クリスマスプレゼント_プロポーズ_婚約指輪_EIKA_フラワージュエリー2

クリスマスにダイヤモンドプロポーズで最高の1日を


“ロマンティックなクリスマスデートで、大切な彼女にサプライズでプロポーズしようと考えている方は少なくないでしょう。

以前まではプロポーズというと、婚約指輪を事前に用意するのが定番とされていましたが、最近では、婚約指輪のダイヤモンドだけを用意する「ダイヤモンドプロポーズ」が人気を集めています。

しかもこれはクリスマスにも相性がピッタリなのです。

そこでこの記事では、ダイヤモンドプロポーズがおすすめの理由についてお話していきます。ぜひクリスマスプロポーズを成功させる参考にしてくださいね。

 


 

 

☆ ダイヤモンドプロポーズとは?

 

クリスマスプレゼント_ジュエリー_ダイヤモンド

ダイヤモンドプロポーズとは、プロポーズの際に婚約指輪そのものではなく、指輪のダイヤモンド部分をプレゼントするというもの。

ダイヤモンドを女性に渡した後、専門店に持ち込んでから指輪のデザインをオーダーメイドするシステムなのです。

ダイヤモンドのみの購入から婚約指輪が手元に届くまでは、一般的に次のような流れになります。

ダイヤモンドを購入する際はまず予算を決めます。婚約指輪の相場について昔はお給料3か月分と言われていましたが、近年では平均約30万円ほどです。

予算を決めれば、その予算に見合ったダイヤモンドのクラスが提示されます。

色合いや輝きなどさまざまなので、どんなものが彼女に似合うか、またどんなものを着けてもらいたいかイメージを膨らませて決めましょう。

ダイヤモンドを決めたら、お店にカットやラッピングをお願いして手元に届くまで数日待ちます。

無事プロポーズを終えたら、ダイヤモンドを専門店に持って行き、女性のリングサイズを合わせながら、好みのデザインに沿ってダイヤモンドの土台やリング作りに取り掛かります。

フルオーダーだと出来上がりまで時間がかかりますが、一般的に3~5週間ほどで手元に届きます。

 

☆ ダイヤモンドプロポーズにはどんなメリットがある?

クリスマスプレゼント_彼女_選び方

 

なぜダイヤモンドだけ渡すのか不思議かもしれませんが、実はダイヤモンドプロポーズは男性にも女性にもメリットがたくさんあるのです。

まず1つ目は、女性の指輪のサイズや、どういった指輪のデザインが好みなのかが分からなくても安心だということです。

婚約指輪には幅広いバリエーションのデザインがあり、「こんな指輪をつけたい」とこだわりを持つ女性は少なくありません。

また男性にとっては、前もって女性に対して指輪のサイズや好みに関する探りを入れなくても大丈夫なので、プロポーズ当日にサプライズが成功しやすくなります。

2つ目は婚約指輪の大部分の予算を、男性が事前に決めることができるという点です。婚約指輪の値段はまさにピンからキリまでありますが、いずれも値段の大部分を占めるのはダイヤモンドです。

実際に女性と2人でイチからどの婚約指輪にしようか決めると、ダイヤモンドのグレードをアップさせたり、大きいダイヤモンドを選んだりなどと、女性の希望次第では予算オーバーしてしまう可能性もあります。

そのためダイヤモンドを男性が前もって買っておくことで、ダイヤモンドの値段を抑えることができますし、女性に婚約指輪の値段を知られる心配がありません。

 

☆ ダイヤモンド選びを失敗しないための4C

クリスマス_プレゼント_プロポーズ_彼女_婚約指輪_エンゲージリング_ダイヤモンド

 

ファッション雑誌などで宝石を見る機会が多い女性に比べ、男性はダイヤモンドについて分からないことばかりでしょう。

そこでダイヤモンド選びで失敗しないよう、基礎知識をお話しします。 ダイヤモンドには「4つのC」と呼ばれるものがあります。

このCとは、ダイヤモンドの重さを表すカラット(Carat)、透明度(Clarity)、色(Color)、研磨(Cut)の頭文字をとったもので、ダイヤモンドを選ぶときの大きな基準となります。

 

