価値の高いダイアモンドが輝き、永遠の愛の象徴として長年に渡って支持され続けてきた婚約指輪。

女性にとっては憧れの指輪であり、生涯に渡って持ち続ける宝物のリングです。

 

そんな婚約指輪といえば、プロポーズなどでサプライズに・・・

というイメージを多くの方がお持ちかと思います。

そんなイメージからサプライズなプロポーズを婚約指輪と共に・・・と計画を始めます。

しかしほぼ全ての方がサイズが分からなかったりや膨大なデザイン選びで困惑してしまいます。

果たして婚約指輪はプロポーズで必要なのでしょうか?

 


 

全く必要ない

 

プロポーズ_失敗

 

先に結論から申し上げます。

プロポーズに婚約指輪は全く必要のないものです。

 

無駄なリスクを背負う必要性は、双方にとってありません。

これからその理由や、現実的におすすめで人気なプロポーズ方法をご紹介しますが、プロポーズには指輪が必要ないということを断言しておきましょう。

 

 

イメージと現実は異なる

 

プロポーズ_ダイヤモンド

 

そもそもなぜプロポーズプレゼントといえば、婚約指輪(エンゲージメントリング)を想像するのでしょう?

多くの方がそういったイメージの理由について考えることをつい忘れてしまいます。

それは先入観だからです。もしくは先入観の結果からなるイメージとも言えるでしょう。

 

様々な映画やドラマのシーン、テレビCMやオンライン広告、SNSでの投稿などによって、多くの方がプロポーズ=婚約指輪というイメージを持ってしまうのは仕方のないことです。

しかしイメージと現実は違います。多くのことが同じであるように、プロポーズと婚約指輪という関係も異なるのです。

 

 

 

ダイヤモンドの輝く指輪(ダイヤモンドリング)を婚約指輪として贈るようになった1960年代からしばらくは、たしかに指輪でのプロポーズが通例でした。

しかし現在においては支持されていない方法であり、むしろ指輪ではないプロポーズプレゼントを用意される方の方が増えてきています。

 

理由は明確です。せっかく高級な品である婚約指輪を購入して贈ったのに、

 

・サイズを誤ってしまった

・相手の好みではなかった

・あまり付けてくれなかった(ストレートに好みではない事を表現)

 

なんてケースが頻発し、そもそもリスクだらけでメリットのないプロポーズ方法という認識になったからです。

当然といえば当然ですよね。おそらく本記事をご覧頂いている方も、元々同じ疑問をお持ちかと思います。

そしてそれは正しい認識です。それでも広告やドラマは指輪でのプロポーズをゴリ押ししてきますが・・・

 

 

未婚女性は支持、既婚女性は不支持

 

 

実際に100人の未婚女性と既婚女性にアンケートを行いました。

そうすると面白いデータが見えます。

 

【Q:プロポーズプレゼントで婚約指輪は理想?】

 

(未婚女性100人)

・理想:89人

・どちらとも言えない:6人

・理想ではない:5人

 

 

(既婚女性100人)

・理想ではない:86人

・理想:11人

・どちらとも言えない:3人

 

分かりやすい位に、既婚者と未婚者の女性で意見が反転しました。

理由は明確です。プロポーズされる側の女性もプロポーズといえば婚約指輪がイメージに強いから憧れているという側面が大きいのです。

 

EIKA_婚約指輪_結婚指輪_重ね着け_ペアリング_ダイヤモンド_エンゲージ_マリッジ_オリジナル_オーダーメイド

 

 

しかし実際に婚約指輪やプロポーズを経験した既婚女性からすれば、せっかくの婚約指輪ならば二人で選びたい。

自分の好みや理想を叶えたいという非常に現実的な意見が目立つようになります。

 

 

プロポーズ_失敗_断る_NG_婚約指輪_エンゲージリング

 

ここから1つの注意点が生まれます。

婚約指輪でプロポーズはしたくないけれど、彼女が指輪でのプロポーズにあこがれていたから婚約指輪でプロポーズする。

ということは危険であること。

 

