よく婚約指輪探しや結婚指輪探しをしていると、「ブライダルジュエリー・ブライダルリング専門店」という言葉や広告を目にするかと思います。

その名の通り、婚約指輪と結婚指輪というウェディングリング(ブライダルリング)を専門的に取り扱っている宝石店もしくはメーカーがこれにあたります。

ブライダル専門店?って少し疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

今回の記事では、ブライダルリング専門店で婚約指輪や結婚指輪を選ぶメリットやデメリットについてご紹介します。

 


 

ブライダルリング専門店のメリット

 

婚約指輪-ブランド-ジュエリー-エンゲージリング

 

ブライダルリング専門店のメリットとしては、下記が挙げられます。

 

「リングのデザイン数が豊富にある」

ブライダルリング専門店のため、婚約指輪や結婚指輪のデザイン数が豊富にある専門的がほとんどです。

専門的にすることで、婚約指輪と結婚指輪という2つのジュエリーに集中して開発や仕入れを行えるためです。

とにかく沢山のリングから選びたい!という方にはメリットがあります。

いわゆる百貨店にいけば、何かしら候補が見つかるだろう。という概念と似ています。

 

「ブランド物より安価な傾向」

いわゆるラグジュアリーブランドと比較して、ブランド運営をしていない(それっぽくは見せている)ため、比較的安価な傾向にあります。

高級ブランドというのはイメージづくりのために多額の投資を行っていますが、ブライダルリング専門店はそうでないことが多いからです。

それに婚約指輪や結婚指輪は平均単価が高いため、安めに設定することもできます。

 

「敷居が低い」

ブライダルリング専門店はカジュアルな雰囲気です。

ブランドのサロンとは違って、ジュエリーコーディネーターと呼ばれるスタッフの方々もフレンドリーな傾向にあります。

ジュエリーという商品において、敷居が低いことはデメリットにも繋がりますが、カジュアルさという点ではメリットに感じる人もいるのではないでしょうか。

 

「値引き交渉がしやすい」

ブライダルリング専門店は値引き交渉がしやすいことで有名です。

むしろ率先して値引きしてくれます。このあたりはデメリット欄にも入りますが、yahoo知恵袋などでも値引きのしやすさに疑問を覚える方が多いようです。

しかし値引き交渉をしたい人にとって、そのしやすさはメリットと言えるでしょう。

 

これらのように、婚約指輪や結婚指輪を選ぶ人の中でも多くの方がはじめてのジュエリー選びになりますから、敷居の低さなどは総合的なメリットになるのではないかと思います。

ジュエリーと聞いて不安に感じる方にも最初の入口としてはメリットが高いのかもしれません。

 

 

ブライダルリング専門店のデメリット

婚約指輪-ショップ-お店-宝石店

 

ブライダルリング専門店で、婚約指輪や結婚指輪を選ぶデメリットについてご紹介します。

 

「セールスがひどい」

ブライダルリング専門店は、ブランドがイメージや顧客のホスピタリティを重要視するのに対し、とにかく単価を上げるのに必死です。

つまりセールスに特化したお店がほとんどのため、強引に決定へと導かれる可能性が高いです。

ブライダル専門店な以上、ウェディングの領域だけで勝負しているため、なんとしても獲得したいからです。

このあたりはyahoo知恵袋などでも相談が相次いでいますね。正直評判が悪い専門店が多いのも現実です。

せっかくの特別な機会なのに、強いセールスにあうと不快感に繋がります。

 

「値引きがひどい」

ブライダル専門店の多くは、値引き交渉がしやすいです。むしろ率先して値引きしてくるパターンが多いです。

前提に値引きがあるということは、価格設計がその部分のバッファーを見て設計しているということです。

ゼクシィなど広告を見ると、必ずといっていいほど来店予約特典で、3000円プレゼント!なんてことをやっています。

例えば婚約指輪をもらった女性がそんな値引きされた指輪であることを知ったら、少し悲しいですよね。

本来、値引きできることは嬉しいことですが、婚約指輪や結婚指輪は生涯の宝物。最適な価格で最上の選択肢を得なくてはなりません。

 

「とにかく迷う」

メリットに婚約指輪や結婚指輪のデザイン数が多いことを挙げましたが、実はこれはデメリットになりがちです。

簡単に申し上げますと、候補ばかりが増えて、余計な検討時間がかかってしまうことが多いのです。

デザイン選びとは数で勝負するものではありません。質です。数が多ければ良い選択肢が得られるわけではありません。

それに婚約指輪や結婚指輪にはデザイン上に一定のルールや基本形が存在しています。

大切なのはデザインの数ではなく、最適なデザインを少ない候補から的確に導き出すことです。

数が多いことで余計な時間や、労力がかかってしまうのは大きなデメリットだと思います。

 

「ブランド力がない」

言わずもがなですが、ブライダルリング専門店には、いわゆるブランド力がありません。

婚約指輪や結婚指輪は周囲へお披露目する指輪でもあるわけですが、選んだストーリーなども重要になります。

ブランドのストーリーやイメージ、なぜそのリングを選んだのかというストーリーは紛れもなく大きな価値を持ちます。

ブライダルリング専門店にはそういったストーリー性が乏しいため、物足りない印象はあります。

 

 

メリットもありますが、ブライダルリング専門店にはデメリットもあります。

そもそもジュエリーとはストーリーです。衣食住という人生のマストアイテムではないからです。

とにかく機会的に選ぶのではなく、自分たちが一生保持し続ける宝物選びとして考えるべきです。

 

婚約指輪-指輪-サイズ-測り方

 

 

また婚約指輪や結婚指輪は、ジュエリーという世界への入口でもあります。

お年を重ねていけばいくほど、ジュエリーというものは活躍していきます。

ブライダルリング専門店だとその時だけになってしまうので、もったいないイメージはあります。

今後ファッションジュエリーや結婚記念日プレゼントでジュエリーを検討したい時などに相談できる窓口として選ぶのもポイントだからです。

安易に専門店だけに候補を絞らず、せっかくの機会なので、様々なブランドにも触れてみましょう。

 

婚約指輪も結婚指輪も、ジュエリー選びです。

専門的に選ぶというよりは、とにかく二人にとって素晴らしいジュエリーを叶えるという目的にすると良いでしょう。

 

 

 

「編集部おすすめの記事」

・ダイヤモンドでパーフェクトプロポーズを>

・婚約指輪で失敗しないブランドの選び方>