サプライズプロポーズ、成功すれば二人にとっても素敵な思い出となります。

しかし自己満足的になってしまったり、彼女にとって心地よく感じるサプライズでなくては、意味がありません。

実際に彼がしてくれたサプライズプロポーズについて、恥ずかしかったと答える女性は少なくありません。

 


 

心地よいサプライズを

 

プロポーズ_サプライズ_婚約_エンゲージリング

 

とにかくサプライズプロポーズや、それに関わる演出は彼女にとって心地よく感じるサプライズでなくてはなりません。

ある程度恥ずかしさはあっても、それ以上に心に響くサプライズであれば良いわけですが、サプライズすることを目的にしてしまうと、本来の目的からずれていってしまいます。

彼女が結婚したいという自分の気持ちを、いかに心地よく受け入れてくれるか。

サプライズプロポーズの目的は、ここにあります。

 

 

サプライズすぎると恥ずかしい

 

プロポーズ_プロポーズ失敗_サプライズ_失敗

 

基本的にサプライズすぎる、演出に凝りすぎたサプライズプロポーズは、かえって逆効果になる可能性が高いです。

つまり、彼女が恥ずかしくなってしまうようなサプライズはすべきではありません。

 

サプライズプロポーズを計画する時に大切なのは、逆の立場で考えること。

例えばSNSなどでは公然の場でいきなりサプライズプロポーズする動画なども出回っていますが、実際のシーンを逆の立場で想像してみてください。

いきなり周囲の目がある中で、関係なくサプライズにプロポーズされたら、嬉しいものも恥ずかしくて混乱してしまいますよね。

もしかしたら本意ではない回答をしてしまう可能性があるばかりか、プロポーズそのものの失敗を招く結果になりかねません。

サプライズの演出にこだわりすぎると、かえって彼女にとって恥ずかしいサプライズになってしまう可能性がありますので、注意をしましょう。

 

 

自己満はプロポーズではない

 

プロポーズ_プロポーズ失敗_サプライズ_失敗

 

本人は自己満足のつもりではなくても、相手が恥ずかしくなってしまうような過度なサプライズプロポーズは、自己満足に感じられてしまっても仕方のないことです。

結婚は、二人で生涯を歩むこと。プロポーズは、その結婚を提案する場面なのですから、演出が先行してしまっては、本来の意味を発揮できません。

演出にこだわりすぎると、このヒトはずっと自分の満足度ばかりなのかな??とネガティブな印象を抱かれてしまう可能性も高いです。

 

そうならないためにも、相手がどんな伝え方をしたら、気持ちよく自分の心を素直に理解して、感じてもらえるだろうか??

と考えるようにしましょう。

 

場所は自宅でだっていいわけです。とにかく相手が心地よくプロポーズに触れてくれるように計画されていれば、きっと相手はそれを感じ取ってくれるはずですよ^^

 

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>