プロポーズのプレゼント。と聞くと、多くの方が婚約指輪(エンゲージリング)を思い浮かべるかと思います。

また同じように、バラの花や花束などのフラワーギフトもイメージしやすいかと思います。

ロマンチックなプレゼントやシーンにおいては、必ず登場する、お花のプレゼント。

筆者もお花が大好きで、よくプレゼントをします。

 

しかし、プロポーズプレゼントとしては考えなくてはなりません。

多くの方が、指輪というイメージはありつつも、サイズやデザインなどを独断することができないため、指輪以外のプロポーズをされます。

そこで登場するのが、バラの花や花束なわけですが、ここに注意点があります。お花は枯れてしまうからです。

永遠の愛を告白するのに、枯れてしまって、すぐにゴミ箱行きになってしまう。

お花のプレゼントは、しっかりとした活用法が必要です。

 


 

花はメッセージカードである

 

プロポーズ_手紙_言葉_愛

 

指輪に代わるプロポーズプレゼントとして、無数のお花屋さんが花や花束を打ち出しています。

確かにプロポーズにおいて、お花は非常にマッチングしたプレゼントといえるでしょう。好き嫌いもないですし、世の中の女性で花をもらって不快なヒトは、基本的に存在しません。

しかし指輪に代わるプロポーズプレゼントとしては、物足りないのもお花のプレゼント。

 

本来、お花というのはメッセージを伝える手段です。

赤いバラの花であれば、愛の告白を意味します。白いバラの花であれば、純潔や無垢で偽りのない心などを意味します。

花言葉という存在は皆さんご存知かと思いますが、古来からお花というのはメッセージカードのように活用されてきたわけです。

最近、このあたりを誤解もしくは誇張表現しすぎているケースが目立ちすぎており、問題に感じます。

 

あくまで花というのは、ご自身が伝えたい気持ち・想いを美しい形で表現してくれるサポーター。

伝えたら役目を終える(枯れる)、という設計になります。だから枯れてしまっても、嬉しいプレゼントなのです。

これがメインのプロポーズプレゼントになってしまうと、本末転倒になります。

 

お花とともにメッセージを受け取り、その想いは心に宿って枯れることのない花となる。

メッセンジャーとなったお花は役目を終えて、自らの生をまっとうする。

お花を贈ることの、根本的な意味や目的を理解しておきましょう。

 

 

お花を愛してるとは言えない花屋が多い

 

 

最近、プロポーズプレゼントにおける花や花束の販売競争は、非常に大きなものとなっています。

プロポーズは単価も取れるし、数もある。ということで、多くの花屋が参入しているわけです。

価格競争になって、安くなる分には良いのですが、正直お花屋さんなのに、お花を愛してるとは言い難い商品が多すぎるように感じます。

 

 

EIKA_サプライズ_プロポーズ_バラ

 

その代表的な例が、100本のバラとか108本のバラなど、とにかく数で勝負するという花束。

後付けのように、そこにも花言葉をつけ始めている状態です。

 

筆者は花屋ではありませんが、お花は大好きです。よく妻や娘に花をプレゼントします。

しかし、必ずといっていいほど、一輪でプレゼントします。もしくはちょっとしたアレンジ程度です。

なぜなら、気持ちは数ではないからです。想いが数で決まるのならば、お金をかければかけるほど、想いが大きいということになってしまいます。

お花屋さんが、こういった数で勝負、より高単価に、といった商品開発をしてしまうことには、少し悲しさを感じてしまいます。

 

想いの強さは、数で決まるものではありません。

それに100本のバラになったら、とんでもない大きさのゴミに成り果ててしまいます。

枯れた時のインパクトも100倍です。

そういった数や打ち出しで商品開発をしているお花屋さんには、愛情を感じることができませんね。

 

 

世界に一輪なんです

 

プロポーズプレゼント-花-バラ-花束-ローズ

 

プロポーズをする相手の方は、プロポーズする方にとって、どんな存在でしょうか?

