プロポーズといえば、真っ赤なバラの花や花束。

というほど、バラはプロポーズを象徴するお花であり、プレゼントでもあります。

最近では指輪よりも、ダイヤモンドプロポーズと共にバラの花をプレゼントされるケースが目立ってきましたね。

しかしプロポーズだからといって、ただ赤いバラをプレゼントしても意味がありません。

プロポーズは、枯れないバラでプロポーズするからこそ意味があるからです。

 


 

枯れるバラは、印象が悪い

 

お花は枯れるからこそ、味があるというものです。

しかしプロポーズのプレゼントとしては、その点がネガティブになりがちです。

プロポーズは永遠の愛を告白する場面。その愛を象徴する赤いバラがすぐに枯れてしまっては、印象が必然と悪くなってしまうわけです。

永遠の愛が、脆くもすぐに朽ち果てる姿は、少し悲しい気持ちにも。しょうがないとは分かっていても、特別なイベントのプレゼントなので、枯れることは悲しいことです。

そういったネガティブな印象を避けるためにも、枯れないバラでプロポーズをしなくてはなりません。

 

 

プリザーブドローズが解決

 

 

 

枯れないバラとはいっても、造花では意味がありませんよね。

しかし全てはプリザーブドローズが解決します。プリザーブドフラワーとは字の通りで、保存ができる花のこと。

バラの花の水分を特殊なプリザーブド溶液に転換させることで、永遠に枯れないお花へと変わります。

加工が大変なため、プリザーブドフラワーとしてのバラは生花のバラよりもかなり高くはなりますが、プロポーズという特別な場面。その予算を出すメリットは十分にあります。

 

 

 

一輪の枯れないバラを

 

プロポーズで赤いバラをプレゼントする時に大切なのは、一輪のバラでプレゼントすることです。

見かけ騙しで、100本のバラなんて必要ありません。むしろ邪魔ですし、ゴミになってしまいます。

想いは数よりも質ですから、一輪の赤いバラで唯一の愛を告白した方が、シンプルで素敵ですよ。

 

プリザーブド化された枯れない一輪の赤いバラでプロポーズすれば、完璧です。

元々赤いバラが選ばれているのは、花言葉が「愛」だから。

枯れない赤いバラによって、その言葉や意味は、「色あせない愛」へと昇華します・

 

 

バラとダイヤは一緒にプロポーズ

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

また、バラとダイヤモンドを別々で用意する必要性もありません。

その2つが融合し、さらにオーダーメイドまで初回無料で提供される、EIKAのフラワージュエリーがあるからです。

全ての要素が入りながら、理想的な婚約指輪等のエンゲージメントジュエリーまで叶えてしまうので、これがあれば完璧ですし、プロポーズの計画も大幅に時短できますね。

間違っても、指輪でプロポーズはしないことです。

 

フラワージュエリーに関する記事はこちら>

 

 

枯れないバラで、永遠に色あせない愛を告白しましょう。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

 

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

 

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>