ダイヤモンドの輝く婚約指輪。

女性なら誰もが憧れる、美しい輝きと価値を併せ持った指輪でもある、婚約指輪。

確かに婚約指輪は素敵ですが、婚約は婚約指輪だけが唯一の選択肢ではありません。

素敵であることは置いておいても、何がその人にとって最適な選択肢かは異なるからです。

特にプロポーズプレゼントとしては、諸刃の剣でもある婚約指輪。

今回の記事では、婚約指輪の本来の魅力や、それが唯一の選択肢ではない理由、指輪以外のおすすめな選択肢についてご紹介します。

 


 

婚約指輪は素敵である

プロポーズ_最高_婚約指輪_指輪なし

 

そもそもよく婚約指輪については必要・不要といった議論がされることがあります。

しかし、婚約指輪を必要・不要という観点で考えるのは、間違いです。物には何の罪もなく、それは企業やブランド、宝石店の打ち出しや見せ方だったり、販売手法に罪があるからです。

 

 

婚約指輪_セレブ_芸能人_エンゲージリング_ソリテール_ソリティア_ダイヤモンド

 

婚約指輪は、ダイヤモンドが主役の指輪。いわゆる鑑定書が付いてくるような高価格帯のジュエリーになります。

つまり婚約指輪とは、婚約記念品として価値の高いダイヤモンドと貴金属で出来た指輪を贈ろうという目的。

 

EIKA_プロポーズ_バラ_サプライズ_苦手_カップル_飾らない

 

婚約記念品ですから、それは結婚の始まりともなる記念品。

それが婚約指輪でなくてはならないルールなんてどこにも無いですし、誰も言っていません。

しかし生涯、後世に渡って受け継いでいくことを前提とした記念品において、ジュエリー以上に優秀なアイテムはなかなか存在しません。

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

素材は全て金品同様の価値で作られており、指輪という非常にコンパクトなデザイン。

さらにはそれを装飾品として活用もできる。そして、貴金属も宝石も再精錬して新しいジュエリーを生み出すことも可能。

ジュエリーほど、何かの想いやストーリーを物としてアーカイブする優れた方法はないと言えます。

 

劣化して価値を失ってしまったり。大きすぎて、保管場所が面倒であったり。

経年劣化が激しければ、婚約記念品としての意味は持たない訳です。下手に贈るくらいなら、いっそ心の想いだけで十分と言えます。

物とは、何かの表現であって、目に見えない心を可視化する方法なのですから。

 

ですから、婚約指輪は必要か不要か。ではなく、高いか安いかでもなく。

価値の高いジュエリー等で、ずっと残し続ける想いやストーリーを残し続けたいと考えられた方にとっては、最上の死なであるわけです。

そう感じなければ、目的が異なるわけですから、婚約指輪に固執する必要性は皆無です。

 

婚約指輪は素敵。素材も優秀。

高いけれど、ずっと残し続けたり、再活用できたり、金品同様の価値を持つ点において、非常にコスパの良い商品であることも事実なのです。

 

 

指輪だけじゃない!!

婚約-ネックレス-ダイヤモンド

 

婚約記念品は、指輪だけではありません。それに価値の高い鑑定書付のダイヤモンドだけが選択肢でもありません。

そんなルールはそもそも誰も提唱していません。あくまで価値の高いダイヤモンドリングの広告が大量に出稿されているだけです。

大切なのは、個人に対して何が最適か。です。特に今の時代は、それが大切。一人ひとりのライフスタイルは異なるのですから。

収入だって違います。価値観だって違う。相手の考えだって違うでしょう。大切なのは、相手にとっても自分にとっても最適なものであることです。

 

婚約-ネックレス-ダイヤモンド

 

例えば昨今、婚約指輪ではなく婚約ネックレスが人気を集めていますね。

大層な指輪だと目立つから身につけづらいけれど、ネックレスならいやらしくないから毎日だって着けやすい。と考える方も増えているからです。

当然といえば当然ですね。現代は女性もバリバリ働く時代ですから、職場環境等での視線を気にされることは当然です。

 

エイカ_ジュエリー_マスターコレクション

 

また鑑定書クラスのダイヤモンドだけでなく、ファッションジュエリーを選ぶ方だって多いですよ。

価格はかなり抑えられますから、予算が厳しい方にもおすすめです。

婚約指輪には、絶対に鑑定書付のダイヤモンドでなくてはならないルールはありませんからね。

 

金額はその人に合ったものを選べば良いです。

ただ1つだけ注意点はあります。それはジュエリーは安物買いの銭失いになりやすい点。

安いもの=良いお買い物にはなりませんので、予算に対してプロの意見を仰ぎましょう。

 

例えば、1石で0.3カラットを下回るクラスのダイヤモンドは、意味を成しません。(主張性が乏しく、費用対効果がショートする)

下回る場合であれば、ファッションジュエリー等で複数のダイヤモンドで総カラットが0.2カラット以上がおすすめです。

価格は下がり、贅沢さも増すからです。

 

 

プロポーズに指輪は厳禁!!!

