婚約指輪は、言わずとも知れたプロポーズの「婚約記念品」として最も相応しいアイテム。

しかし多くの方がプロポーズの時以外でいつ婚約指輪を着けるのか悩んでしまって婚約期間までは身に着けるけど、結婚してからは着ける機会のないままタンスや引き出しの中にしまっている、なんて方も実は少なくありません。

高価なプレゼントだからこそつけるタイミングが分からないということも理解できますが、せっかくの美しい婚約指輪をしまっておくのは、女性にとってはもちろんですが、贈る男性にとっても大変勿体無いですし、つけてくれない方が残念で寂しいものだったりもします。

今回は大切な婚約指輪だからこそ婚約期間以外でも身に着けるタイミングをご紹介します。


婚約指輪をつけるタイミング:もらった時

プロポーズ_シチュエーション

まず多くの方がイメージしやすい婚約指輪をつけるタイミングで言うと、冒頭でもありましたように婚約期間中です。

そして、婚約指輪をプレゼントされたその日に婚約指輪をつける、これがまず最初につけて欲しいタイミングです。

婚約の証として身に着ける婚約指輪には女性の憧れダイヤモンドが輝いています。女性は宝石ダイヤモンドを見たり着けたりする事で、その美しさや高級感に感化されて、背筋がピンっと伸びるように立ち居振る舞いに変化が生まれ、その結果、女性としての「美」がさらに高められるのです。(愛する女性にはいつも美しくいて欲しいという思いから男性がジュエリーをプレゼントとして無意識に選んでいるのかもしれませんね。)

婚約指輪が人生初めてのジュエリーという女性も多いので、まずはプレゼントされたタイミングでつけてみて、婚約指輪をプレゼントされた事の喜びを味わうだけではなく、今後も婚約指輪を楽しむ為にも、指輪をつける事に慣れる良い機会にもなるでしょう。

婚約指輪をプレゼントされたその日につけること、において正式な結納を行う場合には注意が必要です。結納の時に記念品として婚約指輪を贈るのがしきたりになっている地域もあるようなので、結納をされる予定ではあるけど、まだ行っていない方は気をつけましょう。


婚約指輪をつけるタイミング:結婚式

指輪_結婚_婚約

次にご紹介したいタイミングは、二人の門出をゲストの皆さんに祝福してもらう、結婚式です。

婚約指輪を結婚式でつける場合、結婚式当日に婚約指輪は右手の薬指に着けておき、結婚指輪の交換をし終えたら花嫁自身で結婚指輪の上から婚約指輪を重ね付けをするというのが正式な方法です。

ただし、ウェディングドレス姿の挙式中は、花嫁はグローブ(手袋)をつけている場合がほとんどで、その場で婚約指輪を重ねづけすることが難しい場合には、無理をせず披露宴(パーティ)時に重ねてつけてゲストの皆さんにお披露目しましょう。

また最近では結婚式をしないカップルも多いですが、「フォトウェディング」や「海外挙式」などでシチュエーション撮影をされる際に、婚約指輪と結婚指輪を花嫁さんが身に着けるティアラや花冠と一緒に撮影をしてアルバムの一ページにする方も増加しています。

結婚指輪が手元に届くまでの間、婚約指輪を身につける方も多くおられるのですが、結婚式や撮影では新品ピカピカの婚約指輪をつけたい!結婚式という門出には新しいものを身につけてスタートしたい!という気持ちがあるのであれば、傷がつかないように結婚式まで大切に保管される方もおられるようです。

とはいえ、美しい婚約指輪をそれまで我慢するのは・・・という方も多いでしょう。

そんな時には、「つけたい!」という想いを優先して婚約指輪の美しさを満喫し、結婚式当日の1ヶ月〜1.5ヶ月前に新品磨き(磨き直し)のアフターサービスを購入店などで依頼すれば、結婚式当日に購入時同様の美しい婚約指輪を身につけることもできます。

まずは、結婚式が終わるまではぜひ「婚約指輪」をめいっぱい身に着けていただき、婚約したことを皆さんに祝福してもらいましょう。

結婚後はとっておきの時に婚約指輪を身につけたい

プロポーズ-場所-レストラン

結婚式が終わるといよいよ夫婦として新たにスタートを迎えます。

結婚された二人は結婚指輪を「結婚記念品」として普段にデイリーリングとして身に着けることになります。

ここで多くの方は婚約指輪を使う事がどんどんなくなってしまってタンスや引き出しにしまい込んでしまって使わなくなってしまうということが起きます。プレゼントした男性にとってこんなに悲しいことはないですよね。