せっかく理想を叶えたのに、いざ婚約指輪を手にしてしばらくしたら意見が異なってしまうのは悲しいですよね。

つまり先行したイメージが非常に大きな矛盾を生み出しており、多くの男性やカップルを悩ませてしまっているのです。

 

 

本人にも分かりづらい

 

 

そもそも婚約指輪は、多くの女性にとって初めての宝飾品。

だからこそ憧れるのです。普段からアクセサリーなどで指輪やネックレスなどを愛用していても、婚約指輪は別物です。

宝飾品としての婚約指輪には、しっかりと選び方やデザインの理論が存在しています。

 

 

EIKA_婚約指輪_結婚指輪_重ね着け_ペアリング_ダイヤモンド_エンゲージ_マリッジ

 

さらに婚約指輪はファッションアクセサリーとは異なり、一生物。

年齢を重ねていっても相性の良いデザインであることが重要な鍵となります。

また結婚指輪との重ね付けなどの相性も非常に重要で、本来であればセットで検討すべきです。

 

 

婚約指輪-エンゲージリング-サイズ

 

そんな婚約指輪のデザインについて理想はあっても、実際に試着してみたり検討してみれば理想は変わるもの。

また左手薬指の最新サイズなんて常に把握できません。

 

よくプロポーズ前に、好みのデザインやサイズをさりげなく聞いてみたりなどの裏技的記事を見かけますが、危険です。

デザインによってもおすすめなサイズは変わります。

本人にとっても分からないのですから、それをプロポーズで贈るという前提は存在しないと考えて良いのです。

 

プロポーズ-自宅-場所

 

 

万が一プロポーズを指輪以外で行って、指輪じゃないの?と質問されてしまったら、これらの事を伝えれば大丈夫です。

むしろ相手にも良い気付きになりますし、納得どころかしっかりと考えてくれていることに喜びを感じてもらえるはずです。

 

指輪以外でプロポーズするということ。指輪でプロポーズをしないということ。

これらは妥協でも代替案でもなく、二人にとって嬉しい方法なのです。

 

 

答えはダイヤモンドにある

 

ダイヤモンド-ハートアンドキューピッド

 

いかがでしょうか。

先入観で良いこともあれば、悪いこともあります。婚約指輪でのプロポーズは明確に後者です。

一生の宝物となり、後世に渡って引継いでいくことのできる婚約指輪を賭けのように選ぶメリットはありません。

最後に最もおすすめなプロポーズプレゼント方法について。

 

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

 

 

その答えが、婚約指輪の主役であるダイヤモンドにあります。

そもそも婚約指輪はダイヤモンドが主役の指輪ですから、ダイヤモンドのみでプロポーズすれば良いのです。

これをダイヤモンドプロポーズと呼びます。現在では非常にポピュラーで人気なプロポーズプレゼントですね。

ダイヤモンドでプロポーズした後に、二人で宝石店やオンラインを眺めてデザインを決めれば良いわけです。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

憧れの対象であるダイヤモンドによるサプライズはもちろん、そのダイヤモンドがさらに指輪になって戻ってくるわけです。

一石二鳥とはこのことで、1度で2度嬉しいサプライズを叶えます。

 

ダイヤモンドプロポーズ_EIKA_フラワージュエリー_婚約指輪_エンゲージリング_フラワージュエリー

 

 

今日の記事をご覧頂いても、指輪でプロポーズしたい。

そんな場合には、完成した指輪をプレゼントしてサプライズすれば解決します。(指輪の納品を自分で受け取る)

もう指輪でのプロポーズは完全に忘れましょう。

 

ダイヤモンドプロポーズについて詳しくはこちらの記事を。

 

 

冒頭での結論どおり、プロポーズに婚約指輪は不要ですので、安心しましょう。

サイズにデザインに、一人で迷って悩む必要性は皆無です。

 

ぜひダイヤモンドプロポーズによって、婚約指輪そのものが二人の結婚における最初の共同作業になれば良いですね。

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>