婚約指輪と言っても、そのクラスもデザイン性もピンきりで多種多様に広がります。

そして婚約指輪はダイヤモンドという宝石と貴金属によって構成されるため、デザインによってかかるコストが大幅に変動し、結果として価格も大きく変わります。

当然ではあるのですが、電子機器が機能によって価格が異なるのと異なり、デザインによって価格が変わってしまうことはネガティブなポイントになっています。

欲しいデザイン、理想のデザイン、リクエストされたデザインがあっても、それが予算を上回ってしまう婚約指輪のデザインやクラスであることが多いからです。

選びたくても選べないから、妥協したデザインで選ばれている人は、非常に多いです。一生に一度、生涯の宝物となる婚約指輪ですから、そんな妥協は一生の後悔に繋がるかもしれません。

そこでご紹介したいのが、世界で初めて統一価格を実現した、EIKAの婚約指輪コレクション。

なぜそれが実現したのか、なぜ統一価格にしたのか、詳しくご紹介したいと思います。

 


婚約指輪の価格差について

婚約指輪_予算_価格

 

 

婚約指輪は、価格の幅が非常に広いわけですが、まずその前提となる理由や要素からご紹介をしましょう。

婚約指輪のコスト(原価)は、価値の高い主役のダイヤモンド(センターストーン)と、貴金属、その他素材(追加ダイヤモンド等)、製作費で成立します。

そしてコストの大部分を主役のダイヤモンドや貴金属などの素材費が占めます。

婚約指輪はジュエリーですが、ジュエリーを構成する宝石や貴金属は世界通貨のように価値が世界中で共通しており、その相場も変動しています。

貴金属の相場が上がれば、婚約指輪の価格も上がります。宝石も然りです。

しかしダイヤモンドの価値は大きな変動は余り起こりません。(円が比較的安定している通貨なことにも起因しています)

貴金属(ゴールドやプラチナ)の相場は変動幅が激しかったりしますが、ジュエリー使う貴金属の重量は大した量ではないため、余り気にする部分でもありません。

つまりよほどの事が無い限り、ジュエリーの素材費が変動したとしても、婚約指輪そのものの価格が大幅に変わることはありません。(同じデザインの場合)

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンドリング_エタニティ_フルエタニティ

 

婚約指輪の価格が大幅にデザインによって変わるのは、宝石の数が沢山使われていたり、主役のダイヤモンドの価値が高かったり、貴金属の素材がより沢山使用されることによって起こります。

 

婚約指輪-ダイヤモンド-プロポーズ-エンゲージリング-カラット-0.7

 

特に主役のダイヤモンドのクラスが最も価格に影響します。婚約指輪のダイヤモンドは、相場で0.3カラット30万円ほどから、1カラットで100万、1000万、2カラットで数千万と、上限がないからです。

またデザインが重厚になったり複雑になったり、素材の使用量が増えるほど、価格も変動していきます。

婚約指輪_ソリテール_EC1019

こちらのシンプルなソリテールリングが、0.3カラットで30万円だったとします。

EC1002 _EIKA_婚約指輪_エタニティリング

こちらの贅沢なエタニティリングは、同じ0.3カラットで50万円以上になったりします。

もちろん販売価格は各ジュエリーブランドや宝石店に委ねられているため、販売場所の時点で変動する要素でもありますが、必然的に価格差はデザインごとに大幅に発生するわけです。

高級ブランドとなると、ブランディングに費やす費用やその他各種オプショナルコストが膨大になるため、価格も一層高くなり、デザイン間の価格差も幅が大きくなります。

 

実は妥協している人が過半数

 

 

現代では、指輪でプロポーズはせず、二人でデザインを宝石店やジュエリーブランドのサロンで決めることが通例です。当たり前ですが、最適なサイズや理想のデザインが本人にとっても不確定要素だからです。

しかし二人で選べば、完璧かというと現実はそうではない実情があります。

EIKAが婚約指輪を購入された既婚女性500名をアンケートを行ったところ、下記のような結果となりました。

 

「質問」

宝石店で理想のデザインを選べたか。

 

「回答」

・妥協なく選べた(173名)

・かなり妥協して選んだ(101名)

・少し妥協して選んだ(226名)

 

実に過半数以上の女性が、かなり妥協したか少し妥協して選んだという結果になりました。

理由として多かったのは、下記のような理由です。

 

・予算の関係で理想のデザインが選べなかった

・理想のデザインがなかったから

 

つまり多くのカップルが予算都合で理想のデザインを選べず、妥協して選んでしまったという理由を持っていたわけです。

 

さらに深い理由としては、

 

・実は妥協したけれど、表には出さなかった。

・価格を聞いて、選びたいデザインではないものを選んでしまった。

 

という内容です。つまり購入者である彼は彼女が理想のデザインを選べたと思っているわけです。

婚約指輪は高級品、相手が予算を握っている以上、気を遣ってしまうのは当然の結果といえるでしょう。

世界初の統一価格の恩恵

 

 

そこでEIKAは婚約指輪の販売開始と共に、世界初の価格で提供を開始しました。

それが、統一価格で婚約指輪を提供するというサービスです。

 

EIKA_FJEC_ソリテールデザイン

 

シンプルなソリテール婚約指輪たちも。

 

EIKA_FJEC_サイドストーンデザイン

 

贅沢なサイドストーンリングたちも。

 

 

壮麗なエタニティリングたちも。

すべて同じ価格。主役のダイヤモンドだけを予算に合わせて選べば、デザインは自由に統一価格で選ぶことができます。

 

当然ですが、贅沢なデザインほどコストはかかっています。

しかし最小コストであるリングに合わせて婚約指輪の価格を統一価格として設定しています。

 

