ご婚約に先駆けて、婚約指輪の検討を開始すると、まずはどんなブランドがあるのか調べる事から始める方も多いようです。

もしくはプロポーズでダイヤモンドの輝く婚約指輪をプレゼントしたいと検討される方もいらっしゃるでしょう。

 

婚約指輪はジュエリーなので、婚約指輪のブランドとは、ジュエリーのブランドと同じになります。

一部ファッションジュエリーに特化したブランドを除いては、ほとんどのジュエリーブランドで婚約指輪(エンゲージリング)の販売をしています。

 

ジュエリーといえば、まず誰もが知るような高級ブランド(ハイブランド・ラグジュアリーブランド)を想像されるかと思います。

しかし婚約指輪においては、どんな高級ブランドよりも価値のある婚約指輪の選び方があります。

 

今回の記事では、高級なブランドイメージや知名度に左右されず、自分たちに最適最上な婚約指輪を手にする方法についてご紹介します。

 


 

婚約指輪そのものがブランドである

 

婚約指輪

 

革製品やファッションにおける高級ブランドの定義と、ジュエリーブランドにおける高級ブランドの定義は、全く異なると考えて良いです。

革製品やファッションに使用する素材はごく一部を除いて、その素材自体に大きな金銭的価値は伴いません。

デザイン性や、誰がデザインしたかなど、クリエイティブ領域におけるイメージになるからです。

 

しかしジュエリーブランドの扱う商品はすべて、貴金属と宝石で生成されます。

素材はすべて世界中どこでも、金銭的価値が伴うもの。つまりどこでも現金化できる素材で成り立っています。

つまりジュエリーそのものがブランドであり、婚約指輪そのものがブランドなのです。

 

婚約指輪_ダイヤモンド

 

婚約指輪は基本的にプラチナとダイヤモンドで構成されます。金属にはゴールドが採用されることも多いですね。

あらゆる場面において、これらはステータスの証として認知されています。

 

 

クレジットカード-宝石店-ジュエリーショップ

 

クレジットカードにも、ゴールド・プラチナカードがあります。

会員のステージにも、シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドステージがあります。

これら名称が採用されているのは、認知されているから。つまりプラチナやゴールド、ダイヤモンドは世界的なブランドなのです。

一社あたりのブランド力など足元にも及びません。

 

 

婚約指輪-エンゲージリング-ダイヤモンド

 

ジュエリーが商業的にここまで成功したのは、これら素材達の持つブランド力あってのことであり、その素材達がマーケッターの努力によってブランド化されたわけです。

皆さん、ダイヤモンドは永遠の輝きというキャッチコピーを聞いたことがあると思いますが、まさにプロモーションとマーケティングの賜物なんですね。

 

そのため、ジュエリーのブランド選びとは、イメージ云々よりも、自分たちにとって最適かつ最上な選択肢を提供してくれるブランドなのか。

という定義で選ぶべきなのです。

 

高級ブランドの末端顧客になるデメリット

 

婚約指輪-ショップ-お店-宝石店

 

高級ブランドは素敵です。

お金がとことんかけられた店舗、店員のホスピタリティ、顧客に対して様々な仕掛けを行っています。

しかし、高級ブランドの顧客になるためには、ただ婚約指輪を購入しただけではなりづらいです。

 

例えば婚約指輪の平均価格は約30万円。十分に高価なお買い物です。

しかし高級ブランドが相手にする顧客は、婚約指輪に数百万、数千万、数億円をかけていくような顧客ばかりです。

事実、ブランドの顧客向けパーティーなどでは、顧客が現金を敷き詰めたアタッシュケースを持ち歩いて、華やかな演出に彩られたパーティーで気の遠くなるようなお金を投じていきます。

映画のような世界ですが、これは現実なのです。

 

多くの方にとって、婚約指輪は高級ジュエリーを購入する最初で最後の場面です。

ブランド商品を購入するということは、ブランドの顧客になるということです。財布やファッションなどとは違い、ジュエリーは大量に購入するようなものでもありません。

つまり高級ブランドにおける顧客とは、ジュエリーを普段から購入していくようなライフスタイルの方向へ。

 

