お付き合いしている方の中には、国内の転勤や海外転勤など、生活の拠点が仕事の都合で変わってしまう方もいらっしゃいます。

 

その時、多くの方がお付き合いしている彼女との関係を気にします。

生活の拠点が違い、遠距離恋愛や国際遠距離恋愛ともなれば、関係が続いていくのか不安に思うのは当然です。

統計データから見ても、遠距離恋愛は長続きし辛いこともわかっています。

 

しかし、彼女と結婚したいと考えているならば、転勤はむしろプロポーズのタイミングとなります。

やり方によっては二人にとっても理想的なタイミングとなるでしょうし、好感度の高いプロポーズとなる可能性も秘めています。

 


 

転勤前にプロポーズを

 

プロポーズ-自宅-場所-サプライズ

 

彼女と結婚を視野に入れていたり、相手が結婚への願望を抱いているならば、転勤前にプロポーズされることをおすすめします。帰ってくるまで、待っててください。というのは一方的すぎるからです。

帰ってきてからの約束は、不安な約束になってしまいます。

転勤してからも結婚を前提とした関係の継続を望むならば、転勤前のタイミングでプロポーズされるのが、最良のタイミングです。

彼女にとっても、非常に嬉しいタイミングといえるでしょう。

結婚を約束しないまま遠距離恋愛になるよりも、前提としていれば不安要素が減ります。

 

3つの方向性

 

プロポーズ-自宅-場所

 

転勤前のタイミングでプロポーズをする場合、基本的に結婚の段取りについては、3つの方向性があります。

 

「戻ってきたら、結婚」

転勤前のタイミングでプロポーズを行って、結婚の約束をした上で、戻ってきてから正式に結婚の段取りをしていく。という方向性です。彼女も仕事を継続したいと思っている場合などに選ばれる方向性です。

現代は主婦の時代ではありません。彼女にとっても仕事や仕事の環境は、非常に重要です。

結婚したいとは思っていても、生活の拠点を変えるのは厳しい場合も多いでしょう。

その場合には、転勤前のタイミングでプロポーズして婚約し、帰ってきたら結婚するという流れも素敵です。

 

「すぐに結婚、一緒に引っ越し」

転勤前のタイミングでプロポーズもして、結婚もする方向性です。

さらに結婚して二人で生活の拠点を変える方法です。基本的には相手がついてくる。という選択肢です。

彼女が特に仕事をしていない場合や、結婚をきっかけに退職したいと考えている場合などです。

 

「すぐに結婚、別居からスタート」

実は最近多いのがこの方向性です。転勤前のタイミングでプロポーズをして、結婚もします。

しかし転勤は一人で行き、別居婚からスタートします。婚約したとはいえ、結婚という事実がほしい場合などです。二人にとっても関係の安心度が高まります。

 

転勤前のタイミングでのプロポーズにも、プロポーズする方やされる方の状況によって、様々な方向性があります。どれが正解という訳ではなく、相手にとってどれが最良の方向性なのかを熟考しましょう。また二人の人生にとっても重要な場面なので、プロポーズ後もよく話し合うことが大切です。

 

プロポーズ-タイミング

 

筆者がおすすめするのは、婚約してそれぞれの場所で生活をする方向性から提案することです。

そこから承諾が得られれば、協議を重ねていって、ベストな選択肢を得られやすいからです。

どんな言葉と方向性にしようか迷った場合には、おすすめです。

 

しかし、場合によってはもう元の場所には戻らないというケースもあるかと思います。

その場合には、転勤という選択肢をなくすか、相手についてきてもらうしかありません。

率直な想いを伝えることが大切です。

 

 

具体的な話をする

 

プロポーズ-自宅-場所

 

転勤前のタイミングでプロポーズするにあたり、大切なのは、具体的な話であることです。

宙に浮いたような話ではなく、相手のためにどんな選択肢があって、どんな方法が二人にとって良いのかを考えて、しっかりと具体的にプロポーズとともに話すことです。

 

せっかくプロポーズが嬉しくても、具体性に欠ける話や計画であれば、配慮に欠けていると感じられてしまいます。

結婚は、人生を仕事以上に大きく変える出来事です。

ぜひこういった環境の変化を起こすタイミングでのプロポーズは、具体性のある話にされることをおすすめします。もちろん具体的な話の前に、率直な想いを話すことが大切です。

 

ダイヤモンドを贈る

 

ダイヤモンド-ハートアンドキューピッド

 

転勤前のタイミングにおけるプロポーズでは、プロポーズプレゼント及び婚約記念品が重要な役割を担います。

物というのは想いを投影して、感じることができるものだからです。

例え遠距離恋愛になってしまっても、プロポーズの時の思い出の品があれば、その時の新鮮な想いを常に感じることができます。

演出や場所にこだわりすぎる必要性は絶対ではありませんが、プレゼントはしっかりと贈りましょう。

 

婚約指輪-エンゲージリング-1カラット-ダイヤモンド

 

婚約やプロポーズといえば、婚約指輪がイメージされやすいかと思います。

正しいのですが、正確には誤りです。

プロポーズプレゼントするならば、ダイヤモンドでプロポーズを。

指輪は二人で選ぶ時代ですし、サイズや好みのデザインなど、本人でも分かりません。

 

婚約指輪の主役はダイヤモンドですので、そのダイヤモンドでプロポーズします。

そしてそのダイヤモンドを遠距離中は保管しておき、帰ってきたら指輪に変えるのです。

まさに一石二鳥です。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

ここで重要なのは、帰ってきたら、素材が形に変わるステップがあるということ。

二人にとって共通の目的が生まれるため、非常に有意義なプレゼントとなります。

もちろん、すぐに婚約指輪にすることだってできます。

 

「決意の証としてダイヤモンドを贈ります。結婚してください。帰ってきたら、二人で形を選びましょう。」

 

というような言葉とともに贈れば、素敵ですね。

また二人で転勤先へと行きたい場合には、二人でデザインを選んで、それを持って行こうという伝え方もできます。

 

ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら>

 

転勤は本人にとっても、人生を大きく左右する出来事。

しかし愛するヒトは、何よりも大切な存在だと思います。

転勤というタイミングをポジティブに変えて、素敵なプロポーズを叶えてください。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>