プロポーズプレゼントや婚約記念品といえば、ダイヤモンドの輝く婚約指輪ですが、

最近では相手の指のサイズや好みのデザインが分かりづらい婚約指輪を完成形でプロポーズするのではなく、

ダイヤモンドのみでプロポーズを行うダイヤモンドプロポーズが人気です。

 

男性にとっても安心で、女性は自分の好きなものを叶えられる優れた方法ですが、

指輪じゃない方法だからこそより素敵にサプライズにプロポーズしたいところです。

 

今回の記事では、指輪でプロポーズするよりも、

より素敵にプロポーズができるダイヤモンドプロポーズの方法についてご紹介したいと思います。

 


 

 

 そもそもダイヤモンドプロポーズとは?

 

 

プロポーズの方法として、指輪を贈る方法として人気なダイヤモンドプロポーズですが、

ほとんどの男性が初めての事な以上、あまりその内容を知らないのではないでしょうか。

 

ダイヤモンドプロポーズ

 

ダイヤモンドプロポーズとは、

婚約指輪の主役がダイヤモンドであり、価値のあるダイヤモンドを贈って、

身につける手段が婚約指輪というポイントに着目し、

主役たるダイヤモンドのみを贈ってプロポーズプレゼントする方法。

 

つまりリング完成形だと相手の指にぴったりなサイズだったり、

相手の好きな指輪のデザインなどを精査して叶える必要性があり、非常にリスクが高いものでしたが、

このダイヤモンドプロポーズであれば、そんな心配は無用。というわけです。

 

主役たるダイヤモンドでプロポーズし、

プロポーズの後に贈ったダイヤモンドをベースにして、

相手の好きな婚約指輪のデザインをオーダーメイドで叶えてあげれば、

世界にひとつずつ、相手にとって完璧な指輪を叶えることができるんですね。

 

さらにメインのダイヤモンドをすでに購入して贈っているため、

男性側の予算コントロールがしやすいのは大きな魅力とも言えます。

 

 

ダイヤモンドだけだと演出性に少し欠ける

 

ダイヤモンド_ダイヤモンドプロポーズ

 

完璧なダイヤモンドプロポーズのように見えますが、

1つだけ懸念すべきポイントがあります。

 

それは指輪という見た目と違ってダイヤモンドのみになってしまうため、

渡すその時、プロポーズのその時の見た目的演出性にやや欠けてしまうということです。

 

本物のダイヤモンド。というだけで演出力は高いかもしれませんが、

ダイヤモンドだけだと見た目は小さめですし、少しインパクトに欠けてしまうんですね。

 

せっかく完璧なダイヤモンドプロポーズ。

見た目、渡す時も指輪以上に演出力が高く、インパクトの強い方法で贈りましょう。

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

 

おすすめな方法は、お花などとセットで贈るという方法。

お花はジュエリーにとって超名脇役。

イメージ的にもメッセージ的にも、見た目的にも、素晴らしい力を発揮してくれます。

 

お花といっても、おすすめなのは、バラです。

特に赤いバラには「愛や愛情」という花言葉があるため、

ダイヤモンドの永遠という意味と合わさって、「永遠の愛」というメッセージとなります。

 

こういった少しの工夫をすることで、

機能的にも、見た目的にも、演出的にも指輪を贈るよりも素敵な方法で、

プロポーズプレゼントや婚約指輪を叶えることができます。

 

 

 ダイヤモンド選びは慎重に!

 

婚約指輪-エンゲージリング-ダイヤモンド

 

完璧なダイヤモンドプロポーズにおいて、もっとも大切なのはダイヤモンド選びです。

最も主役なのがダイヤモンドですから、当然ですね。

 

ダイヤモンドといってもピンキリ。

数万円のものから、上は数千万円、数億円まで、きりがありません。

 

日本における婚約指輪の全国平均相場(予算)は、約30万円。

そしてダイヤモンドのクラスは0.3カラット以上が相場です。

 

まずは0.3カラットクラスから検討し、

あとはご予算に合わせてカラットをあげていく。という選び方がスムーズですね。

 

ただし気をつけて欲しいのは、カラット以外のダイヤモンドグレード。

ダイヤモンドは、4Cという世界共通のグレーティングシステムによってその価値が定まります。

これはいかなるブランドもメーカーも逆らえないルールです。

 

カラットは既にお話しましたが、

カラット以外の3つの基準については下記を最低条件としておきましょう。

 

・クラリティ:SIクラス以上(見た目に内包物が確認できないクラスの下限)

・カラー:Hクラス以上(見た目で無色なクラスの下限)

・カット:GOOD以上(良いカット以上)

 

上記を条件として選べば、そのダイヤモンドは必ず、

「無色透明で良いカットのダイヤモンド」ということが言えます。

これは多くの鑑定機関やショップでも重要視するラインなんですね。

 

上記を条件にした上で、予算の上がり方ですが、

0.3カラットを30万円として、0.1カラット毎に10万円ずつアップが最適価格です。

しかしなかなかこの最適価格で販売しているお店は少ないものです。

ご参考ください。

 

 

究極のダイヤモンドプロポーズなら

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

最後にご紹介するのは、

究極のダイヤモンドプロポーズをする方法について。

 

最高のダイヤモンドプロポーズで魅せるプロポーズと、

最高の婚約指輪を叶えるなら、EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションです。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

 

世界最高級のバラと、婚約指輪専用のダイヤモンドが融合。

まさに究極の組み合わせで、感動のサプライズプロポーズを演出します。

 

バラは枯れないようにプリザーブド化されているため、

生花の質感から枯れることなく、思い出を残し続けます。

ラグジュアリーブランドEIKAの高級ジュエリーケースに収められているため、

そのまま飾っておけるのも嬉しいポイントです。

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

 

また、ダイヤモンドは世界流通から選び抜かれた天然最高品質のダイヤモンドだけが採用されており、

全てに公式機関が発行する鑑定書もつけられます。

 

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

EIKA_KONYAKUYUBIWA_POST_14514engagementring-original2

 

 

さらにフラワージュエリーエンゲージメントコレクション最大の魅力は、

贈ったダイヤモンドをベースにして、

あとから相手の好きな婚約指輪を無料でオーダーメイドできるサービスが付いている点。

 

つまりフラワージュエリーエンゲージメントコレクションを贈れば、

プロポーズから指輪までの全てを素敵に叶えることができるわけです。

 

フラワージュエリーエンゲージメントコレクションについて詳しくは、

EIKA公式ブランドサイト・専用ページをご覧ください。

 

> EIKAフラワージュエリーエンゲージメントコレクション詳細はこちら

 

 


 

 

一生に一度のプロポーズ。

そして相手にとっては一生物の宝物である婚約指輪(エンゲージリング)。

 

最高のダイヤモンドプロポーズによって、

生涯の思い出となるプロポーズと婚約指輪を叶えていただければ幸いです。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>