プロポーズに成功するかしないか以外のリスクなんて一切不要です。
特に婚約指輪でのプロポーズは、余計なリスクを増やすだけで、双方にメリットはない代表例です。

そこで登場し今やスタンダードになりつつある方法が、ダイヤモンドプロポーズ。なぜダイヤモンドプロポーズはリスクがないのか。ノーリスクな理由をご紹介します。


相手にもリスクを与える、指輪でプロポーズ

失敗_プロポーズ

そもそも婚約指輪でプロポーズすることが、プロポーズをする側だけでなく、相手である彼女にもリスクを与えてしまうことなのをご存知でしょうか?

これは指輪でのプロポーズに憧れる女性も盲目的になってしまうポイントにもなるので、注意が必要です。

そのリスクとは、自分が本来選ぶべきはずだったデザインやスタイルを選ぶ機会を損失してしまうこと。

リスクというより、婚約指輪でプロポーズすれば100%おこってしまうことです。

指輪でプロポーズする演出なんかより、こっちの方が遥かに本人にとって重要な現実を、なぜかジュエリー業界は隠したがりますが、これが揺るぎない事実。

指輪は必ず二人で選びましょうね。お互いにリスクが起こる方法など採用する意味がありません。

素材から贈れるから、ノーリスク

ダイヤモンド_プロポーズ_ローズ_ピンク

婚約指輪の主役であるダイヤモンド素材のみでプロポーズする、ダイヤモンドプロポーズ。

素材からスタートできるので、ノーリスクなんです。
もともとあったリスクとは、前項のような機会損失以外に、指輪のサイズやデザインの失敗がありました。

しかし素材からスタートすれば、こういったリスクは全てなくなります。
ダイヤモンドのみなので、サイズという概念もなければ、デザインという概念もないからです。

これら全てプロポーズ成功後に決めるので、ノーリスクなんですね。

万が一プロポーズ自体が失敗しても安心

ダイヤモンド_ダイヤモンドプロポーズ

ダイヤモンドプロポーズは、万が一プロポーズそのものが失敗してしまっても、安心です。もちろんプロポーズが失敗することのダメージは大きいかもしれませんが、そこから商品・金銭面でのリスクまで拡大してしまっては、よくありません。それらを踏まえて検討することは、とても正しいことだと思います。

なぜ安心なのか。それは、前項と共通して、まだ素材だからです。
ダイヤモンドには劣化が起こりません(故意によるものを除けば)ので、次のチャンスに活かせるからです。

指輪という形になってしまうと、保有し続けるのは困難になります。次にプロポーズする方のサイズなども変わってしまいますし、何より印象がよくないかと。

しかしあくまでダイヤモンドプロポーズはダイヤモンド素材を保有している状態なので、そのまま保管しておけます。

またダイヤモンド素材状態なので、売却による差額も完成品より軽減できます。(とはいえ、基本売却はおすすめしません)

またどうしても新しいものにかえたいならば、購入したお店で同じクラスくらいのダイヤモンドに交換してもらうこともできるかもしれません。

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー


ダイヤモンドプロポーズは、贈る側にとっても相手にとっても非常に優しく、優れた方法なのです。

何事にも100%の成功などありません。プロポーズは英語でproposal(提案する)という意味の通り、まだ確約ではありません。

しかし優れた方法を活用し、リスクを軽減させることによって、今後の活用性を飛躍的に高めることができますね。

指輪でプロポーズせず、ダイヤモンドで。これはもはやルールといっても過言ではない方法といえるでしょう。


「合わせてオススメしたい記事」


パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>