これを可能とした理由は下記の通りです。

 

統一価格にすることで、贅沢さなどの理由ではなく、心から好きなデザインを選ぶことができる。

 

上記1によって、年間で贅沢なデザインを選ぶ方は約3割という実績データがある。

 

1と2の理由から、統一価格にしても最低限の利益を得ることができる。

 

平均的な宝石店やジュエリーブランドの利益率よりは大幅に下がるが、このサービスがプロモーションとなるため、設定を可能にした。

 

さらに婚約指輪は生涯お付き合いしていく商品のため、今後のアフターサービス、修理、リメイクやリフォームなどによって同じ顧客とずっとお付き合いしていくことができるため、最初の販売時の利益率を下げてもメリットがある。

 

つまりEIKAの婚約指輪など商品のすべては、従来の原価から利益率を逆算して算出した販売価格ではなく、様々な要素を踏まえて広い概念からプライスの設計をしているため、統一価格を実現できたわけです。

 

社内でも賛否両論となった統一価格ではありましたが、結果としてお客様に大きな恩恵をもたらしたことから、大好評となりました。

 

ただ販売することによる利益率だけを目的としないことで、お客様にとっても、EIKAにとっても大きなメリットがおこったわけです。

 

そのため値引き合戦が起こっているジュエリー市場において、EIKAは一切の値引きサービスを行うことなく(正確にはできない)、より素晴らしい婚約指輪の提供を可能にしました。

ただ利益を追求するだけがビジネスではなく、ジュエリーの販売でもない。

その哲学は、今やEIKAにとって大きな指針となっています。

 

 

素材はすべて世界一流

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_バラ_ローズ_デザイン

 

またこちらも当然ですが、EIKAの婚約指輪に使用されている素材は世界一流の素材のみを採用しています。

そしてこの概念は婚約指輪本体だけでなく、パッケージやそれを包むリボン、鑑定書などあらゆる素材に同一のルールを設けています。

 

婚約指輪-ダイヤモンド-プロポーズ-エンゲージリング-カラット-0.7

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

ダイヤモンドは、無色透明で優れたカットが施された、世界中どの鑑定士が眺めても素晴らしいダイヤモンドのみ。

そしてそれらの価値は、鑑定書によって保証されています。(鑑定書はG.I.Aもしくは中央宝石研究所のいずれかを採用)

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-プラチナ-素材

 

指輪の基礎でもある金属素材は、プラチナ純度95%の高純度プラチナ。

もしくは、ゴールド素材の場合は高純度K18の貴金属素材を採用しています。

巷ではプラチナ100%などと打ち出しているケースがありますが、加工のしづらさなども含めると、良い選択ではないとEIKAは考えています。実質的な価値の差もほとんど皆無ですので。

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_箱_パッケージ

 

パッケージは東京・白金で100年以上続く工房で1つ1つ職人がハンドメイドしています。

さらにパッケージを包むリボンは、世界最高級のフランス製パフュームリボンを特注して採用。

1年以上良質な香りが続きます。

 

ジュエリーメイキング_婚約指輪_製作工程

 

もちろんですが、アフターサービスはすべてを提供。保証も充実しています。

サイズ直しなども無料で提供しています。(初回)

さらにEIKAのアフターサービスは、オンラインから全国へ提供しています。

店頭では、贅沢な空間でお楽しみ頂きながらすべてのサービスを提供。

 

 

フルオーダーも提供、リメイクも

 

 

EIKAは、自社で工場を保有しているため、フルオーダーなどオリジナルでのデザインにもすべて対応しています。

コレクションからカスタマイズしたり、完全オリジナルなども、ブランドジュエリーとしては初の柔軟性をもたせています。

 

またフルオーダー等になっても特に追加費用はかかりません。

特殊なデザインによっては費用を頂戴する場合もありますが、内部でCGの作成なども行えるため、ほとんどのケースで費用は発生しません。

 

婚約指輪_結婚指輪_重ねづけ

 

またイメージCGのデータは全国どこへでもデータ提供ができるため、来店せずにオーダーを完結することも可能。

デザイナーとのテレフォン会議なども可能です。

 

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド-EIKA-コレクション

 

さらにEIKAのジュエリーはすべてリメイク(リフォーム)に対応。

形をずっと変え続けることができます。既に貴金属や宝石の素材を保有しているため、非常に安価に新しいジュエリーへと生まれ変わらせ続けることができるのも大きなメリットといえるでしょう。

これらすべてを1つのブランドで提供しているのは、EIKAだけです。

 

まずはダイヤモンドから

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

世界初の統一価格、世界一流の素材、全てを叶えるサービス。

EIKAの婚約指輪は、必ず理想を超えた婚約指輪を叶えることができます。

選び方は、まず主役のダイヤモンドから。

 

EIKAでは0.3カラット以上のダイヤモンドで30万円からご用意しています。

統一価格のため、この費用はダイヤモンドの価格ではなく、婚約指輪全体の費用です。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

もしこれから婚約指輪をプレゼントされる方であれば、EIKAにはこれも世界最上のダイヤモンドプロポーズを叶える、フラワージュエリーコレクションをご用意しているため、こちらがおすすめ。

フラワージュエリー分の費用はEIKAが負担しているため、婚約指輪単体購入と同じ価格で選べます。

 

プロポーズ専用フラワージュエリーはこちら>

 

婚約指輪コレクションページはこちら>

 

EIKAは日本からスタートしたジュエリーブランドとして、世界中から最上の選択肢のみを提供しています。

婚約指輪は生涯の宝、そして構成へと受け継いでいくストーリー。

妥協なき選択肢で、最上の婚約指輪を手にして頂けたら幸いです。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

 

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>