婚約指輪の予算や価格をなるべく安く済ませたい。そう考えている方も多いのではないでしょうか。

とにかく安くというよりは、なるべく最適な価格で最適な婚約指輪を入手したいという目的です。

現代はオンラインショップなどのネット通販の台頭によって、より安価に良い品を購入することができるようになりました。

 

実店舗である程度品定めしたら、より安くネットで買う。今では当たり前の購入方法ですね。

そういった中で店舗でも価格をより最適な価格で安価に設定するケースも増えてきました。

しかし婚約指輪においては、注意が必要です。

 

いくら安く手に入っても、その婚約指輪に価値が伴っていなければ無意味だからです。

むしろ安く買ったことで、安物買いの銭失いという言葉が当てはまりやすいのがジュエリー。

今回の記事ではそういったことにならないように、どうしたら最適な価格で最上の婚約指輪を購入できるかについてご紹介します。

 


 

価値がないなら贈らない

 

プロポーズ-失敗-サプライズ

 

そもそも婚約指輪はダイヤモンドが本物で、指輪の形状であれば良いと考えてはいけません。

婚約指輪とは婚約記念品。

婚約したことを記念して贈られる価値の高いダイヤモンドリングのこと。

つまり価値が高くなければ意味をなさないのです。

 

言い方は悪いですが、安物を贈るくらいなら贈らない方が良いです。

ジュエリーとはそもそも価値の高い宝石を身にまとって装飾するための装飾品。

価値がないということは本末転倒なのです。

 

婚約するから、プロポーズするからとにかく指輪を贈れば良い。

という考え方はそもそも前提として間違っているのです。

 

婚約指輪を絶対に贈るという法律もルールもありません。

結婚式でのお祝儀に相場があるように、マナーの部分に該当します。

安すぎて、価値が伴っていない婚約指輪を贈るなら、贈らないという英断も必要です。

 

 

婚約指輪は永遠の品

 

エタニティリング-婚約指輪-結婚指輪

 

そもそも婚約指輪は永遠になくならない品物。

一生持ち続けることはもちろん、後世へと受け継いでいく指輪です。

その時だけの商品とは価格や予算の考え方が根本的に異なるのです。

だからこそ価値が伴っていないと、保持し続けるメリットがないのです。

 

 

EIKA_婚約指輪_レビュー_ダイヤモンド_EC1029

 

また婚約指輪は2つの素材で構成されています。

ダイヤモンドという宝石とプラチナやゴールドという貴金属です。

どちらも世界中でお金と同じ価値があり、すぐに現金化できます。

 

婚約指輪などのジュエリーを持つということは価値を保持するということでもあるのです。

事実、一昔前は夫の仕事が傾いた時の保険として。。という考えもありましたね。

 

 

ファッションリングとは違う

 

婚約指輪-エンゲージリング-プロポーズ-デザイン

 

そもそもジュエリーには2つの種類があるのをご存知ですか?

 

1 ファッションジュエリー

エタニティリング-婚約指輪-結婚指輪

 

 

普段使いを目的として、小粒なダイヤモンドで構成されたジュエリーです。

本物のダイヤモンドなどの宝石を使用しますが、1石ずつの価値は高くないため、安価に購入できます。

普段使いにも最適で、日常的に活用できるジュエリーであり、女性自身で購入することの方が多いです。

 

2 ファインジュエリー

 

EIKA-婚約指輪-エンゲージリング-エタニティ-ブーケ

 

価値の高い宝石をまとい、それを主役としてみにまとうジュエリーです。

高級ジュエリーとも言えますし、ハイジュエリーとも言えます。

男性でいう、高価な時計と一緒です。ドレスアップが必要な時に重宝します。

よくハリウッドセレブがレッドカーペットに歩く時は、こちらのジュエリーを身に着けますね。

 

 

つまり本物のダイヤモンドであるから問題ないというのは、誤った認識です。

婚約指輪は後者であるファインジュエリーに該当します。

 

婚約は結婚の最初のステップ。その提案を男性からすることが通例でマナーです。

だからこそそのシーンに相応しいギフトが必要であり、価値が伴っていることが需要となるわけです。

 

もちろんファッションジュエリーでプロポーズや婚約指輪として贈っても、相手や相手方のご両親の印象が問題なければ大丈夫です。しかし贈ることそのものにメリットはあまり感じられません。

 

 

主役のダイヤモンドが重要

 

婚約指輪-エンゲージリング-1カラット-ダイヤモンド

 

とにかく婚約指輪で大切なのは、婚約に相応しい価値を伴っていること。

価値が伴っている婚約指輪をより安く手にすることができれば、良いお買い物といえます。

 

 

EIKA_FJEC_鑑定書

 

重要なのは主役たるダイヤモンド。

婚約指輪の主役となるダイヤモンドの価値が全てを物語ります。

実はこの価値の部分の選定は難しくありません。

なぜならダイヤモンドには4Cと呼ばれる世界共通の価値基準があるからです。

(ダイヤモンドの4cについてくわしくはこちらの記事をご覧ください。)

 

 

ダイヤモンド-原石-カット-研磨

 

