安価なものですませるのは、双方にとってデメリットばかりといえます。

まずお金というのはあくまで対価です。特別なものとして保証されていればいるほど商品は高価になります。つまり基本的に安いということは、特別なものでは一般的にないものをさします。日用品は安いですよね、日々消費するものだからです。

しかしプロポーズのプレゼントは一生涯保有し続けることを前提としますから、商品そのものが特別な素材でできていたり、価値をまとっていなくては前提的に成り立ちません。

安価なプロポーズプレゼントにしてしまうことで、生涯の宝物を敢えて失う選択をするのは、二人にとって良い選択肢では基本的にありません。

プロポーズプレゼントは周囲へのお披露目でもある

そもそもプロポーズのプレゼントは、彼女や贈る方自身の周囲にいらっしゃる方々へのお披露目としての機能も持っています。

プロポーズ後は、当然ながら結婚への流れとなり、色々と周囲に報告したり共有することとなりますが、必ずプロポーズのプレゼントはなんだったの?どんなものをもらったの?贈ったの?という会話になります。

安価なものをプロポーズプレゼントして彼女はその時は喜んでくれたとしても、その後に相手に少しでも気まずい思いをさせてしまってはいけませんし、それは結局として優れたプレゼントとして成立していないことになります。

よくあるのがお花だけのプレゼント。お花はメッセージに近いので、主役のプレゼントとしてはあまり機能しません。枯れてしまいますしね。

あと玩具の指輪なんて論外ですし、安すぎるアクセサリーであればすぐに劣化してしまうので、贈るメリットそのものが消失します。

ジュエリーは優れてるから選ばれている

婚約指輪-ショップ-お店-宝石店

プロポーズプレゼントの代名詞といえば、婚約指輪。婚約指輪はダイヤモンドジュエリーです。正確には、生涯保有するに相応しい価値をまとったダイヤモンドのリング。

そもそも婚約指輪等のジュエリーはプロポーズプレゼント(婚約記念品)として優れているから、選ばれている背景があります。実際に現在でもほとんどの方が婚約記念品を婚約指輪等のダイヤモンドジュエリーで選ばれているのですが、それにはちゃんと理由があります。

ダイヤモンド_婚約指輪


まずその価値。婚約指輪はプラチナやゴールド等の貴金属とダイヤモンドという宝石の2つで作られており、そのどちらも現金と同様に世界中で価値がある素材です。いつでも現金化できますし、価値をずっと保有することができます。価値がちゃんと保証されているからこその、大きなメリットです。

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド


続いて再活用性。ジュエリーの貴金属は何回でも再精錬されましし、宝石も同様に再活用し続けることができます。なんと貴金属や宝石には中古の概念がありません。故意に破壊しなければ、宝石はずっと美しく輝きます。貴金属は再精錬すれば、新品の貴金属へと何回でも生まれ変わります。将来形を変えるリメイクなどができるジュエリーは、とても活用性の高いアイテムです。

婚約指輪_ダイヤモンド_手


さらにその大きさとファッション性です。ジュエリーは小さな作品なので、保有し続けることが苦になりません。非常に便利です。さらに身につけて楽しむことができるため、ファッション性としての活用性がとても高いです。

これらのようにメリットが非常に高く、最適な商品だからこそ、婚約指輪等のダイヤモンドジュエリーは、婚約記念品として、プロポーズプレゼントとして選ばれてきたのです。

入り口は高額かもしれませんが、生涯を踏まえてのコストパフォマンスは最も優れているんですね。

婚約指輪はプロポーズにはNG

プロポーズ-失敗-サプライズ

過去にはプロポーズ=婚約指輪というもので、人気を博していましたが、現在はむしろこちらもNGです。

先述の通り、婚約指輪はあくまで婚約記念品として非常に人気ではありますが、プロポーズプレゼントとなると訳が変わります。婚約指輪だと当然ですが、サイズにデザインの概念が発生するためです。

サプライズでプロポーズするのに、サイズやデザインなど知ることは不可能です。相手も完璧なものなど実際に検討してみないとわかりませんし、婚約指輪はそのそも一緒に決めることが前提です。

ダイヤモンド_ルース_輝き


そこで最近では、ダイヤモンドプロポーズが主力に。
婚約指輪等の主役であるダイヤモンド素材のみでプロポーズを行い、あとから二人で好きなデザインをオーダーメイドで叶えるという方法。

ジュエリー_デザイン_リメイク


一石二鳥ですし、何よりサプライズも理想の婚約指輪も叶えられるというスマートな方法が女性にも大人気。完成した完璧な指輪で、二回目のサプライズ!なんて方法も生まれています。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー



男性にとっても、失敗する金銭的リスクもないですから、堂々とプレゼントできますよ。

ダイヤモンドプロポーズ記事はこちら>

プロポーズプレゼントは、二人にとっても生涯の思い出となり、保有し続けることに意味がある特別なプレゼントです。

ぜひ一切妥協せず、無理はしない範囲でなるべく予算を最適な形でかけるようにしましょう。最後に、決して予算で無理のしすぎは禁物ですからね。ぜひ理想のプロポーズを叶えていただければ幸いです。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>