家族や夫婦で結婚10年目をお祝いする特別な結婚記念日、スイートテン。

 

10年目の結婚記念日には毎年お祝いする夫婦はもちろん、毎年にはお祝いしない夫婦でもお祝いする節目でもある特別な記念日です。

結婚記念日には夫婦で贈り物を贈るのが通例です。

特に夫から妻へのプレゼントとして10年目の結婚記念日にはダイヤモンドジュエリーなどの特別なプレゼントが大変人気です。

なぜスイートテンにダイヤモンドが人気なのかはこちらの関連記事を御覧ください。

 

特別な記念日に美しいダイヤモンドジュエリーはいつの時代も女性の憧れです。

ただ単にプレゼントされるのではなくオシャレなレストランや思い出の場所などの日常とは離れた空間でお祝いすれば更に素敵な結婚記念日となります。

さらにそこへサプライズ感が出れば、その瞬間は妻にとって最高の思い出となり新たな結婚生活のスタートとなります。

 

今回は、サプライズの方法として華やかさを演出する花の女王であるバラを記念日直前まで妻へ内緒に出来る方法をご紹介します。

 


 

 

花束は避ける

結婚記念日_プレゼント_記念日_デート_カップル_気分_夫婦_スイートテン

 

妻へ花をプレゼントするとなると、一番に思い出されるのがバラの花束ではないでしょうか。

 

プロポーズの瞬間など愛する女性へ贈る花として最適なバラ。

愛と美を意味するバラは、結婚10年目の特別な節目にもピッタリな花です。

 

当たり前ではありますが、サプライズをする場合ギリギリまで妻には内緒にしておく必要があります。

したがって花束をダイヤモンドジュエリーと同じタイミングでプレゼントするためには不向きと言えます。

 

しかし、花束のボリューム感とバラ本来の美しさでその場の華やかさを演出するには有効なプレゼントではあります。

レストランなどでお祝いする場合であれば、予約を入れる際に花束を事前に持ち込んでよいかなど相談をしてみるのもいいかもしれません。

ただレストランのスタッフさんと連携が取れていないとサプライズにならないこともあるので、花束でのサプライズには注意が必要です。

 

ボックスタイプにする

結婚記念日_プレゼント_バラ_花_フラワー

 

それでも花束をプレゼントしたい、という場合にはボックスタイプでプレゼントをするのがおすすめです。

ボックスタイプであれば、直接花を妻に見られることはありません。

そして、男性にとって花を買う、花束を持ち歩くことに抵抗を持っている方も少なくはないでしょうから非常にオススメの方法と言えるのではないでしょうか。

通常の花束とは全く異なるため、ボックスタイプの花束を扱っているフラワーショップを事前に調べておくことがポイントです。注文してからすぐに持ち帰りが出来るかも聞いておいたほうが良いでしょう。

ボックスタイプは、取扱店によって様々な大きさを展開していますが、前項でもあったように大きすぎるボックスは妻にバレてしまう可能性があります。

 

ボックスタイプであれば、鞄に収まる小さめのボックスや、ダイヤモンドジュエリーを中に組み込める様なボックスも提供されています。

 

一輪でバラをプレゼントする

結婚記念日-プレゼント-花-花束-バラ

 

筆者がおすすめするバラのプレゼント方法は、花束よりも一輪でバラをプレゼントする方法。

 

バラは花の女王とも呼ばれ、その美しさは一輪であっても華やかさを損なうことがありません。

一輪のバラには真実の愛、新たな門出でもある10年目の結婚記念日に相応しい花言葉を持ちます。

 

そして何よりも、コンパクトになるためダイヤモンドジュエリーをプレゼントするギリギリまで妻に内緒にすることが出来ます。

 

プリザーブドフラワーで贈る

EIKA_FJMC_コレクション_大輪ボックス

 

最後に、生花で花を贈るのではなくプリザーブドフラワーでプレゼントすることを強くおすすめします。

生花は結婚記念日の瞬間を鮮やかに華やかに演出することが出来るアイテムではありますが、生花は最初は美しいですが時間の経過と共に枯れてしまいます。

 

プリザーブドフラワーであれば、特殊な溶液を使って生花本来の美しさを保ったまま枯れることなく咲き続けることが出来ます。

そのためプリザーブドフラワーを見るたびに10年目の結婚記念日を思い出すことが出来ます。

 

ダイヤ×プリザーブドローズでスマートなスイートテンのプレゼント詳細はこちら

 


 

直前まで妻に内緒に出来るバラのプレゼントで妻への10年目の結婚記念日をサプライズな記念日として演出してみませんか?

 

スイートテンには、直前まで内緒に出来るバラのプレゼントがおすすめ

Tagged on: