プロポーズ記念日。もしかすると余り聞き慣れないかもしれませんが、人気を集めている記念日方法です。プロポーズした日こそが、まさに二人の結婚の始まり。そんな素敵な始まりを記念してお祝いしよう!というものです。

結婚記念日は、お子様が誕生すれば家族でのイベントになっていく傾向にありますが、プロポーズ記念日は二人が恋人のようにお祝いしやすいイベント。プロポーズ記念日を制定することで、結婚後も素敵なイベントを楽しむことができます。

今回の記事では、プロポーズ記念日についてご紹介します。


プロポーズ記念日のメリット

プロポーズなど特別なイベントは記念日化するメリットがたくさんあります。イベントが多いと面倒というイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、特別なイベントにおいては話が別です。

メリットとしては、主に下記があります。

  • 結婚の始まりを毎年新鮮に感じることができる
  • 新鮮に感じる機会を作ることで、二人の関係に新鮮さが生まれる
  • 二人がカップルとして楽しむ日を、自然と作ることができる
  • 特別でもカジュアルでも、二人に合った過ごし方ができる
  • 婚約指輪などの着用チャンスや思い入れが増える



プロポーズが成功すれば結婚となり、入籍しますよね、そうなれば自然と結婚記念日が生まれることになります。基本的には結婚することで家族としてお祝いするイベントになるわけです。

それらも素敵なことなのですが、二人がカップルとしてお祝いできるイベントがあると良いですよね。そのきっかけとして最上のタイミングなのが、プロポーズ記念日と言えるでしょう。

プロポーズはロマンチックで素敵なイベント。そのイベントを毎年振り返ることで、二人の関係にも新鮮な空気を送り込むことができます。さらに作ったりプレゼントした婚約指輪などのジュエリーの着用機会を増やす事もできます。

プロポーズ記念日があることで、婚約指輪などへの愛着やストーリー性も、一層深まることになります。

自分たち色のイベントに

プロポーズ記念日には、基本的なルールも何もないため、自分たちらしく、自分たち色のイベントにできるのも魅力です。義務的に行う必要性は全くありませんので、とにかく無理せず楽しいイベントにしましょう。

毎年ルーティン化するのも良いですし、毎年テーマを決めるのも良いです。

例えば毎年プロポーズ記念日はプロポーズで使用したレストランへディナーに出かけるという方法も素敵ですし、自宅でゆっくりと過ごすという方法も素敵です。自宅などであれば、シャンパンや生ハムなどを用意して、ホームパーティー形式で行ったり、映画などを眺めながら、自宅デートのようにゆっくりと過ごすのも一案です。

ホテル_海_おしゃれ

過ごし方は夫婦によって様々ではありますが、基本的にはプロポーズをした場所で過ごす。という方法が最もおすすめです。

プロポーズしたレストラン、プロポーズしたホテル、プロポーズした旅行先。当時の思い出に触れられる場所で、プロポーズ記念日をお祝いすることで、イベントは最高の演出効果を得られます。

逆にプロポーズの場所にこだわらずに行って、少し後悔をしている場合などは、改めて特別な場所で記念日を過ごすという考え方も素敵ではないでしょうか。

基本的にプレゼントは不要

プロポーズ記念日には、基本的にプレゼントは不要です。

もちろんプレゼントがあれば、さらに素敵なイベント効果は得られるかもしれませんが、結婚記念日に誕生日にクリスマスなど、プレゼントを贈るチャンスはたくさんあるので、プロポーズ記念日においては二人で素敵に過ごすことがお互いへのプレゼントという認識で良いでしょう。(プロポーズ関連のプレゼントは、婚約指輪や婚約ネックレスなどの婚約ジュエリーでだけで十分です)

