婚約指輪(エンゲージリング)を想像した時、あなたがまず最初に思い描くデザインは、どのようなデザインですか?

大半の方が、ダイヤモンド一石が主役で、アーム部分がストレートのシンプルなソリテールリングを思い浮かべるのではないでしょうか。

女性が身につける一生物の婚約指輪。あなたはどんなデザインが理想ですか?

 


 

 

シンプルじゃ物足りない。

せっかくならメレダイヤが連なったエタニティリングを。

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンドリング_エタニティ_フルエタニティ

 

近年、婚約指輪にエタニティリングがとても人気になってきています。

主役のダイヤモンド1石をさらに輝かせるように、リングのアーム部分に同カット・同サイズの小さなメレダイヤが一連に連なった、リング全体が輝きに包まれるように仕立て上げられたデザインが、エタニティリング。

ダイヤモンドが途切れることなく並んでいる様子から「永遠の愛の象徴」と言われています。

 

 

婚約指輪_エタニティリング_婚約_Eternity

 

 

また、エタニティリングの中でも、フルエタニティ(全周メレダイヤが連なったタイプ)とハーフエタニティ(アームの半分までメレダイヤが連なったタイプ)の2種類あり、ハーフエタニティでしたらサイズのお直しも可能ですし、万が一サイズが合わなくなった時も安心です。

フルエタニティはサイズ変更は基本できないので長い目で考えた時にハーフエタニティの方がおススメです。

 

でも、普段使いできなさそう・・派手すぎる・・高そう・・なんてイメージを持ち、憧れてはいるものの、結局シンプルなものを選ぶ女性も少なくないはず。

 

 

婚約指輪の出番は特別な機会だけ。

 

EC1001_婚約指輪_重ね付け

 

そもそも婚約指輪は普段使いはせず、特別な機会にだけ身につけられる方が多いです。婚約後の両家顔合わせ、少しドレスアップして行く食事会、ご友人の結婚パーティーやお子様の入学式や卒業式。

人それぞれですが、日常使いは結婚指輪(マリッジリング)。特別な日には婚約指輪(エンゲージリング)を重ね付けされる方がほとんどです。

基本、結婚指輪はシンプルな地金メインのデザインが一般的。そのデザインと重ね合わせた時に、メレダイヤ無しのシンプルなデザインだと地金が強調されますが、エタニティだと上品な輝きがより一層引き立ちます。

 

 

派手すぎない細身のエタニティリング

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンドリング_エタニティ_フルエタニティ

 

エタニティリングに憧れるけど派手すぎないかと心配されている女性におすすめなのは細身のエタニティリング。

職人の巧みな技により、地金部分をほとんど強調せず、細身に設計された、幅2mmのエタニティリングはEIKAでもとても人気の1点です。

華やかでゴージャスな輝きを放っているけれども、華奢なアームがどこか繊細さと上品さを漂わしてくれる。派手なリングに抵抗がある方にも、意外と馴染むんです。

 

エタニティリングは高い?

 

ダイヤモンド_メレダイヤ_エタニティ

 

ダイヤモンド数が多いため、基本的には婚約指輪の中でも高額な部類のリングにはなります。

ダイヤモンドの数以外にも、ジュエリー職人による石留めにコストが大きくかかります。爪を留める箇所が多いため、かなり大変なデザインなんですね。

さらに細い爪で石を止めるので、磨き作業もかなり慎重に行わなければならない。職人技も本当に重要なポイントです。

 

EIKAでは、ダイヤモンドをリメイクする際、ハーフエタニティリングをお選びになっても、追加費用は一切発生いたしません。(一部、メレダイヤの数により発生するデザインも有り。)

本当に好きなリングを選んでいただくことができます。シンプルなものでも、メレダイヤがついたデザインでも、どちらを選んでも費用が変わらないのであれば、本当に心の底から気に入ったデザインを選べますよね。

 

一生モノの特別な婚約指輪。華やかに贅沢なエタニティリングも候補にしてみてはいかがでしょうか。