プロポーズで指輪をどう渡そうか。

そう悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

プロポーズといえばダイヤモンドの輝く指輪をというイメージは強烈ですね。

しかしプロポーズにおける指輪の正しい渡し方は、前提的に間違いだったりもします。

 


 

プロポーズで指輪は渡さない

 

プロポーズ_プレゼント_失敗

 

プロポーズで指輪を渡す以前に、プロポーズで指輪は渡さないという選択肢が正解です。

婚約指輪は価値の高いダイヤモンドリング。

サイズやデザイン選びは、非常にシビアですので、独断するような商品ではないからです。

 

もし完璧なサイズで数十年後も喜ばれるような最上のデザインを選べたなら話は別ですが、それは不可能。

筆者のようにプロのジュエリーコーディネーターでも無理です。

 

現実は映画やドラマのようにはいきません。

確かに素敵ですが、盲信してしまうと最悪な結果につながる可能性が高まります。

指輪はプロポーズで渡さない。この前提をしっかりと理解しておきましょう。

 

 

正しく、完璧に渡そう

 

自宅_プロポーズ_カップル

 

婚約指輪は、正しく完璧にに渡さなくてはいけません。

そしてそのタイミングはプロポーズではなく、指輪完成後。

正確には、二人で婚約指輪のデザイン・サイズを選び、その指輪が完成した後です。

そのお披露目をサプライズにすれば、完璧な指輪でサプライズができますね。

これが正しい指輪でのサプライズ方法です。(サプライズな渡し方)

 

それに2度嬉しいサプライズにもなります。

渡し方は、自宅や普段のデート先などで十分です。

憧れの婚約指輪がお披露目されれば、彼女もワクワクした1日となるでしょう。

 

 

指輪を渡さないをサプライズに

 

 

以上のことから、プロポーズにおける指輪の正しい渡し方は、指輪にあらずということがご理解頂けたかと思います。ですから、プロポーズは指輪を敢えて渡さないということをサプライズに活用しましょう。

 

永遠の愛の告白であるプロポーズ。そしてその永遠を象徴し続ける婚約指輪。

正しい渡し方は、婚約指輪の素材であるダイヤモンドからプレゼントして、後から二人で形を選ぶ方法。

これ以上もこれ以下の選択肢もありません、唯一の方法です。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

これをダイヤモンドプロポーズといい、婚約指輪の渡し方としても世界中で人気を集め始めています。

EIKAフラワージュエリーなら、ダイヤモンドとバラ、そして初回無料で好きな婚約指輪やネックレスなどの婚約ジュエリーをオーダーメイドできるサービスが付いているため、全て叶えることができます。完成したリングで、2度目のサプライズも可能です。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

EIKAフラワージュエリー>

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>
究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>