婚約指輪(エンゲージリング)は、

その名の通り婚約の記念として男性から女性側へ贈る特別な指輪です。

つまり婚約記念品として贈られるのが、婚約指輪なわけです。

 

ダイヤモンドが主役の婚約指輪は、女性にとっても憧れの指輪であり、

プロポーズや婚約とともに素敵なダイヤモンドリングを。と多くの女性が理想を抱いています。

 

しかし婚約指輪を贈って婚約した後には、

結婚した際に二人が一生身につけ続ける結婚指輪も購入することになります。

どちらもブライダルリングと呼ばれており、左手の薬指に身につけます。

 

そこで多くの方が、結婚指輪をはめた後に婚約指輪をどうするか悩まれるわけですが、

最近人気を集めているのが、結婚指輪と婚約指輪を重ねづけする。という方法。

 

重ねづけできる婚約指輪を贈る、結婚指輪を検討することで、

より2つの特別な指輪を楽しむことができます。

 

そこで今回の記事では、結婚指輪との重ねづけを想定した婚約指輪を贈る方法や、

重ねづけに適した婚約指輪を選ぶ方法についてご紹介します。

 


 

 

▷ 特別な時に、重ねづけをする。

 

婚約指輪_結婚指輪_重ね付け

 

結婚指輪と婚約指輪の重ねづけは人気な方法ですが、

常に重ねづけをする。というわけではありません。

 

結婚指輪は常に肌身離さず身につける指輪ですが、

婚約指輪は結婚指輪よりも高級品であり、宝石が主役のリングなため、

特別な時に身につけていく指輪。というイメージだからです。

 

婚約期間中はほとんどの機会で婚約指輪を身につけますが、

寝るときや家にいるときなどは身につけないのが一般的です。

 

つまり結婚してからは普段は結婚指輪のみを左手の薬指にはめておき、

外出するときや、特別なイベントに出かけるときなどに、より指元を素敵に彩るジュエリーとして、

婚約指輪と重ねづけをしていく。というイメージになります。

 

 

▷ 重ねづけ以外の選択肢とは?

 

婚約指輪_エンゲージリング_相場_価格_ブランド

 

また、重ねづけをする以外にも、結婚後に婚約指輪を楽しむ方法はあります。

むしろこちらの方が一般的でした。

 

それは、婚約指輪を結婚後は右手の薬指にはめる。という方法。

左手の薬指には結婚指輪を。右手の薬指には、特別な外出のときに婚約指輪をはめます。

 

より両手を彩りたい際にも便利なこの方法。

重ねづけはまとまったイメージになりますが、

この両手薬指にはめる方法は、全体的な手の演出を施すことができるため、

今までは最も人気な方法でした。

 

しかし利き手の方が比較的指が太くなる傾向が多いため、

サイズが合わない場合などは、購入した店舗などで右手の薬指にぴったりになるよう、

サイズ直しをして身につける方も多いようです。

サイズ直しは、大抵の場合1万円未満でできます。

 

ただしこちらの写真のようにフルエタニティ。

リング全周にダイヤモンドがセットされているリングはサイズ直しができませんので、注意が必要です。

 

 

▷ ぴったりか、ラグジュアリーか。

 

婚約指輪_結婚指輪_重ね付け

 

重ねづけする方法として大事になってくるのは、双方のデザインです。

重ねづけに適した指輪のデザインには大きく分けて2パターンあります。

 

婚約指輪_結婚指輪_重ね付け

 

 

1つ目は写真のように結婚指輪と婚約指輪のデザインがかっちりはまるデザインにするパターン。

非常に整理整頓されたイメージになり、まとまり感があります。

 

婚約指輪_結婚指輪_重ね付け

 

 

しかしおすすめは2つ目。

双方がラグジュアリーになるデザインを叶える方法です。

写真のようにある程度ストレートなリングや若干のウェーブがあるリングであれば、

大抵の場合そのまま重ねづけしてもおかしくはなりません。

 

むしろ写真のようにある程度ダイヤモンドがメインのデザインになってくれば、

へたにぴったりはまるデザインよりもラグジュアリーさを演出できます。

 

大切なのはどちらか片方をはめている場合でも満足できるデザインであること。

下手にぴったりさを追求してしまうと、どちらか片方だけをはめている時に、

物足りなささや完成されていない感覚を感じてしまいます。

 

 

▷ オーダーメイドで完璧に叶えてあげよう!

