婚約指輪の必要性が時々議論されますが、婚約指輪はルールではありません。

婚約指輪がお二人にとって優秀な婚約記念品や残し続ける思い出のアイテムとして最適な手段であるかが大切です。

そして長い期間の中で現在においても婚約指輪に対する憧れが強く、優れた手段として選ばれていることにも理由がしっかりとあります。

その大きな理由として、婚約指輪を身につける機会があります。

婚約指輪とはいっても、一生物。結婚後には、どのような機会に婚約指輪が身につけられるのかをご紹介します。

 


 

基本的にはいつでも着けられる

 

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

 

婚約指輪は、婚約指輪という名前から誤解されがちですが、あくまでダイヤモンドリング。

婚約記念品として、婚約を記念し象徴するプレゼントとして、ダイヤモンドリングという商品が選ばれているというものになります。

自分を飾るアイテムとしてアクセサリーを常に身につけたりするのと一緒で、ダイヤモンドリングである婚約指輪はいつでも身に着けられます。実際に、外出時はいつも婚約指輪を身に着けている方も少なくありません。

 

婚約指輪としてプレゼントされたからといって、婚約期間中だけ身につける指輪ではありません。

あくまで婚約をきっかけにプレゼントされたものであり、生涯に渡って、好きな時に着用することができます。

 

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン-重ね付け

 

また結婚指輪は、貴金属が主役で常時着用を目的にしています。

婚約指輪はダイヤモンドが主役で、価値と輝きの表現を目的にしています。

ですから婚約指輪を常時身につける必要性もありません。

むしろ価値が高い指輪なので、これからご紹介するようなシーンで活用を制限することも、優秀な手段となります。

 

 

大人の装いアイテムとして

 

結婚指輪_婚約指輪_重ね付け_エンゲージリング_マリッジリング

 

しかし多くの人にとって、常に婚約指輪などの贅沢なダイヤモンドジュエリーを身につけるライフスタイルは、違和感を感じるかもしれません。そのため、基本的には、大人の装いが必要な時には、婚約指輪を身につける。という考えがしっくりくるかと思います。

 

仕事にスーツを着ていく男性であれば、スーツに合わせてしっかりした時計を見に付けますよね。

女性にとってジュエリーとは同じ役割を担います。

 

仕事で大人の装いや格好が必要な際にも活躍しますし、職場は身につけづらい風潮だったとしても、デートにでかけたり、友達と大人の遊びをする時には、ドレスアップしますから、婚約指輪などのダイヤモンドリングは、最高の装飾品となります。

 

 

EIKA_婚約指輪_結婚指輪_重ね着け_ペアリング_ダイヤモンド_エンゲージ_マリッジ

 

おしゃれをする時には、アクセサリーは優秀なアイテムですよね。

婚約指輪にかかわらず、そういった時には普段からネックレスや指輪を身につける方は非常に多いです。

大人になれば、それらも相応の価値や表現力を持っている必要性が産まれますから、婚約指輪等のダイヤモンドリングは、1つ持っておくと非常に便利なんですね。

 

 

デートで活躍!

 

プロポーズ_婚約指輪

 

最も婚約指輪を身につける機会で多いのは、デートでしょう。

婚約者である彼とのデート、結婚後も夫である彼との外出やデートなどには、重宝するアイテムです。

実際に筆者の妻も、外出する際には婚約指輪を身に着けています。

 

身につけることで、いつでも当時の思い出を新鮮に素敵に感じられることはもちろんですし、贈り主である男性側にとっても、喜ばしいことです。

 

またそれ以上に大切なのは、外出時の強い味方となるアクセサリーだということもあります。

 

 

結婚式は、必須アイテム!

 

婚約指輪_重ね付け_着用_エンゲージリング_結婚式

 

友人や親族等の結婚式に参加する機会は、年齢とともに増えていくわけですが、結婚式等のウェディングシーンにおいては必須アイテムといえます。

 

結婚式に参加される際には、ぜひあたりを見回してみましょう。

既婚女性の多くが、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けしてコーディネートしていると思います。

そうすることで、美しいコーディネートができるだけでなく、婚約〜結婚というストーリーを1つの指で表現することができます。

 

結婚式では、服装などを見られます。

特に婚約指輪などはその対象になる機会も多く、活躍する機会でもあります。

 

例えばお子様の学校参観などでは、奥様がパールのネックレスなどを身に着けますよね。

あれも考え方は一緒です。

 

社交場での装飾品として

 

 

大人になっていくと、様々な社交場へと参加することになります。

お子様がいらっしゃれば、学校行事。勤め先のイベント、パーティー。祝賀会。

先に挙げた結婚式などのお祝いの場面。

 

そういった社交場では、服装がとても重要です。

そしてジュエリーは必要不可欠な要素でもありますから、婚約指輪という機会で1つプレゼントされると嬉しいわけです。

 

日々起こり得るイベントではないからこそ、プレゼントされると嬉しいというのがポイント。

だからこそプロポーズプレゼントや婚約記念品として、婚約指輪が人気なのが、これらが理由といえるでしょう。

 

 

ネックレスなどへリメイクして

 

婚約-ネックレス-ダイヤモンド

 

最近人気なのが、婚約指輪の活用機会が減った場合などに、ネックレス等へリメイクする手段です。

ジュエリーは宝石と貴金属という永久的な素材で構成されているため、形を作り直すことができるのです。

これを、ジュエリーのリメイクやリフォームと呼びます。。

筆者の妻は、出産をきっかけに、毎日身に着けられるようにと、ネックレスへリメイクしました。

 

婚約指輪の主役はあくまでダイヤモンドですから、そのダイヤモンドを元に、どんどんとライフスタイルに合わせて最適化できます。これは他のアイテムにはできないものです。

 

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド

 

逆にこの要素を活用することで、お子様などへ婚約指輪を引き継いでいくことができます。

形を変えて、輝きが残され続ける。素敵なストーリーには、プライスレスな価値が付加されていきます。

 

婚約指輪は、これらのように活用の仕方次第で、いくらでも活用のできる指輪です。

プレゼントされる際にもこういった概念を紹介することで、奥様も楽しく活用できることでしょう。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>