まずはダイヤモンドの輝きを大きく左右するCutです。

唯一職人が手を施せる部分で、カットの仕方は実に多岐に渡ります。レベルはExcellentが最高で、Very good、Goodなど5段階あります。輝きこそダイヤモンドの魅力なのでできるだけCutは高いレベルにしましょう。

 

Caratは重さを表し、1Caratは0.2gで、Caratが大きくなるほど価値が上がります。大きさを表すものと思われがちですが、それはダイヤモンドが重いほど必然と大きくなるため。

ある程度の大きさがあれば婚約指輪の見栄えが良くなりますが、反対に0.3Carat以下のメレダイヤモンドは華奢な美しさを表したり引き立て役として活躍したりするので、大小それぞれにもいい点があるのです。

 

Colorはその名の通り色に関するレベルで、最高のDから最低のZまで23段階あります。

ダイヤモンドは無色透明に近いほど価値が高く、黄みがかっているとランクが下がります。

 

透明度のClarityは鑑定士がダイヤモンドを10倍拡大して傷の量などを基準に評価します。

ランクが高いものになるほど肉眼での差はほとんどわかりませんが、ダイヤモンドの輝きや質に大きく影響します。

 

 

 

☆ ダイヤモンドプロポーズにはどのような形がある?

クリスマスプレゼント_プロポーズ_婚約指輪_EIKA_フラワージュエリー

 

ダイヤモンドプロポーズが巷で人気を呼ぶようになってから、ダイヤモンドプロポーズの取扱店は少しずつ増え、それぞれが個性的な形で展開されています。

ダイヤモンドプロポーズの手法としてメジャーなのが、ケースの中にダイヤモンドのみを入れたシンプルなプレゼント方法です。

ケースはリングケースのようにぱかっと開けるタイプのものが多いですが、ダイヤモンドの近くに指輪のイラストが描かれているものや、

箱の内側にメッセージや名前などをセミオーダーして入れられるもの、季節イベントの限定パッケージがあるものなどバリエーションは豊富です。

 

その他にも、予めダイヤモンドと一緒にサイズ調整が可能な仮留めリングを購入し、プロポーズ用のリングを作るという形をとっているところもあります。

仮留めでもプロポーズ後すぐに指にはめることができので、より現実感がわきますね。

 

 

しかしこれらは、プロポーズ時に指輪と比較して見た目のサプライズ性に欠けてしまうかもしれません。

EIKAのフラワージュエリー・エンゲージメントコレクションなら、バラ×ダイヤモンドという究極の組み合わせでサプライズにプロポーズできるため、

非常におすすめで人気なコレクションです。

 

> EIKAフラワージュエリー・エンゲージメントコレクション

 

 

☆ダイヤモンドプロポーズはクリスマスにぴったり

 

クリスマスプレゼント_プロポーズ_婚約指輪_EIKA_フラワージュエリー2

 

 

街中にきれいなイルミネーションが飾り付けられ、あちらこちらで流れるクリスマスソング…ロマンティックな雰囲気に包まれるクリスマスは、カップルにとって特別なイベントで、まさにプロポーズにもぴったりな1日です。

女性の指輪の好みやサイズが分からないなどの理由から、婚約指輪を男性1人で用意するのが不安で、「後日2人で買いに行こう」と考えている方も多いでしょう。

もちろんそれも素敵ですが、プロポーズ時に婚約指輪をもらうというシチュエーションに憧れを持つ女性は少なくありません。

そこでおすすめなのが、双方の希望を叶えられるダイヤモンドプロポーズなのです。

美しい透明のダイヤモンドは雪に似ていると言われており、冬の大イベントであるクリスマスプロポーズの雰囲気をより一層引き立てることができます。

またダイヤモンドは天然物質の中で最も固く、また傷つかず永遠に輝き続けることから「永遠の愛」という意味が込められています。

素敵なムードに華を添えるのはもちろん、こうした大切な意味が込められたダイヤモンドをクリスマスに贈ること、また女性は貰えることは、一生忘れられない素敵なクリスマスの思い出になりますね。

婚約指輪の相場は以前と比べて下がったとはいえ、決して安い買い物ではありませんし、一生に一度の大切な買い物です。

だからこそ失敗したくないですし、サプライズも成功させたいですよね。こうした男性の希望もかなえられるダイヤモンドプロポーズで、一生の記念を残すのはいかがでしょうか。