プロポーズに婚約指輪などの指輪が必要か。

この点については、絶対的な答えがあります。それは、プロポーズに指輪は不要だということ。

なぜそうなのか、理由をご紹介します。

 


 

選んだ指輪の失敗確率が高すぎる

プロポーズ_プロポーズ失敗_サプライズ_失敗

 

そもそも婚約指輪でプロポーズということは、婚約指輪をプロポーズする側が独断することになります。

それ自体、悪いことだとは言い切れないですが、せっかく選んだ指輪が失敗する可能性が高すぎるという理由があります。

 

婚約指輪にとって、サイズはとても繊細な要素。

一流のジュエリーコーディネーターになればなるほど、細心の注意を払います。

つまり本人がいない状態で、完璧なサイズを決めることはできません。

 

そしてデザイン。婚約指輪は星の数ほどの種類があります。

その中から本人なしで答えを作るのは、不可能。

ましてや相手にとって理想のデザインでなければ、一生の宝物となる婚約指輪においては意味を失います。

 

選んだ婚約指輪が失敗する確率は、基本的に100%です。

そうじゃないと言われるケースは、相手の方が気を遣ってネガティブな意見をおっしゃっていないケースです。

厳しい言い方ですが、それくらいに考えておく必要性があります。

サプライズだけには高級すぎる

サプライズ_プロポーズ_記念日

 

そもそも指輪でプロポーズしたくない男性の方が、圧倒的に多いです。

しかしながら、多くの方が指輪でプロポーズを検討してしまいます。

なぜなら、プロポーズはサプライズに。という概念において、指輪は安易にそれを叶えてくれるからです。

つまり、サプライズの演出を目的にして婚約指輪でプロポーズを検討される方が多いのです。

 

しかし婚約指輪は、平均相場でも30万円〜の高級品。

一時的なサプライズには、高すぎる代物です。

金額の桁は違いますが、家族のマイホームを家族にサプライズで買って贈らないですよね??

一緒のことですし、その時はサプライズで喜んでくれても、サイズが微妙だったり、デザインが好ましくなければ、ピークは最初のみで終わります。

 

指輪じゃない可能性も高い

婚約-ネックレス-ダイヤモンド

 

そもそも、婚約指輪という指輪の形状を、相手が求めていない可能性も高いです。

現在においては、ダイヤモンドという選択肢は圧倒的な人気を誇りながらも、婚約ネックレスという概念も台頭してきています。

 

ネックレスなら普段遣いもできて有用性も高く、普段のファッションコーディネートにも合わせやすいという意見からです。これらは女性ならではの、リアルな考えであり、尊重すべき点です。

 

そもそも指輪なのか?という可能性がある中で、指輪でプロポーズする必要性はないのです。

 

 

相手は婚約指輪のこと知っている??

婚約指輪_ダイヤモンド

 

そもそも婚約指輪という概念、商品の詳細を女性自身が詳しくないケースが、大半です。

ダイヤモンドが主役であり、価値をどう表現するかというジュエリーの概念。

さらには年齢を重ねていくごとに、使いやすいデザイン、活用しやすいデザインである必要性。

などなど、婚約指輪がファーストジュエリーである女性が圧倒的に多いため、婚約指輪は二人で適切な知識のもとに選ぶ必要性があります。指輪でプロポーズするということは、せっかくそこにあった相手の機会も排除してしまうことに繋がるのです。

 

また最後に付け加えておきますが、指輪でプロポーズというのは宝石店にとって、非常に都合の良いことです。

選ぶ時間を割愛できるだけでなく、男性の見栄につけこんで単価アップをしやすいからです。

これだけ失敗する可能性を秘めているのに、すすめてくる場合には注意が必要でしょう。

 

ぜひダイヤモンドプロポーズなど、指輪なしで素敵なプロポーズを叶えてくださいね。

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>