 

婚約指輪_エンゲージリング_ブランド_サービス_刻印

 

とわいえ重ねづけを想定していたとしても、

まず男性から贈られる婚約指輪がある以上、時間に差が生まれてしまいます。

婚約指輪を贈ってから、結婚指輪。となってしまうため、

どうしても結婚指輪は婚約指輪に合わせるという選択肢に限られてしまうからです。

 

この点を踏まえると、既製品で男性が婚約指輪を贈った場合、

相手の女性の選択肢をやたらと奪ってしまうことになってしまうわけです。

それに重ねづけしたいかもよくわからない状況であるケースが大半。

 

そこでおすすめしたいのが、オーダーメイドという選択肢。

重ねづけをされるにしても、婚約指輪を贈る、結婚指輪を選ぶにしても、

ジュエリーという選択肢において最も優れた方法がオーダーメイドです。

 

婚約指輪_エタニティリング_エンゲージリング_指

 

 

ジュエリーのオーダーメイドとはスーツなどのオーダーメイドと同じで、

既存の型から選ぶ、既存の型をアレンジするセミオーダー、

そして完全にオリジナルを叶えるフルオーダーメイドという方法があります。

 

つまり相手の自分の指にぴったりで、好きなデザインを細かに叶えることができるオーダーメイドならば、

結婚指輪との重ねづけを想定した製作も簡単で、完璧に叶えることができるわけです。

 

彼女に婚約指輪のオーダーメイドというサービスをプレゼントしてあげれば、

全ての悩みは解決してくれることでしょう。

またオーダーメイドによって既製品にはない、愛着が湧いてくるのもおすすめです。

 

 

▷ オーダーメイドを華やかに贈る方法

 

婚約指輪_ブランド_EIKA_エンゲージリング_プロポーズ_プレゼント_フラワージュエリー

 

彼女の好きを全て叶えてくれる指輪のオーダーメイドサービス。

それをプロポーズのプレゼントとして素敵に華やかに贈る方法があります。

 

それが、EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションです。

世界最高級のバラと婚約指輪専用のダイヤモンドが融合し、

最高にサプライズな演出でプロポーズやプレゼントを叶えることができます。

 

プロポーズ_バラ_プレゼント_プリザーブド2

 

 

バラはプリザーブド化されているため、

枯れることなくその美しさを楽しみ続けることができ、

思い出のアイテムとして自宅などへ飾っておくことができます。

ラグジュアリーブランドEIKAの高級ジュエリーケースにおさめられているため、

そのまま飾っておけるのも嬉しいポイントですね。

 

 

プロポーズ_プレゼント_ローズ_バラ_ボックス_サプライズ_演出

 

バラ中心にセットされるダイヤモンドは、全て最高品質の天然ダイヤモンド。

公式機関が発行する重厚な鑑定書もつけられます。

 

婚約指輪_エンゲージリング_ランキング_EIKA_フラワージュエリー

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

 

さらにフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションなら、

贈ったダイヤモンドをベースにして、

後から相手の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付いているため、

彼女の好きを形にすることができます。

 

つまりフラワージュエリーでプロポーズプレゼントすれば、

1つのプレゼントで全てを叶えることができます。

 

婚約指輪_結婚指輪_重ねづけ

 

またEIKAではエンゲージメントコレクションを購入された方限定で、

マリッジリングのオーダーメイドサービスを会員価格で提供しているため、

まさに重ねづけを想定したリングの製作を完璧な流れで行うことができます。

 

重ねづけをする。それぞれで楽しむ。

女性にとって一生の宝物であるリングを、豊富な選択肢とともに贈ってみてはいかがでしょうか。

 

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、

EIKA公式ブランドサイトをご覧ください。

 

> EIKA公式ブランドサイト・フラワージュエリーエンゲージメントコレクション