最高の婚約指輪とプロポーズ

婚約指輪やプロポーズの、リアルな情報をお届け!

Page 2 of 42

婚約指輪の宝石として理想的な石とは

プロポーズや婚約記念品といえば婚約指輪ですが、ゴールドやプラチナなどの素材だけではなく、宝石もまたデザインや雰囲気を決める重要な要素のひとつです。

宝石選びをきちんと行うことで、一生の記念になるエンゲージリングを手に入れられることでしょう。

そこで今回は、婚約指輪につけたい宝石は何かを、20代から30代の女性100人にアンケート調査してきました!

Continue reading

婚約指輪なら0.5カラットのダイヤがおすすめな5つの理由

婚約指輪に欠かせない主役ともいえる存在なのが、ダイヤモンドですね。

ダイヤモンドには価値を決める4つのポイントがありますが、そのなかでもカラット数はぜひともこだわりたいポイント。

ダイヤモンドのカラット数は、婚約指輪を美しくゴージャスに見せるために、とても大切な要素となります。

では、婚約指輪にセットするダイヤモンドのカラット数は、どのくらいが平均的なのでしょうか。

また、生涯使い続けることを考えると、どのくらいのカラット数のものを選ぶのが良いのでしょうか。

今回は、平均的サイズよりもワンランクアップした存在感のあるダイヤモンドが、婚約指輪におすすめだといえる理由をいくつかご紹介します。

Continue reading

宝石店で、二人にとって最適な婚約指輪を選ぶ方法

プロポーズで、婚約記念品として、生涯においても1度きりな婚約指輪選び。

最初で最後の機会であることが多いため、多くの方が余り知識もなく悩まれている傾向にあります。

婚約指輪選びはダイヤモンド選びでもありますから、ほとんどの方にとって初めての宝石選びに等しい場面でもあります。

婚約指輪や結婚指輪ともなれば多くの店舗やブランドショップなどに行って比較される方も多いかと思います。

掲示されたものを比較するのも大切ですが、宝飾品はただの物とは異なり、それ自体に価値が備わっている特別な品のため、

答えは人それぞれであり、それぞれに合ったコーディネートが非常に重要です。

 

1つの仕様が決まった製品を比較検討されるなら、価格のみになってきますが、

宝飾品はそれ自体が通貨のようなものなので、どういう価値観かによって答えとなる選択肢は大きく変わっていきます。

また宝石店では様々なセールストークによって知識が不足している部分を補充され、本来ベストだった選択肢から逸脱してしまうケースも多いものです。

 

そこで今回の記事では、宝石店のセールストークに負けず、

自分自身、相手にとって最適な婚約指輪選びの方法や考え方をご紹介したいと思います。

 

Continue reading

婚約指輪とファッションジュエリーにおけるダイヤモンドの違い

婚約指輪(エンゲージリング・エンゲージメントリング)は、婚約の証として男性側から女性側へ贈られる婚約記念品です。

婚約指輪を受け取り、身につけるということは自分自身が婚約した証となります。

使途は明確ですが、婚約指輪が製品上どのような概念になるのかはあやふやになっている現代。

婚約指輪として贈るにはどのような指輪が最適なのか。

はたまた様々なクラスがあるダイヤモンドにおいて、婚約指輪として相応しいダイヤモンドとはなんなのか。

そもそも婚約指輪と他のフアッションジュエリーに代表されるダイヤモンドリングとの違いは何なのか。

今回の記事では婚約指輪に関する根本的概念について詳しくご紹介します。

 

Continue reading

婚約指輪でなく婚約ネックレスという選択肢

婚約指輪とはプロポーズや結納など婚約したことを記念して贈られる婚約記念品です。

ひと昔前までは、婚約の証としてお給料の三ヶ月分以上の価値・価格を持つダイヤモンドリング(婚約指輪)を男性側から女性側へ贈り、

今度は女性側からお返しとして半額程度の時計などの品を贈るといった流れがありました。

 

