プロポーズプレゼントや、婚約記念品として贈られる婚約指輪(エンゲージリング)。

婚約指輪には様々なブランドやお店、デザインやクラスが存在しています。

 

今までの多くは、お店やブランドが作ったり取り扱ってる選択肢の中から好きなものを選ぶ。

という既製品からの選択肢が大半でした。

 

しかし最近では、一生物の婚約指輪だからこそ、

相手の女性の指にぴったりで好みにも最適な指輪を1からオーダーメイドする方法が人気です。

 

オーダーメイドによって世界にひとつずつの指輪を叶えられるだけでなく、

自分のために作ってもらえた指輪ということで、

非常に思い入れの強い指輪を叶えることもできます。

 

とわいえ婚約指輪のオーダーメイドといっても、

ほとんどの方が初めての経験になると思います。

 

そこで今回の記事では、婚約指輪のオーダーメイドについて、

その流れや方法、おすすめのブランドやお店についてご紹介したいと思います。

 


 

 

 オーダーメイドは2種類ある。

 

宝石店-婚約指輪-選び-カップル

 

まず婚約指輪のオーダーメイドといっても、大きく分けて二種類の方法があります。

 

 

婚約指輪-結婚指輪-ブライダルリング専門店

 

1つ目は、セミオーダーメイド。

セミオーダーとは、そのお店やブランドが既に保有しているコレクションやデザインから、

自分の好みに合わせて調整していく。という方法です。

 

婚約指輪のデザインには基本デザインというものが存在しているため、

このように細かな部分を調整するだけでも、かなり自分色を出すことができます。

また、セミオーダーによってある程度方向性が固まりやすいため、

完成までの道のりも短縮することができます。

 

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

 

2つ目は、フルオーダーメイド。

フルオーダーとはその名の通り、0から完全オリジナルデザインでオーダーメイドする方法です。

ご自身の頭の中にあるこんなデザインを。という要望に応えることができます。

 

フルオーダーメイドによって、普通ではなかなか提供されていないようなデザインや、

他者とは一線を画した独自のオリジナルデザインを叶えることができます。

 

筆者のおすすめは、セミオーダーから検討を開始し、

候補の中で魅力的な選択肢が得られなければフルオーダーメイドへ移行する。

という方法。

 

この流れによって、より時間や手間を短縮しつつも、

自分にとって最適かつ最上な選択肢を得ることができます。

 

 

 婚約指輪の特性を理解しておく。

 

ダイヤモンド_婚約指輪_妻_贈り物_バラ_花束_フラワージュエリー_サプライズ_夫婦_プロポーズ_ダイヤモンドリング

 

オーダーメイドというと、イマジネーションを膨らませて、

それを形にしていく。という意味合いが強いですが、確かにそれは間違いではありません。

 

しかしファッションジュエリーにおいては、それらはとても大切ですが、

婚約指輪においては少し異なる概念がありますので、しっかりと理解しておきましょう。

 

そもそも婚約指輪とはファッションリングとは異なり、

ダイヤモンドが主役のリングの事。

 

つまり婚約指輪(エンゲージリング)とは、

婚約した証にふさわしい価値を持ったダイヤモンドを贈って、

それを素敵な形で身につける手段なのです。

つまりデザインは後付け的な要素が強いものでもあります。

 

いかにダイヤモンドを際立たせるか。

そのダイヤモンドといかに素敵に融合したデザインか。

そんな概念が大切になってきます。

 

ファッションリングだと先にデザインをこしらえて、

そのために必要な素材がダイヤモンドとなってきますので、

ある意味逆の発想や流れとなってきます。

 

婚約指輪に対する憧れはダイヤモンドでもありますので、

より素敵なダイヤモンドと、そのダイヤモンドにふさわしいデザインを選びましょう。

 

 

 基本デザインを知っておく。

 

EIKA_婚約指輪_

 

婚約指輪(エンゲージリング)には基本デザインがあります。

大きく分けてそれは4種類です。

 

婚約指輪_ソリテール_EC1019

 

 