筆者にとって、妻は世界に一人だけの存在です。それが事実ですし、心の感じ方でも同じです。

だから一輪の花をプレゼントするのです。

 

世界に一人へ、一輪を贈る。これ以上に最適なメッセージはありません。

贅沢な花束を見てしまうと、ヒトの心はつい数に向きがちです。しかし、愛の告白においてそれほど矛盾したことはありません。

ヒトの心に刺さるのは、常に純粋な想い、シンプルな形です。

 

プロポーズプレゼントで花をプレゼントするなら、必ず一輪のバラなどで行うことをおすすめします。

枯れた時にも受け入れやすいです。あくまで、メッセンジャーとして活用しましょう。

それがプロポーズにおいて、最も重要な役割なのですから。

 

 

プリザーブドフラワーを使う

 

プロポーズ_プレゼント_花_ローズ_薔薇_バラ_サプライズ_婚約指輪_エンゲージリング

 

お花は枯れてしまうもの。

しかし現代では、枯れないお花をプレゼントすることができます。プリザーブドフラワーと呼ばれる加工花です。

プリザーブドフラワーとは、特殊な溶液を活用して、お花内部の水分を転換させることで枯れないようにするお花のこと。

本物のお花の瑞々しい状態から、枯れることはありません。工程が大変なため、高級品となります。

 

枯れないとは言っても、本物の素材になるので、有限にはなります。

徐々に経年劣化は進んでいきます。しかし乾燥や多湿などを避ければ、数年は余裕で保つことができます。

 

お二人にとって、当時の思い出は特別なもの。

その思い出で最も重要な想いの形を、しばらく眺められるのは、とても素敵な配慮だと思います。

普段プレゼントするお花は、生花で十分ですが、プロポーズといった特別な機会だからこそ、おすすめしたいものです。

 

想いが枯れない、1輪のバラ。

このバラは、100輪でも1000輪のバラでも超えることができない、優れたメッセージを伝えてくれるでしょう。

 

 

 

ダイヤモンドプロポーズとセットで

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

冒頭でも、プロポーズにおけるお花のプレゼントは、あくまでメッセンジャーだとお伝えしました。

もちろん、先にご紹介したように、枯れない一輪のバラでプロポーズされるのも、素敵です。

 

しかし、現実としてプロポーズ=ダイヤモンドの輝く婚約指輪という憧れが強い点があります。

プロポーズとは結婚の申し入れ(提案)です。つまりお花だけだとカジュアルな印象は拭えません。

お二人の価値観にもよりますが、ぜひダイヤモンドプロポーズとセットで検討してください。

最終的に婚約指輪を検討されているなら、絶対に検討するレベルの方法です。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

 

婚約指輪の主役となるダイヤモンドという素材のみでプロポーズする方法が、ダイヤモンドプロポーズ。

支持されている理由は、サイズやデザインを気にする必要性がないことと、素材をプレゼントして、形を二人で決める。という配慮が嬉しいからです。

 

結婚は共同作業です。人生の運命共同体となるわけですから、婚約指輪という最初の一歩も、本来であれば二人で決めるべきものです。

そのきっかけとなる素材をプレゼントすれば、非常に温度感のあるプロポーズプレゼントを可能にします。

このダイヤモンドプロポーズとバラ一輪のセットでプロポーズすれば、メッセージもサプライズ性も、全てが完璧に行えるようになります。

また、婚約指輪という最初のゴールまでを見越したプランのため、非常にスマートです。

 

まだほぼ全員が指輪でプロポーズをしていた時代。筆者は、ダイヤモンドでプロポーズを行いました。

最初はよく理解してくれなかった妻も、その想いを伝えたら、非常に感動してくれました。

二人で生きていく。プロポーズとは、その提案であり、その気持の強さを相手に感じてもらうことなのではないでしょうか。

 

大量の花でプレゼントしたって、すぐにゴミと化するだけです。

それはお花にとっても、お二人にとっても、悲劇といえるでしょう。

 

 

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>