しかしそんなプロポーズ記念日においても、プレゼントがおすすめなケースもあります。

それはプロポーズはしたけどその場にプレゼントがなかったり、婚約指輪などの婚約ジュエリーをプレゼントしていなかった場合です。その様な場合には改めてプロポーズ記念日にプレゼントをしてあげれば、一生もらえないと思っていたプレゼントと諦めておられる方もおられるはずですから、最高のプロポーズ記念日を過ごしてもらえそうですね。

そもそもプロポーズしていなかったなら、作ろう

プロポーズ_最高_婚約指輪_指輪なし

中にはプロポーズをせずにご結婚されたカップルもいらっしゃると思います。その場合には、改めてプロポーズを行って、プロポーズ記念日を作ってみてはいかがでしょうか。

実はこの方法が非常に人気を集め始めています。最近ではできちゃった結婚(授かり婚)がきっかけとなったカップルも多いため、プロポーズや婚約というイベントを割愛して進んだケースが多いからです。二人の関係が良好であれば十分ですが、やはりプロポーズは夢です。

結婚記念日1周年で行う方法もありますし、結婚記念日とは別にプロポーズ記念日を作ってみても良いでしょう。思っても見ないサプライズプロポーズにきっと感動してくれるはずです。

今、婚約指輪をプレゼントする意味はある?

婚約指輪_プロポーズ_プレ花嫁

プロポーズをしてなかった、プロポーズはしたけどプレゼントは渡せていなかった方が、プロポーズをリベンジしたいと考えた時、悩むのがプレゼントではないでしょうか?

プロポーズといえば、婚約指輪というイメージを持たれている方も多いですが、既に結婚して夫婦としての時間を過ごしているとなると、婚約指輪をこのタイミングでプレゼントしてもよいものか?今このタイミングで婚約指輪をプレゼントする意味があるのか?という疑問も湧いてきそうです。

確かに、婚約指輪は婚約の証としてプレゼントされる婚約記念品ですから、結婚してからプレゼントすることに意味があるのかと考えてしまう方もおられるでしょう。

しかし、婚約記念品としてプレゼントされる婚約指輪は生涯を通して楽しみ続けることのできるファインジュエリーであり、女性は年齢を重ねるごとにジュエリーの存在や価値を理解される方も多く、たとえ結婚後であったとしても贈る意味が無いなんてことはありませんし、プレゼントしても無駄になることは基本的にはありません。

女性にとっては、欲しいと思っていてもなかなか言えるものでもありませんし、同等のジュエリーを自分自身で購入しようと思っても高額なアイテムですからなかなか手が出しづらいものです。

婚約指輪をプレゼントされて嬉しくない方が少ないでしょうし、彼女が婚約指輪に憧れを抱いていたり、彼自身が婚約指輪をプレゼントできなかったことに後悔しているのであれば、プロポーズ記念日というタイミングをうまく活用して婚約指輪をプレゼントしてみましょう。

プレゼントなら、ダイヤモンドを贈ろう!

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

プロポーズ記念日を利用して婚約指輪を検討している場合には、指輪という製品ではなく素材(ダイヤモンド)をプレゼントしましょう。

ダイヤモンドプロポーズと呼ばれている方法で、今では指輪以上に人気なプロポーズプレゼントアイテムです。この方法は、婚約指輪の主役となるダイヤモンドでプロポーズを行い、後から二人で形を決めるというもので、リングサイズや好みのデザインを完璧に叶える事の出来る、今までにはないジュエリーギフトなのです。

ダイヤモンドという素材でプレゼントできるの事で、指輪だけでなくネックレスなど「今のライフスタイルに合わせたジュエリー設計」が可能となり、婚約指輪という概念に縛られることもない為、プロポーズ記念日というタイミングにもぴったりなプレゼントとなるのではないでしょうか。





プロポーズ記念日をお祝いして、二人が結婚の始まりを迎えた日を、素敵にお祝いしていきましょう。




「合わせてオススメしたい記事」



ダイヤモンドでパーフェクトプロポーズを>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>