婚約指輪は、言わずとも知れたプロポーズの「婚約記念品」として最も相応しいアイテム。

しかし多くの方がプロポーズの時以外でいつ婚約指輪を着けるのか悩んでしまって婚約期間までは身に着けるけど、結婚してからは着ける機会のないままタンスや引き出しの中にしまたまま、なんてことも。

 

今回は大切な婚約指輪だからこそプロポーズ以外で身に着けるタイミングをご紹介します。

 


 

まずは贈られた時から結婚式が終わるまで

 

 

やはり、一番多いのは贈られたその日に指輪を身に着け始めます。

正式な結納を行う場合は結納の時に記念品として婚約指輪を贈るのがしきたりになっている地域もあるようなので、注意が必要です。

婚約の証として身に着ける婚約指輪には女性の憧れダイヤモンドが輝いています。女性は宝石ダイヤモンドを着けるとより美しさが増すのです。

 

なぜなら美しいダイヤモンドを見ると女性として美しさに導かれてより背筋がピンと伸びるようになります。

そして、その宝石ダイヤモンドにならおうと言葉使いや立ち居振る舞いが変わってくるといわれています。このように女性としての「美」をさらに高めてくれる宝石でありダイヤモンドなのです。

中には結婚指輪が届くまでの期間を婚約指輪を着ける方もおられるのですが、結婚式で結婚指輪の交換をするまでは傷一つない美しい状態のままで保管をされる方が増えています。

 

理由としては、結婚式という晴れやかな門出には新しいものを身に着けてスタートしたいということがあげられます。

いくら新しく作った結婚指輪だったとしても身に着けているとどうしても小傷は生まれてしまいますので、早く結婚指輪を着けたい!という方は注意が必要です。

 

正式な方法としては結婚式当日に婚約指輪は右手の薬指に着けておき、指輪の交換をし終えたら花嫁自身で結婚指輪と重ね付けをしていただきます。

ただし、グローブ(手袋)でその場で重ね付けが難しい場合には、ぜひ披露宴で重ね付けをお勧めします。

 

最近では結婚式をしないカップルも多いですが、「フォトウェディング」や「海外挙式」などでシチュエーション撮影をされる際に、

婚約指輪と結婚指輪を花嫁さんが身に着けるティアラや花冠と一緒に撮影をしてアルバムの一ページにする方も多いですよね。

 

このように結婚式が終わるまではぜひ「婚約指輪」をめいっぱい身に着けていただき、婚約したことを皆さんに祝福してもらいましょう。

 

 

大切な婚約指輪だからこそとっておきな時に

 

 

 

結婚式が終わるといよいよ夫婦として新たにスタートを切ります。結婚された二人は結婚指輪を「結婚記念品」として普段にデイリーリングとして身に着けることになります。

ここで多くの方は婚約指輪を使う事がどんどんなくなってしまってタンスや引き出しにしまい込んでしまって使わなくなってしまうということが起きます。プレゼントした男性にとってこんなに悲しいことはないですよね。

仕事柄指輪を着けられない方や普段装飾品をほとんど着けない方にとって「着けたいけど着けられない・恥ずかしい」と思っている方も多くいることが現実です。

そんな時にはお祝い事の時のような華やかな席に身に着けていきましょう。

 

タイミングとしては

 

・ご友人のご結婚式

・子供の入学式

・家族との集まり

・フォーマルな装いをされるとき

 

などです。

 

普段にはなかなか身に着けられないからこそ結婚記念日などの夫婦としてとっておきな日にもつけていただきたいですね。

とっておきな時に使いたい婚約指輪のデザインとしておすすめなのが、少し指輪に高さがあるダイヤのリングや、とっておきだからこそ少し華やかなデザインやダイヤモンドをさらにあしらう様な贅沢な婚約指輪等が特別感が出て、とっておきな時に使うにはふさわしい婚約指輪になるのではないでしょうか。

ポイントで身に着けることで「ちゃんと着けてくれている」と贈った相手も認識してくれます。

とっておきな時に身に着けることによって指輪を見る度にその思い出を振り返ることも出来ます。

 

 

とっておきだからこそデイリーリングとして

 

 

そしてもう一つオススメのタイミングとしては美しいダイヤモンドだからこそ普段に使っていただく方法です。

普段から装飾品を身に着ける方やいつでもダイヤモンドを着けていたいなど特別な指輪だからこそデイリーに使っていただくこともいいのではないでしょうか。

 

シチュエーションとしては、

・ご友人とのランチ

・レストランで食事

・ご主人様との普段のデートや買い物等

です。

 

もちろん上記でご紹介したシチュエーションでも使っていただけますのでかなり普段から身に着けてていただくことが出来るのではないでしょうか。

おすすめなデザインとしては、石を留めてる爪があまり目立たないようなものや引っかからないようにダイヤモンドを低めの位置でデザインされているようなものです。

もちろんダイヤをさらにあしらってより華やかにされてもいいでしょう。

ここで注意していただきたいのが、職人が精巧に作っている婚約指輪も使う頻度が多ければ多いほどダイヤモンドを留めている爪が緩くなってしまったり、ベースメタル部分も小傷が生まれてしまいます。

ですので、クリーニング(洗浄や汚れのふき取りサービスなど)兼ねてジュエリーショップに定期的にお持ちいただくことで、大切な婚約指輪をより長く美しい状態で身に着けていただくことが出来ます。

 

このようにプロポーズが終わって結婚をされた後でも、婚約指輪を身に着けるタイミングは多くあります。

着けていただくことで、贈った方はやはり高い金額を出して買ってくれていることもあり、「渡してよかった。買ってよかった」となりますし、贈られた方も、大切な指輪だからこその婚約指輪の使うタイミングを知っていただくことが出来るのではないでしょうか。美しい婚約指輪&結婚指輪と重ねて使っていただければ幸いです。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>