プロポーズといっても十人十色様々な方法で行われています。

いずれの場合も大切にしていることがサプライズなプロポーズであること。

一生に一度、自分にとって世界で最も大切な方へ行うプロポーズだからこそ、

相手にとっても嬉しく、二人にとって生涯の思い出となるサプライズなプロポーズを選ばれる方が多いですね。

 

プロポーズといえばまず最初に思いつくが、婚約指輪(エンゲージリング)。

映画などのシーンのように指輪の箱を開いてプロポーズする方法を誰もがイメージされるかと思いますが、

実際には指輪でのプロポーズは余り喜ばれないサプライズな方法とされています。

 

婚約指輪は女性にとって何よりも特別感のある指輪であり、憧れであるからこそ、

自分の理想的なデザインなどを完璧に叶えたいと考えている方が多いからです。

その指輪を独断で選んでしまっては、かえってサプライズプロポーズの失敗にもつながりやすいため、

最近ではプロポーズで指輪を贈られるケースは極端に減ってきました。

 

そこで今回の記事では、指輪をプロポーズの後で贈るというサプライズプロポーズ方法についてご紹介したいと思います。

 


 

 

▷ サプライズ=指輪という概念をなくす。

 

プロポーズ_プレゼント_サプライズ_場所_演出_方法_婚約指輪_エンゲージリング

 

まず大事なのは、サプライズプロポーズを計画する上で、サプライズな演出=指輪という先入観を排除することです。

この点にとらわれてしまっては、より魅力的な計画がしづらくなってしまいます。

 

そもそもサプライズとは、プロポーズ(結婚したいという意思を相手に伝えること)を相手にばれずにその瞬間を迎えること。

つまりそもそもプロポーズをすること自体がサプライズであることを認識しておきましょう。

その基本概念に付加していく形で、プロポーズの場所、プレゼント、言葉が紐付いていきます。

つまりプレゼント(指輪)から先行して計画してしまうと、総合的に素晴らしいプロポーズプランを計画することが困難になってしまうわけです。

 

 

▷ なぜ指輪じゃないのか。

 

婚約指輪_エンゲージリング_ランキング_ベースメタル_地金_ゴールド_プラチナ_ホワイトゴールド

 

そもそもなぜ婚約指輪でのプロポーズは最適ではないのでしょうか。

その理由は冒頭でもご紹介した通り、明確です。

 

婚約指輪は美しいダイヤモンドが主役のダイヤモンドリング。

永遠の輝きであるダイヤモンドを婚約指輪として贈られるのは、世界中の女性の憧れです。

その憧れを叶えるために必要なのは、彼女の理想を叶えてあげること。

 

しかしプロポーズがサプライズであるという前提条件上、指輪を選ぶならば独断で選ばざるを得なくなります。

ほとんどの方が彼女の左手薬指にぴったりな指輪サイズを知らないでしょうし、

どのような婚約指輪のデザインが好みなのかも判断に悩むかと思います。

 

またある程度ばれないようにリサーチしていたとしても、

結局調べたサイズが誤っている可能性も高いですし、初めての婚約指輪において実際にどんなデザインが最適なのかは、

相手の女性にも判断が難しいところです。

 

つまり答えを見つけられないままに、独断で婚約指輪を選び、その指輪をもってプロポーズすることは、

大きな失敗につながりやすいというわけです。

 

婚約指輪は平均でも30万円はする高級品。費用面でも大きなリスクを取られます。

指輪でプロポーズすることで多大なリスクを背負って行う必要性は皆無と言えるでしょう。

現代においては女性もプロポーズで指輪をもらうより、自分で、相手と二人で選びたいという意見が大半です。

ですから、プロポーズは指輪で行わず、プロポーズ後に指輪を贈る。という方法がベターです。

 

 

▷ 指輪は後で。をサプライズにしてしまう。

 

プロポーズ_プレゼント_ローズ_バラ_ボックス_サプライズ_演出

 

とはいえ、指輪は後で。となった瞬間に、サプライズプロポーズにおいて大きな一端を担う、

プレゼント選びが困難に感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

しかしそこは発想の逆転です。

指輪は後で。という方法をプロポーズのサプライズ要素として演出してしまえば良いわけです。

 

プロポーズ_プレゼント_ダイヤモンド_婚約指輪

 

 

その演出において最上級の方法とも言えるのが、「ダイヤモンドプロポーズ」。

ダイヤモンドプロポーズとは、ダイヤモンドが主役の婚約指輪に着目し、

主役たるダイヤモンドをプロポーズで贈って、後からそのダイヤモンドをベースに相手のすきな指輪をオーダーメイドで叶えるという方法です。

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_140530-konyakuyubiwa-ranking2

 

 

このダイヤモンドプロポーズによって、憧れのダイヤモンドというサプライズなプロポーズプレゼントはもちろん、

さらに後から相手の好きな指輪を叶えられるという、選択肢をサプライズに演出することができます。

 

指輪のサイズ、好みのデザインという、一見プロポーズする側にとってみればネガティブな要素も、

このダイヤモンドプロポーズによってプラスに変換することができます。

 

最初はこれがどんなプレゼントなのか戸惑う女性もいらっしゃるでしょう。

しかしそれがダイヤモンドであり、婚約指輪に生まれ変わるというストーリーを聞けば、

非常にスマートでロマンチックなプレゼントであることを認識してくれます。

この流れも優秀なサプライズの演出となるでしょう。

 

 

▷ フラワージュエリーで、究極のサプライズ。

 

婚約指輪_ブランド_EIKA_エンゲージリング_プロポーズ_プレゼント_フラワージュエリー

 

ダイヤモンドプロポーズは、現代においてスタンダードとも言える人気なプロポーズプレゼントであり、

婚約指輪を贈る手段でもあります。

 

最高のダイヤモンドサプライズプロポーズ、そして婚約指輪を叶えるなら、

EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションを強くお勧め致します。

 

プロポーズ_バラ_プレゼント_プリザーブド2

 

 

世界最高級のバラと、婚約指輪専用のダイヤモンドが融合。

究極の組みあわせといっても過言ではないバラとダイヤモンドという組合せが、

感動のサプライズプロポーズを演出します。

 

ラグジュアリーブランドEIKAの高級ジュエリーケースへおさめられたローズは、

南米エクアドル産の最高級ローズが採用されており、プリザーブド化されているため、枯れません。

つまり生花の瑞々しさと美しさをそのまま思い出のアイテムとして飾っておくことができます。

 

プロポーズ_プレゼント_ローズ_バラ_ボックス_サプライズ_演出

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_140422certificate-diamond

 

 

バラ中心にセットされるダイヤモンドは、公式鑑定機関が発行する鑑定書が付けられ、

全て無色透明で美しいカットが施された天然ダイヤモンドのみが採用されています。

ダイヤモンドはローズから着脱することができます。

 

 

婚約指輪_エンゲージリング_ランキング_EIKA_フラワージュエリー

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

さらにフラワージュエリーエンゲージメントコレクションには、

贈られたダイヤモンドをベースにして、後から相手の好きな婚約指輪へ無料でオーダーメイドできるサービスが付けられており、

1つのプレゼントで全てを叶えることができます。

その他、刻印やシークレットストーンなど全国的に人気なサービスも全て無償で提供されます。

 

 

フラワージュエリーで、生涯の思い出に残る最高のダイヤモンドプロポーズと婚約指輪を。

詳しくは、EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

> EIKA公式ブランドサイトはこちら