最近人気を集め始めている、婚約ネックレス。

婚約指輪ではなく、ネックレスという選択肢が支持を集めています。

元々婚約指輪は絶対的なルールではなく、あくまで価値の高いダイヤモンドが主役。

それがネックレスであっても、ブレスレットであっても良いのです。

 

しかし指輪とネックレスでは、ダイヤモンド自体の決め方も代わってきます。形が変われば素材のおすすめも変わるものです。

特にカラットは見た目に大きく左右するため、重要。

婚約ネックレスの場合には、0.5カラット以上がおすすめとなります。

 


 

ネックレスのダイヤは、大きめが映える

 

ダイヤモンド_ネックレス_婚約_女性_着用イメージ

 

 

ネックレスは首元や胸元といった、広い部位に身につけるジュエリーです。

そして、指輪は指という小さな部位に身につけるジュエリーです。

そのため、基本的にはネックレスの方が指輪よりもダイヤモンドやトップが小さく見えます。

つまり婚約ネックレスにされる際には、なるべくカラットを上げた方がおすすめです。

指輪だと丁度良いくらいのカラットでも、ネックレスやペンダントにすると物足りなさを感じやすいからです。

 

 

 

0.5カラット以上がおすすめ

 

ダイヤモンド_サイズ_0.5カラット

 

基本的に婚約ネックレスとされる場合には、1つ石で価値の高い(鑑定書が付けられる)ダイヤモンドが主役としてペンダントトップとなります。

となると、カラットは0.5カラット以上がおすすめとなります。普段遣いも含めたバランス感だと、0.5カラットが最もおすすめです。

 

婚約指輪としてのカラット相場は平均で0.3カラットですが、0.3カラットだとネックレスにした際に、物足りなさを感じやすくなります。

今は良くても、年齢を重ねていくごとに、物足りなさは感じるようになるでしょう。

 

そもそも指輪でもおすすめは0.5カラットあたりですから、ネックレスとなると0.5カラットは押さえておきたいところです。

 

 

デザインでカバーすることも

 

ダイヤモンド_ネックレス_フラワーデザイン

 

しかし0.5カラットの1石となると価格は50万円あたりになります。ご予算が厳しい場合などには、デザインでカバーすることもできます。

写真のように、外周をダイヤモンドで埋めることで、主張性を一気に高めることもできます。

もちろんデザイン的に価格は上がってしまいますが、主役ダイヤモンドの価格は落ちますから、全体の予算を下げることは可能です。

これは婚約指輪だった場合にも有用な方法といえます。

 

 

後にネックレスという手段もある

 

カップル_指輪_見つめる

 

婚約ネックレスは人気の傾向にありますが、指輪には指輪の良さがあります。

一度ニュートラルに検討してみると良いでしょう。実際に指輪を眺めたら、指輪にしたいと感じる方はほとんどです。

またジュエリーはリメイク・リフォームが可能なので、後々にネックレスやペンダントへと形を変えることも可能ですから、無理にネックレスにする必要性はありません。

(素材がある状態なので、2万円台からリメイクは可能)

 

 

ダイヤから始めよう

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

ネックレス、指輪。どちらが正解かではなく、どちらがぴったりか。で考えると良いでしょう。

その選択肢を楽しむためにも、ダイヤモンドという素材から始めましょう。プロポーズなら、ダイヤモンドプロポーズは唯一無二の方法です。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

フラワージュエリーなら、ダイヤモンドとバラ、そして初回のオーダーメイドジュエリー権利までが全てセットになっているため、サプライズから理想形まで全て叶えることができますよ。

世界で唯一のコレクションですので、ぜひ合わせてご検討を。

 

フラワージュエリー・エンゲージメントはこちら>

 

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>