仕事柄指輪を着けられない方や普段装飾品をほとんど着けない方にとって「着けたいけど着けられない・恥ずかしい」と思っている方も多くいることが現実です。

そんな時にはお祝い事の時のような華やかな席に身に着けていきましょう。

タイミングとしては、

  • ご友人のご結婚式
  • 子供の入学式
  • 家族との集まり
  • フォーマルな装いをされるとき  等



日常の中では、なかなか身に着けられないと感じるのであれば、だからこそ結婚記念日などの夫婦にとって特別な日や、華やかな席には思う存分つけて楽しんでいただきたいものです。

とっておきのタイミングに身につけることで、普段つけていないからこそ「ちゃんと着けてくれている。」「今日を特別な日だと感じてくれている」と男性側も認識出来ますから、贈った意味というのをさらに実感できるのではないでしょうか?

とっておきな時に身に着けることによって、「あの時もあんなことがあったよね。」と婚約指輪を見る度に着けた時の思い出を振り返ることも出来ます。

とっておきだからこそ、普段に婚約指輪をつけたい

婚約指輪_カップル_デート

そしてもう一つオススメのタイミングとしては美しいダイヤモンドだからこそ普段に使っていただく方法です。

普段から装飾品を身に着ける方やいつでもダイヤモンドを着けていたいなど特別な指輪だからこそデイリーに使っていただくこともいいのではないでしょうか。

タイミングとしては、

  • ご友人とのランチ
  • レストランで食事
  • ご主人様との普段のデートや買い物等   等



上記でご紹介したタイミングに合わせて、婚約指輪を使ってみると普段からも楽しんでつける事ができるのではないでしょうか。

普段から婚約指輪を身につける事で、つける彼女は日々美しいダイヤモンドを輝きを楽しむ事ができますし、プレゼントした彼は、こんなに普段から身につけてくれていたら高価な婚約指輪を贈った甲斐がある!とより満足感を得られるかはずですし、婚約指輪をつけている彼女を沢山見る事ができるという事が何よりの喜びに繋がるのではないでしょうか。

婚約指輪を普段から楽しむ上で気をつけていただきたいのは、取り扱い方です。

婚約指輪を含むジュエリーの全てに言える事でもありますが、ジュエリーというのは基本的に丁寧に扱う事で長期的に楽しむ事ができます。例えばダイヤモンドを留めている爪であれば職人が精巧に爪留めをしており、使用頻度が多ければ多いほど、様々なものに触れる機会も多くなるため、ダイヤモンドを留めている爪が緩くなってしまったり、ベースメタル部分にも小傷が生まれてしまいます。

そのため、普段使いとして婚約指輪を楽しまれる場合、クリーニング(洗浄や汚れのふき取りサービスなど)兼ねてジュエリーショップに定期的にお持ちいただくことで、大切な婚約指輪をより長く美しい状態で身に着けていただくことが出来ます。(婚約指輪同様に、車や時計などメンテナンスをする事で長く愛用できるものは多いですね。)

EIKA_フラワージュエリー_エンゲージメント_婚約指輪_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

もし、これから婚約指輪の購入を検討されているのであれば、婚約指輪をプレゼントした後も、つける彼女のライフスタイルに合わせて、指輪からネックレスなど、形を変えて楽しみ続ける事ができる、ジュエリー業界初のリメイクサービスが提供されているジュエリーブランドEIKAもオススメです。

婚約指輪でプロポーズするもよし、ダイヤモンドプロポーズでプロポーズするもよし、素敵なプロポーズ・婚約指輪を叶えてみてくださいね。





このようにプロポーズが終わって結婚をされた後でも、婚約指輪を身に着けるタイミングは多くあります。

着けていただくことで、贈った方はやはり高い金額を出して買ってくれていることもあり、「渡してよかった。買ってよかった」となりますし、贈られた方も、大切な指輪だからこその婚約指輪の使うタイミングを知っていただくことが出来るのではないでしょうか。



「合わせてオススメしたい記事」



ダイヤモンドでパーフェクトプロポーズを>



究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>