そのため下記を最低条件とすれば、間違いなく優れているダイヤモンドであることが世界中でいえます。

 

・カラット:0.3カラット以上

・クラリティ:SIクラス以上(VS以上だとなお良し)

・カラー:Iクラス以上(F以上だとなお良し)

・カット:VERY GOOD以上

(ラウンドブリリアントカットの場合)

 

上記条件にすれば、必ず評価を下記のように言うことができます。

 

「主張性に優れ、無色透明でとても良いカットが施された優秀なダイヤモンドである。」

 

あとはその婚約指輪に鑑定書がついていれば問題ないです。

(鑑定書は、中央宝石研究所かG.I.Aのものであれば問題ないです)

 

 

ファクトリーブランドで選ぶ

 

婚約指輪-エンゲージリング-オーダーメイド

 

現代はラグジュアリーブランドよりもファクトリーブランドの時代です。

製作している会社がブランドを自社で立ち上げ、直接販売するブランドのこと。

 

一般的なこれまでのブランドは製作する工場から販売される場所まで何社も挟んでいくため、実際の価値に対して高値で販売されるケースがほとんどでした。ジュエリーにおいては特に顕著です。

 

ダイヤモンドなどの宝飾品は鑑定書さえつけられていて、しっかりと保証プログラムが用意されていれば、どこにいっても優れたダイヤモンドの価値は一緒です。

 

そのためファクトリブランドで選ぶことによって、より安価によりよい婚約指輪を手にすることができます。

また日本のブランドで選べば信用もしやすいですね。何かあっても問い合わせる窓口があるのは大切です。

 

婚約指輪-ショップ-お店-宝石店

 

 

しかし日本はブランド作りがどうしても下手です。

モノにこだわりすぎて、全体的なブランドとしてのパフォーマンスが低いブランドが多いです。

特にせっかくジュエリーのように夢のある商品なのに、この記事で書いてあるような、中抜きをなくしたとかそういったつまらないことを表に出してしまっているケースも多いです。

 

婚約指輪を贈ったあと、婚約者がブランドのサイトを必ず覗きます。

そういった時にそんなことが言われていたり、夢がない場所だったら印象が良くないですよね。

 

ファクトリブランドで選ぶけれど、優れたブランドで選ぶ。

これが重要です。

 

 

最適価格はいくらくらい?

 

 

ファクトリブランドで、先にご紹介したダイヤモンドクラスの条件で婚約指輪を選んだ場合の最適価格についてカラット毎にご紹介しておきます。素材は高純度プラチナ900以上であることが条件です。

 

EIKA_FJEC_カラット比較

 

 

・0.3カラット:30万円〜

・0.4カラット:40万円〜

・0.5カラット:50万円〜

・0.7カラット:80万円〜

・1カラット:100万円〜

 

が最適価格です。(その時の相場や為替などによっても変動しますが、現時点です)

つまり1カラットまでは約10万円ずつアップしていくと考えておけば良いです。

(写真は上から1カラット・0.7カラット・0.5カラット・0.3カラット)

 

ちなみに〜表記にしているのは、カラット以外の指標をさらに上げていくと天井なく上がるからです。

例えば1カラットで300万、400万と上がっていくのは容易です。

仮に0.3カラットで4Cがマックス値だと大体50万円ほどになります。

 

 

今じゃなくても良い

 

 

もしどうしても予算がなくて、それでも婚約指輪を贈りたいとかんがえてらっしゃる場合。

今は贈らないという決断も1つの方法です。

そして率直に相手へと言いましょう。相手も無理に買って欲しいなんて思っていないはずです。

 

そういった場合に人気なのが、結婚記念日1年目のプロポーズです。

結婚から1年もあればある程度貯金もできますから、改めての婚約指輪を贈るという素敵なサプライズに。

むしろしっかりと考えてくれていたという感動的な印象を叶えてくれます。

 

婚約指輪は婚約記念品ではありますが、そもそも婚約指輪という商品ではありません。

価値の高いダイヤモンドリングです。

 

年を重ねていくごとに活用していくジュエリーでもありますから、結婚記念日にプレゼントしてもおそすぎることはありません。

 

今だけで考えず、お二人の関係も一生なのですから、長い目線で考えると良いですね。

 

 

必ずダイヤモンドで贈る

 

婚約指輪-エンゲージリング-ダイヤモンド

 

最後に婚約指輪を贈る方法(手段)としての注意点を。

プロポーズで指輪を贈るイメージが強いかと思いますが、それは絶対に避けましょう。

実際に指輪でプロポーズされる方は年々減っていますし、サイズや好みなどデメリットだらけです。

お相手の方にとってもです。

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

婚約指輪を贈るなら、ダイヤモンドプロポーズから。

主役たるダイヤモンドのみでプロポーズを行い、あとから二人で指輪のデザインを決める方法です。

一石二鳥なばかりか、1つのプレゼントで2度嬉しいプロポーズプレゼントに。

また指輪が完成したら、また指輪でサプライズだってできちゃいます。

独断で指輪を決めて後悔しないように、ダイヤモンドプロポーズで二人にとって嬉しい方法を採用しましょうね。

 

ダイヤモンドプロポーズについてはこちらの記事へ>

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>