絶対に厳禁!!

 

プロポーズ_失敗_プロポーズ失敗_サプライズ_サプライズ失敗_失恋

 

2度言いましたが(笑)、プロポーズに指輪は厳禁です!(三度目です)

これはこれからプロポーズを検討されている方にとっては、好都合だと思いますけど。

 

サイズも分からない。

好きなデザインなんて、相手も分かるわけがない。

なのに指輪でプロポーズ。正直、幻想もいいところです。

それをずっと打ち出してきたジュエリーブランドや宝石店は、大罪人だと思います。(汗)

中古市場を見てください・・・・メルカリを見てください・・・・どれだけ失敗の末に売りに出されている指輪が存在するか・・・。

 

カップル_リング選び_ジュエリー

 

婚約指輪は、婚約記念品。先程と重複しますが、結婚の始まりを記念した品です。

結婚指輪は二人で必ず選びますね。では、なぜ婚約指輪はサプライズしなくてはいけないのでしょうか。

実際この大きな矛盾に皆さんは気づかれていて、指輪でプロポーズなんて過去の方法になっています。

(指輪でプロポーズされた方がご覧になっていたら、この場を借りて陳謝致します・・・)

 

指輪を二人で選ぶのって、とっても大切なイベントですよ。一生物の婚約指輪なんですから。

それに選択肢は指輪だけじゃないわけで。その全ての選択肢を奪ってしまう、指輪でプロポーズなんて、暴走なわけです。

指輪でプロポーズされたい!というイメージが彼女にあったとしてもです。

 

婚約指輪_女性_ダイヤモンド

 

婚約指輪は、多くの女性にとってファーストファインジュエリー。

アクセサリーなら趣味趣向は理解しても、婚約指輪となると分からない方の方が多いです。

なぜなら選び方が根本的に異なるから。デザインの考えも全く異なります。

 

二人にとっても、指輪でプロポーズはしない。

指輪はむしろ選択肢ではないと結論付けて、全く問題ないです。

 

 

 

ダイヤでプロポーズ!

〜彼が選んだダイヤというストーリー〜

ダイヤモンド_ダイヤモンドプロポーズ_プロポーズ_ダイヤモンドルース

 

では実際にどのような方法がおすすめか。

これは既に周知の事実でもありますが、答えはダイヤモンドプロポーズしかありません。

唯一の選択肢です。

 

ダイヤモンド_ルース_輝き

 

 

どんなクラスのジュエリーであろうと、ジュエリーは全て宝石が主役。

当たり前ですが、灯台下暗しとはまさにこのこと。

 

ダイヤモンド

 

素材となる主役であるダイヤモンドのみでプロポーズプレゼントすれば、全て解決です。

プロポーズが成功したら、二人でデザイン選び。まだ素材なので、指輪だってネックレスだってブレスレットだって、自由です。

ダイヤモンドでサプライズにもぴったり。最上。さらに二人で選べるメッセージ性まで得られてしまう。

一石二鳥です。

 

自宅_プロポーズ_カップル

 

さらに、完成したジュエリーでサプライズすれば、一石三鳥!

仮に彼女が指輪でプロポーズにあこがれていたとしても、完璧な婚約指輪を叶えつつ、さらにサプライズも2回やってくるわけです。

絶対に誰にも否定できない、最上の方法として断言できます。

 

ダイヤモンドプロポーズの記事はこちら>

 

 

フラワージュエリー

唯一の選択肢を!

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

さて、ダイヤモンドプロポーズはスタンダードになりつつあり、今や多くのブランドやメーカーが商品を展開するようになりました。

しかし極限まで中立に考えても、おすすめできるコレクションは1つしかありません。

 

それが、フラワージュエリー・エンゲージメントコレクション。

現時点でも世界で唯一の選択肢と、あらゆるサービスを携えた、究極のコレクションです。

 

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

世界最高級の枯れないバラ。

天然ダイヤモンド。

そして後から好きなジュエリーを初回無料でオーダーできる権利までセット。

さらに、完成したジュエリーは何回だってリメイクできてしまう。(素材を保有してあるので、安価にずっと楽しめる)

 

ただダイヤモンドをプレゼントするだけなら、意味はありません。

全て叶えるからこそ、指輪を超えた意味があるのです。

 

フラワージュエリー-マスターコレクション

 

そしてEIKAでは、鑑定書クラスのダイヤモンド権利で30万円台から。そしてファッションジュエリークラスで6万円台から豊富に選択肢を用意しています。

つまりどんな状況であっても、ご自身に相手に合わせて最適な商品をカスタマイズすることができます。

 

まずはフラワージュエリー・エンゲージメントの詳細ページをご覧ください。

 

フラワージュエリー・エンゲージメントはこちら>

 

 

相手にとっても、自分にとっても。

常に選択肢は1つではなく、無限にあります。

婚約指輪はぴったりな人にとっては、最上の選択肢。

ぜひ最適な方法で叶えてくださいね。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>