 

仮に平均価格30万円に対して、100万円をかけたとしても、気の遠くなるような金額をかけている顧客の後押しをすることになります。

高級ジュエリーは男性にとって高級時計のようなもの。女性なら1つはそんなジュエリーを持っておくことで、非常に便利です。

それにジュエリーはなくなりませんので、生涯持ち続け、後世へと受け継いでいくことができます。

 

高級ブランドの末端顧客になるくらいならば、相手にとって最上の婚約指輪という商品にフォーカスして選ぶべきだと筆者は思います。

高級ブランドは素敵ですが、その恩恵を最も受けられる顧客は限られた顧客なのですから。

 

それに、高級ブランドの婚約指輪であろうと、問屋街の婚約指輪であろうと、プラチナでありダイヤモンドであることは同じ。

どちらでも同じクラスの婚約指輪を入手することができます。しかし費用対効果は圧倒的な差になります。

 

 

ジュエリーは賢く選ばなくてはならない

 

婚約指輪_結婚指輪_指輪選び

 

筆者はブランド物のジュエリーを否定しているわけではありません。

事実カルティエのヴィンテージジュエリーをいくつか保有しています。それは純粋にそのデザインに惚れたからです。

 

大切なのは、賢く選ばなくては、ジュエリーの購買活動は損をしたり、失敗してしまいやすいということです。

下手に高級ブランドを目的に婚約指輪を購入してしまうと、後々もっとコストパフォマンスが良かったり、もっと相手にとっても好みなデザインが見つかってしまったりと、後悔に繋がります。

自分達にとって、婚約指輪はどんなものであるべきなのか。をしっかりと考えなくてはなりません。平均価格で30万円。決して安い買い物ではありませんし、筆者がご提案する限り、人生で最も高額なお買い物になるお客様が多いです。

知名度やイメージだけで購入すると、かえって失敗しますので、注意しましょう。

 

 

 

そしてさらに注意すべきこと。それは安価であることを優先して選ぶことです。

ジュエリーは安物買いの銭失いに陥りやすい商品でもあります。確かに問屋街に行けば、平均で30万あたりの婚約指輪も20万円や10万円台で買えてしまうでしょう。

しかしアフターサービスが全くなかったり、相手がネットで見た時の印象や、そもそも中古であったりと、多大なリスクを背負う選択肢でもあります。

安くというよりも、最適に。これがジュエリー選びの鉄則です。

 

 

オーダーメイドというブランド力

 

ジュエリーデザイン

 

さて、本題に入ります。

果たして、どんな高級ブランドよりも価値のある婚約指輪とは、どんな婚約指輪なのでしょうか。

その答えが、オーダーメイドです。

 

ここに異なる婚約指輪の入手経路を持った3人の女性がいます。

 

Aさん:婚約指輪は高級ブランドAで買いました。

Bさん:婚約指輪は中堅ブランドBで買いました。

Cさん:婚約指輪は自分用にオーダーメイドで、作ってもらいました。

 

筆者はCさんであるべきだと思っています。

ブランド物を購入するということは、とてつもない比較対象にされます。そうなると、カラットやブランド力の競争になっていきます。

 

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド

 

 

しかしCさんの婚約指輪は、唯一無二。

ブランドにとらわれることなく、自分用に作ってもらったのですから、ブランドやカラットなどの無駄な要素がない状態になります。

それに自分の要望が反映されて自分のために作られたのですから、圧倒的な愛着を沸かせることができます。

比較対象にされないどころか、揺るぎないアイデンティティを持つことができます。

 

婚約指輪-指輪-サイズ-測り方

 

ファッションドレスやスーツでも一緒ですね。

オーダーメイド、テーラーメイド、オートクチュール。既成品よりも自分ナイズドされた、世界に一つの価値よりも高いものはないのです。

 