「ソリティアリング」

婚約指輪といえばこのデザイン。

というほど、伝統的でシンプルなデザインです。

 

 

婚約指輪_ウェーブ_EC1010

 

「S字・ウェーブリング」

ソリティアリングを曲線的にアレンジしたリングです。

ダイヤモンドを2本の腕で包み込むように設計されているのが特徴。

正面から見るとS字に見えます。

 

 

婚約指輪_エタニティ_EC1001

 

「エタニティリング」

贅沢なリングといえば、これ。

主役のセンターダイヤモンドの両サイドへ、

メレダイヤモンド(比較的小さなアクセント用ダイヤモンド)を並べたデザインです。

 

 

婚約指輪_サイドストーン_EC1028

 

「サイドストーンリング」

ソリティアやウェーブリングデザインなどのセンターストーンのサイドへ、

アクセント的に1〜数石のメレダイヤモンドをセットしたデザインです。

 

以上4種類が婚約指輪の基本デザインとなっており、

婚約指輪のデザインのほとんどが、これらの組み合わせやアレンジなどで派生したものです。

方向性を決める場合は、まずこの4種からどれかを選ぶと良いでしょう。

 

 

 世の中に広がるデザインにヒントが。

 

ジュエリーデザイン

 

セミオーダーにしても、フルオーダーにしても。

なかなかご自身の頭の中だけでイメージのデザインを発起するのは難しいことです。

 

そこでオーダーメイドをオーダーするにしても、

ある程度方向性を固めておく必要性があります。

 

そこで登場するおすすめな方法が、インターネット。

これは現代においていかなる情報収集においてもまず第一に利用されている方法です。

 

ぜひGOOGLEやYAHOOなどの検索エンジンの画像検索で、

「婚約指輪 デザイン」や「ENGAGEMENT RING DESIGN」

などのキーワードを検索してみてください。

 

写真のように無数の参考イメージを得ることができます。

日本語キーワードだけでなく、上記のように英語キーワードでの検索も重ねていきましょう。

そうすることで、より広い選択肢を得ることができるからです。

また、知っているブランドなどのホームページを訪れていくのも良い方法です。

 

選択肢はあればあるほどワクワクしますし、

方向性を固める上でも非常に有意義なものとなっていきます。

プロポーズされた後に彼女とそんなひと時を過ごしてみても良いですよね。

 

 

結婚指輪_マリッジリング_婚約指輪_エンゲージリング

 

もうひとつのおすすめの方法は、店舗まわり。

特に都心部にお住まいの方にはおすすめの方法です。

宝飾店が多く点在するエリアへ趣き、ひたすらいろんな店のデザインを眺めていく。

という方法です。

 

インターネットが普及するまでは、この方法は非常に利用されていました。

現在においても、実際のデザインを眺められるので、よりリアルな情報捜索が可能です。

 

検討中ですとお店の方へ伝えれば、

スマホなどで携帯撮影しておき、保存しておくこともできますし、

実際に気に入れば購入すれば良いわけです。

 

 

 オーダーメイドの基本的な流れ。

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_140514engagement-ring-original

 

さて本題になりますが、

実際に婚約指輪のオーダーメイドの流れについて簡単にご紹介しておきます。

基本は下記のような流れになります。

 

 

1. デザインの方向性を決める。

 

 

まずはデザインの方向性やイメージをデザイナーなどの担当者がヒアリング、

打ち合わせを進めていきます。この段階である程度上記の方法で候補を絞っておくと良いでしょう。

2. グラフィックデザインを制作してもらう。

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

ある程度方向性が確定したら、デッサンやCAD、3Dのデザインシートを作ってくれます。

精度は大抵の場合完璧なので、実物と同様レベルで確認ができます。

基本的にこういったデザインシート料でお金がかかることはありませんが、

なんども方向性がくつがえってしまうと、有料になってしまうこともあります。

3. ドラフトデザインから、細かな調整を行っていく。

 

婚約指輪_エンゲージリング_ブランド_サービス_刻印

 