ともあれ現代では結納をせず、顔合わせ会食等だけで済ますカップルが多く、

婚約記念品としての価値観・考え方も大きく変わってきています。

それでも年間婚姻数のうち大半以上の方が婚約指輪を贈られているのは、婚約指輪が女性にとって憧れであり、

その日を記念するに相応しい品だからです。

 

しかし最近徐々に人気を集めているのが、婚約ネックレス。

お仕事の関係上、指輪を身につける機会がほとんどなかったり、そもそも指輪を身に付けたくない方など、

指輪という形ではなくネックレスという形で身につけられる方が増えてきています。

 

今回の記事では婚約指輪を指輪という形式だけでなく、ネックレスという選択肢で贈り、身につける選択肢について詳しくご紹介したいと思います。

 

Continue reading

プロポーズは婚約指輪でなくても大丈夫

プロポーズは一部の国を除いてほとんどの国々で通例となっている、求婚イベントです。

ルールではなくマナーともいえますし、思い出を残す優れた方法であり、相手に気持ちを使える大切な場面でもあります。

しかしプロポーズにおいては明確なルールはありません。

敢えて申し上げるならば、結婚してください。という意思をしっかりとつたえる事が唯一のルールと言えるかもしれません。

 

しかし長い月日の中で様々なイメージも生まれており、先入観・イメージが先行して悩んでしまうことも多い現代。

その理由はトレンドと伝統に矛盾が生じているからという理由も挙げられます。

 

中でも多い例が、プロポーズ=婚約指輪。という概念。

このイメージが先行してしまうあまり、サイズやデザインもわからない、

相手にとってそれが最上の選択肢なのかも分からないと、悩んでしまう男性が非常に多く見受けられます。

 

そこで今回の記事では、プロポーズは婚約指輪でなくても良い理由や、

現代におけるプロポーズの行い方や、優れたプロポーズプレゼントの方法等についてご紹介したいと思います。

 

Continue reading

心得ておきたい、プロポーズのマナー

愛する女性へ、結婚の意思を伝えるプロポーズ。

成功すれば二人にとって一生の思い出ともなる特別なイベントです。

しかしプロポーズの方法や概念は時代の流れとともに変化しており、

最近では既存の概念にとらわれず様々な方法で様々なプロポーズがされています。

 

思い立ったが吉日と、すぐにプロポーズされるケースもあり、タイミングによっては良いきっかけになることもありますが、

基本的にプロポーズにはある程度の準備も必要です。

準備不足でのプロポーズは、相手にとって失礼になるばかりか失敗になる場合もありますので、注意が必要。

今回の記事ではプロポーズにおいて心得ておきたいマナー例等をご紹介したいと思います。

 

Continue reading

プロポーズの婚約指輪、女性の理想は何カラット?

カップルにとってお互いの思い出にもなり、新たな二人のスタートにもなり得るプロポーズはしっかりとキメたいですよね。

なかでも、婚約指輪は女性が身につけるものですからできるだけ相手の好みに合わせたいもの。

そこで、全国の女性100人に理想のカラット数についてアンケートを採りました。是非参考にしてプロポーズを成功させましょう!

Continue reading

永遠の愛の証!婚約指輪の定番がダイヤモンドの理由

ふたりの愛のあかしであるエンゲージリング。その指輪を彩る宝石といえば、ダイヤモンドが定番です。

しかし、婚約指輪はダイヤモンドでなければならないという決まりごとあるわけではありません。

それでは、圧倒的多数の人が数ある宝石のなかで、なぜダイヤモンドを選択するのでしょうか?その理由について説明をしていきます。

Continue reading

理想的なタイミングでプロポーズをドラマティックに成功させよう

プロポーズを成功させるにはタイミングや時期を見極めることが重要です。

演出やサプライズを考えるのもいいですが、お互いの気持ちが一致している時期にプロポーズをしなければ失敗してしまう可能性もあります。

理想的なプロポーズのタイミングを理解できる方法はあるのかをここではまとめてみました。

Continue reading

« Older posts Newer posts »