特に現代は、個に最適化していく時代。

婚約指輪も既成品やブランドイメージに左右されるのではなく、自分らしさを求めることに価値があります。

その価値は決して企業がお金をかけて作ることのできない、プライスレスな価値だと言えるでしょう。

 

前提が長くなってしまいましたが、婚約指輪はオーダーメイドで、自分らしさを作ってもらう。

これ以上の価値はありませんので、ぜひオーダーメイドで選ぶことを前提にされると良いでしょう。

 

 

オーダーメイドを最高に楽しく

 

EIKA_EC_理想のリングへリメイク

 

筆者がジュエリーのコンサルタントを務めるEIKAでは、オーダーメイドを最高に楽しく、理想を叶えることができます。

なぜなら、EIKAは世界中のブランドの中で唯一行っているサービスが3つあるからです。

 

「サイドストーンのサービス」

 

EIKAのエンゲージメントリング(婚約指輪)コレクションは、世界で唯一サイドストーンのサービスを行っています。

セレブレーションダイヤモンドと呼ばれるこのサービスは、結婚の始まりを奏でる婚約指輪において、妥協なき選択肢を選んでほしいという思いから生まれたサービス。

婚約指輪はデザインによって大きく価格を変えて販売する手法が主流ですが、EIKAは写真のように贅沢なデザインも統一価格で選べるようになっています。

婚約指輪はお二人で選ぶ時代ですが、予算面を気にせずにお打ち合わせ・検討できるメリットは計り知れません。

 

「オンラインですべてを提供」

EIKA-通販-オンラインストア-ジュエリー-婚約指輪-結婚指輪

 

EIKAはオリジナルデザインの生成を、オンラインですべて提供できるようにしています。

近くに宝石店がなくて、オリジナルデザインやカスタムができないと考えている方にも、朗報です。

 

 

EIKAではよく活用されるデザイナーのデッサン絵ではなく、3DグラフィックによるイメージCGサービスを提供。

詳細まで確認できるグラフィックはデータで転送ができるため、オンラインでデザインの選定をしていくことができるのです。

全国への配送サービスはもちろん、指輪のサイズを計測するツールも全国無料でレンタルしているため、完璧なデザインを叶えることができます。

 

「リメイク(リフォーム)サービスを提供」

EIKA_FJEC_ソリテールデザイン

 

ブランドジュエリーとしては、世界ではじめて、リメイクサービスを提供しています。

EIKAで完成した婚約指輪は、新しいコレクションへとリメイクしたり、形状を買えてネックレスなどへとリメイクし続けることができます。

このサービスによって、贈られたダイヤモンドを常に最適な状態で保有することを可能にしており、そのサービスもすべてオンラインで提供が可能です。

 

これら3つのサービスによって、本来複雑であったジュエリーのオーダーメイドを、シンプルに楽しく、最上の選択肢へと昇華させています。

もちろん、多数の華やかなコレクションもあるため、そこから検討するのも良いでしょう。EIKAのジュエリーは、全てオーダーメイドで生成されます。

またEIKAの完全予約制サロンでは、専属のコンサルタントによる最上のコンサルテーションと実物のジュエリーで検討やお打ち合わせも可能です。

 

EIKAブライダルジュエリーについて詳しくはこちら>

 

 

プロポーズならダイヤモンドから

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

もしこの記事を見られている方が、これからプロポーズで指輪を検討されているのなら、その選択肢は削除しましょう。

現代は婚約指輪を二人で選ぶ時代です。指輪でプロポーズは、誰も幸せになれません。その代わりに生まれた方法が、ダイヤモンドプロポーズです。

婚約指輪の主役となるダイヤモンドのみでプロポーズを行い、形は二人で決める。という最上の方法です。

EIKAではこちらも世界で唯一かつ最上の方法をご提供しています。詳しくは下記ページまで。

 

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>

 

 

現代は、高級ブランドがストリートブランドとコラボレーションしてしまう時代です。

つまり時代は、イメージや認知度ではなく、いかに最適な選択肢を選べるかどうか。

婚約指輪は重要なジュエリーですので、ぜひ最上の婚約指輪を手にしてください。