相手に結婚の申し入れを行う、プロポーズ。

もともとサプライズでロマンチックなイメージの強いプロポーズにも、失敗はつきもの。

実はプロポーズに失敗したという経験談は、表にでないだけで実は多いものです。

何事にも失敗はつきもの。プロポーズだって一緒です。

もちろん、成功するに越したことはありませんが、うまくいかないのも人生です。

 

しかしプロポーズは一回限りの勝負では決してありません。

むしろ何回かチャレンジして成功するケースは多いです。特に女性もお仕事で忙しい現代ではタイミングが難しい傾向にあるため、なおのことです。

今回の記事では、プロポーズが例え失敗したとしても、再チャレンジができることや、プロポーズが決して1度きりの勝負ではない点について紹介します。

 


 

プロポーズに失敗はつきもの

 

プロポーズ-言葉-カップル-気弱

 

まず、プロポーズの前提として失敗はつきものだという事を、認識しておきましょう。

もちろん失敗することなんて考えたくもないとは思いますが、何事にも失敗はつきものです。

相手にとって結婚のタイミングではなかったり、そもそも結婚という意識すらなかったり、二人の関係が成熟していないと考えていたり。

理由は様々ですが、結婚とは人生においても最大の岐路です。

 

軽い返事でOKとは言えないもの。

決して相手と結婚したくないわけでなく、それくらい重要なことだからです。

 

相手の心理を完璧に理解することは、難しいですよね。

もし結婚の話しを向こうからされていたり、二人で結婚を前提にしているのであれば、話しは別です。

そうでなければ、プロポーズをするその時まで、相手の本当の気持ちを知るのは難しいです。

ですから、プロポーズが成功する確率を100%にすることは、不可能なのです。

 

 

失敗にも色々ある

 

 

プロポーズの失敗にも色々なパターンがあります。

プロポーズが失敗はしたけれども、二人の関係が維持されるパターンと、そうでないパターンが代表的です。

 

プロポーズが失敗しても二人の関係が維持されるパターンとは、プロポーズして結婚は断られたけれども、二人の関係は続けたいと相手が思っている場合。

つまりまだ結婚は早いけれど、いつかは。と思っていたりするケースです。

 

逆に二人の関係がプロポーズをきっかけに崩れてしまうパターンもあります。

それは相手が結婚相手として考えていない場合などです。結婚という目的意識のずれは、二人の関係に致命的な傷を与える可能性が高いです。

けれどそれは、遅かれ早かれ避けては通れない道でもあります。

 

昔と違って、結婚に対する価値観は多様性を極めています。

そもそも結婚を人生の選択肢に入れていない女性だっています。もしくは結婚相手とお付き合いをする相手を区別しているケースだってあります。

好きだけれども、結婚までは考えていない。といった場合です。結婚を目的にしたプロポーズを行って、このような現実が突きつけられることはとても悲しいことですが、しょうがないことです。

 

 

 

プロポーズが気持ちの確認作業でもある

 

 

プロポーズは、決して勝負の場面ではありません。結婚というトピックを挙げた、コミュニケーションの場面です。

プロポーズをすることによって、お互いの結婚に対する意識を確認することができます。

相手が自分との結婚に対してどのように考えているか、本質的な答えを得る機会でもあります。

 

ですから、プロポーズは一度きりでなくても良いわけです。

今は違っても、1年後、数年後なら、相手の気持ちにも心境の変化が起こる可能性も高いですよね。

二人の関係だってどんどん成熟していくかもしれません。

 

今、お互いに結婚に対して、どのように思っているのか。

もちろんプロポーズをしなくても、普段のコミュニケーションから結婚のトピックを挙げることもできます。

しかしそれがし辛いのであれば、プロポーズをうまく活用したっていいでしょう。

 

 

経験談:三度目の正直

 

彼女_糸_サイズ_赤い糸

 

筆者は、三度目のプロポーズで結婚をしました。三回のプロポーズは、どれも同じ相手です。

1回目は、二人が付き合って1年目の記念日に。まだ仕事に打ち込みながら、今の関係が良いと断られてしまいました。

2回目は、翌年のクリスマスです。ここが一番辛かったです。相手にはまだ結婚したいという気持ちはあっても、タイミングではないという考えが強く、ここで一度別れてしまいました。

今でもよく話しますが、あの出来事はお互にとって辛いクリスマスでした。しかしその一方で、この辛さがお互いの距離を急激に縮めました。

 

別れはしたものの、お互いの価値観も合う関係から、連絡は継続していました。

週に1度か2度、SMSやラインをするレベルです。

(正直に話すと、もっと連絡を取りたい気持ちがありましたが、抑えていました)

 

別れて1年後、相手が病気をしてしまって、入院をすることになりました。

当時大きなプロジェクトを抱えていた彼女は断念せざるを得ず、心身ともに疲労をしていました。

三回目のプロポーズは、彼女が入院していた病室です。退院の前日にプロポーズを行いました。

もう別れた恋人同士でもないのに、彼女は結婚を承諾してくれました。

 

今思えば、この期間は二人にとって大切なプロセスであったと感じています。

辛い時に、思い浮かべたのはお互いに仕事ではなく、お互いという人だったからです。

そして3回目のプロポーズでは、相手の仕事を尊重して、お互いが仕事を楽しみながら家庭も楽しめるために、何でも努力できる事を伝えました。

もちろん本心でしたが、1〜2回目はそう感じてもらえてなかったみたいです。(笑)

 

まさに三度目の正直となったプロポーズでした。

人生のドラマチックな時間を全て使い果たしたイメージです。(笑)

 

 

失敗から学ぶ大切さ

 

プロポーズ_失敗

 

もちろん、プロポーズが一回目から成功した方が良いに決まってます。

けれど筆者のように、失敗というプロセスを踏むことで、より強い絆を得てから結婚することができるケースもあります。

プロポーズは回数ではないと思いますし、1回目の成功確率で判断するものでもないと思います。

 

筆者はジュエリーコーディネーターという職業側、1年間に数百件ものプロポーズのご相談を頂戴しますが、必ず伝えています。

1回目で失敗しても、大丈夫です。と。成功しようと、失敗しようと、相手を愛する気持ちを伝えることは、素晴らしいことだからです。

ぜひ失敗を恐れずに、プロポーズを計画してみてください。大切なのは、とにかく自分の気持ちが熱い時に行うことです。

 

 

 

指輪で贈らないで!

 

プロポーズ_失敗

 

もう一つ助言があります。プロポーズで、婚約指輪を贈らないでください。

プロポーズといえば婚約指輪というイメージが強いですが、実際には贈るべきプレゼントではありません。

 

婚約指輪が素敵な事であることには変わりありませんが、プロポーズが失敗した時のリスクが高すぎます。

それにその指輪が相手に最適かどうかも、失敗する可能性が高いからです。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

イメージは強くても、いくらロマンチックな演出に感じても、現実は買い取り市場で多くの婚約指輪が流れていることから想像できますよね。

ジュエリーコーディネーターからの助言としては矛盾しているかもしれませんが、絶対にプロポーズで指輪はプレゼントしてはいけません。

ぜひダイヤモンドプロポーズなど、失敗しても続けられるプレゼントとストーリーで叶えてくださいね。

 

ダイヤモンドプロポーズとは??>>