自分より年上の彼女へとプロポーズ。

カップルで同じような思考や価値観を持ってたとしても、3.40代へと年を重ねるにつれて、周囲の環境も変わってきたり、ジュエリーなどの価値ある宝石に対する考え方も少しずつ変化していきます。

例えば、安価なアクセサリーもいいけど本物のジュエリーも素敵と言った具合です。

今回は、年上の彼女へプロポーズ為に婚約指輪を選ぶポイントをご紹介しながら、人気のプロポーズギフトをご紹介します。

 


 

ポイント①選ぶ基準をはっきりする。

 

婚約指輪_プロポーズ

 

相手のことを考えて好きそうなデザインで婚約指輪を探そう。。。と思っていても、

装飾品を身に付けることの少ない男性にとって、そもそも婚約指輪をどの様に選んで良いのか分からない場合も少なくありません。

価値と美しさの象徴である婚約指輪の主役のダイヤモンドをどの様にみせたいかをはっきりさせるということが彼女へ贈る婚約指輪を選ぶ大切なポイントです。

 

・視認性

・総合評価

・全体構造

 

この3つのバランスをどの様にするかによって婚約指輪の選ぶ基準が大きく変わってきます。

では詳しく見ていきましょう。

 

 

ポイント②ダイヤモンドのカラットから選ぶ

 

婚約指輪_エンゲージリング_ソリテール_ソリティア_着用_ダイヤモンドリング

 

まずは、婚約指輪の主役であるダイヤモンドのカラットから選んで行きましょう。

 

視認性:婚約指輪を身に着けた時に、主役のダイヤモンドが主張されている事。

総合評価:主役のダイヤモンドの大きさに対して優れた総合価値を有している事。

 

 

婚約指輪を身に着けた時に主役のダイヤモンドが小さいと、ファッションジュエリーと勘違いされてしまったり、価値ある贈り物という印象が弱くなってしまいます。

 

ダイヤモンド_4C

 

又、ダイヤモンドは4C(カラット・カラー・カット・クラリティ)と呼ばれる基準があり、主役のダイヤモンドのカラット(大きさ・重さ)に対して”婚約”という特別な約束の証として相応しい価値であることが大切です。(0.3カラット・Iカラー・VERYGOOD・SIクラス以上)

 

 

EIKA_FJEC_カラット比較

<0.3・0.5・0.7・1ct>

 

一般的には0.3カラットのダイヤモンドが婚約指輪には使われていますが、冒頭でご紹介した3つのバランスのピークを迎えるのは0.5カラットだったり、ダイヤモンドの視認性と総合評価を傾倒させるなら0.7カラット、最高の選択をするなら1カラット以上がオススメとなります。

 

 

 

ポイント③ジュエリーデザインから選ぶ

 

EIKA_EC_理想のリングへリメイク

 

ダイヤモンドのカラットが決まった後は、婚約指輪のデザインを決めます。
全体構造:主役のダイヤモンドの大きさに応じてバランスの良い造形である事。

 

主役のダイヤモンドを身に付ける為に指輪のデザインを選ぶわけすから、ダイヤモンドのカラットに合わせた最適なバランスであることが大切です。
婚約指輪を贈る場合、最も難しいのが婚約指輪のデザイン選びです。

相手の好みやライフスタイルによって無数とも言えるデザインの中から選ぶことになります。

 

平均価格30万円の高価な婚約指輪を彼一人で選ぶのは正直、オススメ出来ません。

「彼女が喜ぶ婚約指輪」が本当にこの指輪なのかわからないまま購入するにはリスクが高すぎるからです。

 

 

EIKA_婚約指輪_EC1030_0.3

オリジナル感のあるローズリング

 

30代・40代になってくると周囲の友人や先輩がジュエリーをつけている事も多く、華やかなデザインが良かったり、あえて婚約指輪らしさを抑えたファッション性のある婚約指輪デザインをえらんだり、毎日つけられる方が嬉しいからと婚約ネックレスが良いという声もあります。

 

婚約指輪のデザインは2人で選ぶのが最適の方法と言えます。

 

 

 

ダイヤモンドプロポーズがオススメ

 

プロポーズ_ダイヤモンドプロポーズ_ダイヤモンド

 

主役のダイヤモンドだけで彼女へとプロポーズし、あとから彼女と一緒に婚約指輪のデザインを選ぶことができる、ダイヤモンドプロポーズはおすすめです。

サプライズプロポーズを叶える事ができるので最近では主流のプロポーズギフトとなっています。

 

 

 

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

枯れないバラとダイヤモンドで華やかなプロポーズを叶えられるEIKAフラワージュエリー・エンゲージメントコレクションは、ダイヤモンドグレードのみで価格が設定されており、初回無料でリメイクができるので彼女の理想とする婚約指輪を叶えることが出来ます。

EIKAフラワージュエリーエンゲージメントコレクション>

 

 

 

又、フルオーダーにも対応している為、こだわり抜いた婚約指輪を作り上げることも出来ます。

高級志向の年上の彼女の場合、ハイブランドの婚約指輪を検討されているかもしれません。

しかし、フルオーダーでオンリーワンの婚約指輪を叶えられるなら、ハイブランドとも引けを取らないオリジナル感を演出することも出来ます。

結婚指輪に憧れのハイブランドを選べば究極のブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)を叶える事もできるのではないでしょうか。

 


 

 

年を重ねるに連れて自分のこだわりや好みもはっきりしてくる傾向にあります。

婚約指輪という特別なジュエリーだからこそ、妥協したくないという方も少なくありません。

彼女が本当にほしいと思う婚約指輪を叶えられるプレゼントの参考に是非してみてくださいね。

 

 

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>
究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>