同棲を経てから、結婚。現代では当たり前の流れにもなっています。

一昔前までは、結婚前に同棲することはネガティブな印象としてとらえられていましたが、現在は違います。

むしろ結婚前に一緒に住むことで相性が確認できるなどの利点が大きいため、結婚する前に同棲することの方が良い印象に。

しかし同棲をしていると、プロポーズしたくてもサプライズがし辛いという状態に陥りやすいのが難点。

特にプロポーズプレゼントの準備、保管をどうしようか悩んでしまう方も少なくありません。

 

同棲中でも彼女にばれずにプロポーズプレゼントを準備する方法や、保管方法、おすすめプレゼントについてご紹介します。

 


 

下手に聞くのは絶対に避けよう

 

プロポーズ-自宅-場所

 

同棲中の彼女に、つい身近にいるからといって、婚約指輪ってどう??とかどんなのが理想??とか、指輪のサイズってどんなもの??

と質問をしてしまうケースがありますが、絶対に避けましょう。

さりげなく聞いてばれていないつもりになっても、そんなトピックが上がれば、確実にプロポーズされることがばれます。

同棲中だからこそ、彼女もより一層サプライズに憧れている場合も多いため、下手に質問したりするのは絶対にやめた方がいいです。

 

また、下手にプロポーズプレゼントや婚約指輪等について聞いてしまうと、つい彼女も「要らない」と答えてしまいがち。

ある程度高額品なので、当然といえば当然のリアクション。本音は欲しくても、気を使って不要と言ってしまう方の方が圧倒的に多いです。

それを鵜呑みにしてしまうと本末転倒な結果となります。

 

そもそもギフトは必要有無を相手に確認するものではありません。

ギフトとは気持ちの表現だからです。

 

つい指輪のサイズ等について聞きたくなる気持ちは理解できますが、やめましょう。

それに指輪のサイズや好みのデザインを聞いたところで、彼女も正確なことは分かりません。

意味のない情報を吸い出すと、状況は悪化するだけです。

 

 

プロポーズ実行のギリギリに手元へ。

 

プロポーズ-サプライズ-自宅

 

プロポーズをい段取り良くすることは非常に素晴らしいですが、段取りが良すぎてプロポーズプレゼントを自宅で保管する時間が長いのも良くありません。

同棲中だと、プレゼントを発見されてしまう可能性があるからです。

 

出来る限り、プロポーズ実行ギリギリのタイミングで手元に入手するようにしてください。

理想はプロポーズ実行日の当日か前日です。

もしくは家でプロポーズではなく、レストランやホテル、旅行先などでのプロポーズであれば、購入したお店から直接配送してもらう手段もおすすめです。

 

しかし勘違いしてはいけないのが、手配は時間に余裕をもって前もってしましょう。ということ。

プロポーズ直前のオーダーは品切れや、納期が間に合わなくなる可能性が高くなるので、本末転倒です。

 

オーダーは前もって済ませておき、お店に取り置いてもらうなどの方法を取りましょう。

 

またもう一つのおすすめ保管方法としては、配送業者の営業所に留め置いてもらっておく方法。

購入したお店(オンラインショップでも実店舗でも)から自宅近辺など希望の営業所宛に発送してもらい、保管。

自分の都合の良いタイミングで受け取りにいく。という方法です。

 

注意点としては、保管期限と身分証明。

営業所もずっと保管してくれるわけではなく、1週間あたりが限度のため、注意しましょう。

また受け取りには身分証明が必要となるので、しっかりと準備していきましょう。

当然ですが荷物番号や購入店などから事前に入手しておきましょうね。

 

 

ダイヤから手配する、後から二人でデザインを

 

ジュエリーデザイン

 

 

肝心なプロポーズプレゼントの内容ですが、これは同棲中といったシチュエーションに関係なく、ダイヤモンドプロポーズがおすすめです。

婚約指輪でもネックレスでも同様ですが、ジュエリーの主役は宝石、ダイヤモンドにあるからです。

主役のダイヤモンドの素材からプロポーズプレゼントすれば、サイズや好みなど気にせずに済むため、余計なリサーチも不要になります。

成功したら、ダイヤモンドからオーダーメイドで理想の形を叶えます。

 

もちろんプロポーズプレゼントとしては、花や花束、その他ギフトも候補としてはありますが、生涯持ち続けられて、価値も伴うジュエリー以上の選択肢は基本的に皆無と考えた方が良いです。

多少値がはってもコストパフォマンスが優れているのもジュエリーです。またダイヤモンドジュエリー自体は、10万円台からでも鑑定書クラスで手配ができます。

ファッションジュエリータイプなら、EIKAだと3万円台からオーダーメイドジュエリー権利がついて手配もできます。鑑定書クラスなら、10万円台から。

 

同棲している=二人で既に協力して生活している。

だからこそ、ダイヤモンド素材からプロポーズプレゼントして、二人で形を決めようというプレゼンテーションにする。

よりサプライズに想いの伝わるプロポーズプレゼントを叶えることができますね。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

 

EIKAのフラワージュエリーなら、二人が同棲している我が家でもサプライズにプロポーズを演出。

バラとダイヤモンドの組み合わせだけでなく、初回のオーダーメイドサービスも基本無料で提供されるため、面倒なこともありません。

 

 

EIKAフラワージュエリーページはこちらです>

 

 

同棲中のプロポーズ。

相手に余計な質問はしない。

プレゼントはギリギリに手元に置く。

プレゼントはダイヤモンド素材からプレゼントして、後からオーダーメイドする。

この段取りにすれば、完璧なサプライズプロポーズを叶えることができるでしょう。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

 


究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>