デザインシートが完成したら、来店したりメールなどでデータを確認します。

必要に応じてデザイナーと打ち合わせしていき、細かな調整を行っていきます。

例えばリングの幅だったり、ダイヤモンドの設置ポイントなどについてです。

 

4. 仕様確定・製作開始

 

婚約指輪_クリーニング

 

調整をしていき、デザインの仕様が確定したら、製作開始します。

最終完成したグラフィックデザインシートを元に、職人がハンドメイドで製作します。

様々なチームが動いて、1つのリングが完成されるわけです。楽しみですね。

5. 完成(仕様確定から1〜2ヶ月)

 

婚約指輪_エンゲージリング_ランキング_ブランド_人気_EIKA

 

仕様確定からお店によっても異なりますが、約1〜2ヶ月ほどでリングが完成します。

完成したらお店から連絡が入りますので、お披露目です。

また、発送などにも対応しているケースがほとんどなので、

完成したら自動的に届けてもらう。ということもできます。

 

以上5つのステップでリングが完成しますので、

方向性が固まるのが早ければ早いほど、リングの完成も早まります。

 

大抵の場合は、検討から完成まで2ヶ月あれば大丈夫だと思います。

また、オーダーメイドサービスに特化したブランドやお店は優秀なので、

急ぎの場合にも迅速に対応してくれることでしょう。

 

 

 費用感を知っておこう。

 

 

続いてご紹介するのは、気になる費用についてです。

オーダーメイドと聞くと高いのでは?と感じる方が多いかと思いますが、

実際そんなことはありません。

筆者の感覚では、お店で既製品を購入するのと同様レベルで購入することができます。

 

また、既にご紹介した通りですが、

婚約指輪の主役はダイヤモンドですので、ダイヤモンドクラスによって費用が変わります。

つまり婚約指輪の金額とはダイヤモンド次第なんです。

 

婚約指輪の全国平均相場は、約30万円。

現在でもほとんどの方が30万円ほどの婚約指輪を購入されています。

 

予算30万円に対して最適なダイヤモンドクラスは、0.3カラットです。

既製品で購入するにしても、オーダーメイドにしても、

予算30万円で0.3カラットを叶えることは十分に可能ですから、

やはりオーダーメイドの方が魅力的な選択肢と言えるでしょう。

 

30万円未満の予算の場合でも、

ダイヤモンドのクラスなどによって調整できます。

 

結論としては、既製品を購入しようと、

オーダーメイドで自由な選択肢から選んでいこうと、

婚約指輪の基本的な予算というのは変動せずに叶えることができるということ。

 

もちろんブランドやお店によっても異なりますが、

逆に言ってしまえば、最適な価格で提供しているお店を選べば良いわけです。

 

 

 婚約指輪をオーダーメイドで贈るなら。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

最後にご紹介するのは、

実際に婚約指輪のオーダーメイドを素敵にプレゼントする方法です。

 

オーダーメイドとなるとプロポーズでプレゼントできなくなってしまいますが、

EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションなら、

最高のプロポーズプレゼントと、オーダーメイドリングを叶えることができます。

 

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合。

究極の組み合わせによって、最高のプロポーズを演出します。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

さらにエンゲージメントコレクションは、

贈られた方の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービス付。

つまり1つのプレゼントで、2度うれしい演出を叶えます。

 

EIKA_FJEC_カラット比較

 

 

男性は、ご予算や想いに合わせてダイヤモンドクラスを選ぶだけ。

各予算に合わせて最適最上なエンゲージメントダイヤモンドがセットされており、

すべて公式機関が発行する鑑定書がつけられます。

 

オーダーメイドについては、

セミオーダーやフルオーダーすべてに対応しており、

さらに刻印などのサービスもすべて無料で提供されます。

 

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、

EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

 

> EIKA公式ブランドサイト・エンゲージメントコレクション詳細

 


 

 

 

婚約指輪(エンゲージリング)をオーダーメイドで贈ること。

それは無限の魅力的な選択肢を贈る手段でもあります。

 

昨今もっとも人気を集めるオーダーメイドリングサービス。

ぜひ最高のプロポーズや婚約指輪を叶えていただければ幸いです。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>